『さけ』に溺れる暴力団

暴力団といえば酒と喧嘩が付きものだけど、今回捕まった原因は酒ではなくて鮭のほう。
北海道・斜里町の川で、鮭(サケ)およそ230匹を密漁した疑いで、釧路市の暴力団組員が逮捕されたんだという。

Sake九州では数億円という金塊の売却金が強奪されている一方、北海道では鮭?
悪いけど、魚が全部売れてもたいした金額にはならないだろう。
失敗したら『サーモン委員会』に掛けられるんだろうし。

暴力団なのに「お魚獲ってナンボ」って、北の国の軍人さんみたいでなんかもの悲しい。
とてもその筋のお方の稼ぎとは思えないよね。
これじゃ、焼け鮭でヤケ酒だ。
可哀想だから、みんなで救済のための募金する?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みう」も「みま」も、「ひな」の取り合い

Hinamatsuriなんか、早口言葉みたいだけど、これを漢字で書けば……
「みう」は平野美宇選手、「みま」は伊藤美誠選手、そして「ひな」は早田ひな選手ということになる。
つまり日本が誇る卓球の17歳女子コンビのこと。

昨日行われた卓球のITTFワールドツアー・スウェーデンオープンで、伊藤美誠選手と早田ひな選手の『みま・ひな』ペアがみごと中国選手を破って優勝したんだね。
ついこの間は『みう・ひな』ペアがドイツで優勝したし、もっと以前には『みう・みま』ペアが脚光を浴びていたっけ。

まるで女の世界の難しさを想像させるけど、これほど組み合わせが変わるのも、東京五輪を視野に協会がベストなコンビネーションを模索しているかららしい。

でも、あんまり無理な取り合いをすると、「ひな」の首がもげちゃうよ。

  
『うれしいひなまつり』

明かりをつけたら 消えちゃった~♪
  お花をあげたら 枯れちゃった~♪
    五人囃子は クビちょんぱ~♪
      今日は悲しい お葬式~♪

お内裏様と お雛様~♪
  二人そろって ズッコけた~♪
    お嫁に行けない 姉様に~♪
      よく似た官女の 黒い顔~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横須賀ナンバーはイヤですか?

Yokosuka_no横須賀市が計画していたご当地ナンバーの『横須賀ナンバー』が、事前のアンケートで市民の支持が得られず導入断念に追い込まれたそうだ。

横須賀は現在『横浜ナンバー』。
結局、市民は横須賀より横浜のほうが格好いいと思っているんだな。
残念だね>小泉進次郎さん

ところでわが町田は『多摩ナンバー』なんだけど、昔、八王子支所ができる時に編入されて『八王子ナンバー』になりそうなことがあったっけ。
結果的には実現せず『多摩ナンバー』のままになったけど。
いくら近くても、町田は町田で八王子じゃないし。
みんなそれぞれ自分の街に想い入れがあるものね。

もっともそれなら横須賀ナンバーは歓迎されそうなものだけど。
横須賀市民は文句ヨコスカ。
標板くらいで……、評判落ちるど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

侍ジャパン、劇的逆転!

Asia_pb_logo昨夜行われた『アジアプロ野球チャンピオンシップ2017』開幕戦。
日本、韓国、そして台湾の3か国しか参加しないという規模や、選手が24歳以下とか、3チーム中の2チームが決勝進出とか、その内実はともかく日韓戦となるとやはり燃える。

日本(東京ドーム)でやっているにも関わらず、あんなに韓国応援団がいるとは思わなかった。
日本以上に韓国は気合いが入っているんだろう。

途中まで観ていたけれど、あの流れではとても勝ち目がなさそうだし終わらないうちに寝てしまった。
ところがなんと日本が逆転サヨナラ勝ちしちゃったんだね。

最近のトレンドで、試合時間短縮を図るため延長になるとタイブレークというルールで行われた試合。
それなのに結着がつくまで4時間半だって。
7時半に試合開始しても終わるのが深夜0時。
終電ないじゃん。
これじゃオリンピックで難癖付けられるのも無理ないよね。

それにしてもこういう熱い試合を裁く球審にとって心臓に悪い。
救心でも飲んでなくっちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐竜のいる湖

大桁緑地公園は、防災目的で作られた砂防ダムの湖沿い。
群馬県富岡市の山奥にある。
富岡はあの世界遺産になった製糸工場があるとこね。

Ooketa_01
かなりの山奥まで登って行くと、林の樹木越しに見えてきた。
まだ遠いけど、ほら赤い丸の中。


Ooketa_03
クルマを停め、近づいてみた。
これはティラノザウルス。
体長12m、体高5.5m。


Ooketa_04
これはディメトロトン。
体長8m、体高3.8m。
なんとも迫力あるね。
小さい子じゃ、ビビってしまうんじゃないかな。


Ooketa_05
これらの恐竜はいずれも中に入れるようになっている。
中から覗くとこんな感じ。
なんか、ここみたい。


Ooketa_06
これはティラノザウルスの前足のアップ。
細かいディテールまでよく忠実に再現されているね。
こんなのに踏みつぶされたらたまらん。


Ooketa_07
前の2者(?)が肉食獣だったのに対し、これは草食のディプロドクス。
ティラロドラスだったかな、忘れた。
こちらは滑り台になっていた。

・袋井の恐竜墓場はこちら
・葛飾のジュラシック寺はこちら
・静岡のジュラシック・ビルはこちら
・沼津の街角の恐竜はこちら

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«モンゴル力士の不思議な序列