おっ! 奴はカール

(C)Meiji
Karlお菓子の大手明治によれば、スナック菓子『カール』の全国販売が打ち切りになるそうだ。
一部商品は残るものの、8月以降は西日本でしか手に入らないとか。
これでまたネットではプレミアがつくんだろう。

人気商品だと思ってたけれど、近年はポテトチップに押されていっときの3分の一にまで生産量が減っていたとか。
知らなかった。
お菓子の世界もタイヘンなんだね。

食べたい?
いまなら持ってくよ。
カールおじさんが、カールを持参。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

謎の飛行体は『風船』

緊張が続く朝鮮半島。
Kikanjyu
23日(火)、北朝鮮側から南北軍事境界線近くに飛来した『謎の飛行体』に対し、韓国軍は北朝鮮の無人機の可能性があるとして約90発の機関銃射撃を行ったそうだ。

でも調べてみたら、それはビラ撒き用の風船だったって。
風船に怯えて機関銃乱射って……。
韓国軍の装備がお粗末なのは良く伝えられるけれど、いったいどんなレーダー使ってるんだ。

まるで源平が対峙した富士川の合戦で、水鳥の羽音に驚いて逃散した平家軍のようだ。
結局、『ハート』が弱いから『羽音』に驚くんだな。

 現在の平和な富士川
Fujikawa_02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【景勝】銚子の口(西会津町)

阿賀川の名所に『銚子の口』がある。

Choushi_01
銚子ノ口とは、文字通り酒を入れるお銚子の形から名前が付けられたもの。
波もなくまるで眠っているように静か流れてきた水量豊かな川の流れが、この峡谷で急に狭められるため激流になるんだね。


Choushi_02
川の流れがゆるぎ、糸を捌くかのように真っ白に翻っている。
水運が主流だった江戸時代、大坂廻米舟運では最大の難所と呼ばれ、人々を苦しめていたそうだ。


Choushi_03
川幅が狭くなっている形が、お銚子のくびれたところに似ているということらしい。
でもそれなら『銚子ノ口』じゃなくて『銚子のくびれ』なんじゃないのかな。
と、憎まれ口をきくお調子者

いずれにしても……
「姐さん、もう一本~☆」

・久慈川の難所・鰐ケ淵はこちら
・富士川の難所・釜口峡はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【廃校】屋敷小学校(西会津町)

奥川小学校】跡から続く。

同じ西会津町でも屋敷は奥川よりも阿賀川を挟みずっと南方に位置する。
失礼だが、かなり不便な山の中まで来た。

Yashiki_01
集落の一段高いところに屋敷小学校はあった。
門柱は残っているが、標板等はない。

平成2年(1990年)に群岡小学校に統合され、閉校となったことはわかっているが、肝心の開校時期は不明。
それでも門柱の裏には「屋敷分校建設記念」と、これはやけに鮮明に刻まれている。
(マウスを置くと画像が切り替わります)


Yashiki_03
校舎はそのまま残っているものの、残念ながら物置にしか使われておらず、だいぶ傷みが目立つ。
また遊具や定番の二宮金次郎像も見当たらなかった。
なお、写真には写っていないが、校庭には巨大な携帯電話のアンテナが立っている。


Yashiki_04
校庭から一段下った隣接地には、教員宿舎だったろう廃屋同様になった平屋の建物が残されていた。

なお、統合された群岡小学校も平成24年(2012年)に西会津小学校統合されもうない。
ご多分に漏れず、ここ福島県でも学校数の減少は著しい。
去年と比べても6校減少。
手元に資料がある8年前と比べると実に73校も廃校になってしまった。

・足柄上郡の高松分校はこちら
・鴨川市の曾呂尋常小学校はこちら
・佐倉の志津小学校青菅分校はこちら
・杉木立に眠る、神田小学校宇連分校はこちら
・諏訪市の湖南小学校後山分校はこちら
・北杜市の江草小学校はこちら
・学童像のある川合尋常小学校はこちら
・金次郎だけが残った上平山小学校はこちら
・早川町の硯島小中学校室畑分校はこちら
・北杜市の和田分校はこちら
・小海町の松原分校はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【廃校】奥川小学校(西会津町)

ここは福島県西会津町。
探索した奥川森林鉄道探索の前進基地ということになる。

Okusho_02
山あいの小さな集落のその中心に、この広場のような空き地がある。
「西会津町立・奥川小学校」だ。
門柱は残されているが、学校としてはもう閉校となっている。


Okusho_01
平成2年(1990年)に西会津小学校に統合されたことはわかっているが、開校時期はいまのところ不明。
右奥に見える建物は『西会津町役場』の支所。
左奥が旧校舎で、左手前は新しく建てられた地域の保育所。


Okusho_03
校舎だった建物は、現在地域の住民のための『奥川みらい交流館』として使われている。
保育所も含め、ナイス・スペンディングだね。

屋敷小学校】跡に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【遺構】奥川森林鉄道跡を歩く(後編)