『文春砲』、暴発?

Taihouこれまで幾多の芸能人や政治家を葬ってきた『文春砲』だけど、どうやら暴発することもあるらしい。
というのも『週刊文春』の発行元であるお膝元『文芸春秋社』で、次期役員人事を巡って大内紛が勃発しているんだとか。

なんでも、松井社長の傲慢な会社運営に要因があるということで、部署長クラスの有志が社内メールで『危機』を訴える連判状を送付する騒ぎになっているらしい。

でも、当然のことながら『週刊文春』では報じられてない。
こうした場合『文春砲』は頼りにならないから、ライバルである『新潮砲』に期待するしかないのかな。

北のテポドン心配している場合じゃない。
テポドンで、鉄砲ど~ん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石を投げれば……

いまやネットに限らずメディアでも日大叩きが熾烈だけれど、こんな冷静な意見もあった。
「あなたの周囲には日大出身者(関係者)が必ずいるから、非難には気をつけよ」というもの。

日大のサイトによれば、17年時点で在校生は約7万4千人。
卒業生たるや、約114万人にも上るそうだ。
さすが日本一のマンモス校。
「石を投げれば、日大関係者に当たる」と言われる所以だね。

ところで前監督が関西学院を「かんさい」と読んで顰蹙を買ったそうだけど、日大は「にほん」と呼ぶのが正しいらしい。

自分が学生の頃、「ポン大」と呼んでいたけれど、間違ってたんだな。

ちなみに慶應義塾大学は低脳未熟大学。
早稲田大学はバカタ大学。
同志社・立命館は合わせて、どうやん・りっちゃんと言うんだって。

Takoyakiあと
東京大学は頭狂大学
京都大学は狂徒大学
ちなみに
大阪大学はたこやき大学だって。
何で?(゚_。)?(。_゚)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

69歳『かばん師のヤマ』

Tote_bagすり容疑で『かばん師のヤマ』こと、山口和敏容疑者(69歳)が警視庁に逮捕されたそうだ。
昭和40年代からスリを繰り返している常習犯ということで、いわばその道のプロ。
今回は都営地下鉄大江戸線の東中野-中井間の車内で専門学生の女性のトートバッグから現金約6千円が入った財布などを盗んで捕まったそうだ。
もう、トートバッグなんかに財布入れて置くなよ。

プロがヘマしたんだから、もちろん罪状を認めている。
もう足が不自由で、右手は杖を突きながら、左手だけで犯行に及んだというからさすがだ。
なんでも、「財布が浮いて見え、ついやってしまった」というから神の境地?

でも、カバンは水に浮かばん。
危機管理の専門家にみてもらうぞ。
テレンス・リーの前でも、照れんか、スリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンゴルじゃない、ジョージアだ

(C)日本相撲協会
Tochinoshin大相撲は来場所大関昇進が掛かる栃ノ心がただ一人全勝。
観客からの声援もすごいね。

栃ノ心はジョージア、ちょっと前まではグルジアと言われた国の出身だ。
外務省がロシア語表記から英語表記に変えたんだね。
この英訳、えー訳だな~。

栃ノ心に大関昇進の期待が集まるのには理由がある。
いま大相撲は横綱3人に大関2人の計5人がいる。
しかし今場所は横綱1人、大関2人が休場で、土俵を務めているのは白鵬と鶴竜のモンゴル横綱2人だけ。
休んだ3人はすべて日本人力士なんだから情けない。

日本人横綱・大関が不甲斐ない中、一連の騒動でモンゴル力士よりもジョージアという『無害』の国の大関誕生が期待されているんだね。
ジョージアにはスキャンダルないだろな。
ジョージア監査に、情事アカンさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大分でも『ねこ駅長』

ねこの駅長といえば、和歌山電鉄・貴志駅の『たま駅長」が有名だったけど、今度は大分でも活躍しているらしい。

(C)Takeda City
Nyaa
こちらはJR豊肥線・豊後竹田駅のキジトラ『ニャー駅長』。
今年、駅長に就任したところ、GW連休中の観光客が例年の5倍になったとか。
頑張ってるねえ。

千葉いすみ鉄道・国吉駅にもクロネコがいたけれど、こちらは駅長にはなれなかったんだよね。
クロネコはやっぱり宅急便の店長になるしかないか。
ピンポ~ン♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«香りちゃんのカメラ