それじゃだメッシょ、『アルゼンチンの星』

Russia_wcupたけなわのサッカーW杯だけど、優勝候補のアルゼンチンが苦しんでいるね。
スーパースターのリオネル・メッシを擁しながら、2戦未勝利で予選敗退の危機。
本人もいまだノーゴールだ。

バロンドール(世界最優秀選手)を5回、所属するクラブチーム(バルセロナ)は何回もタイトルに輝いているのに母国アルゼンチンの代表チームではさっぱり。
なんでかな~ ?(゚_。)?(。_゚)?

これじゃ、飯(めっし)の喰い上げだー。
何か悪いモノが憑いているなら、滅してあげなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大迫勇也を巡る、もう一つの『名言』

Hanpanai日本代表が勝利したコロンビア戦後、一躍名言になったのが、決勝点を決めたFW大迫勇也選手に対しての『大迫 半端ないって』というフレーズ。

なんでもこれは大迫選手がかつて全国サッカー選手権で対戦した相手チームの主将が、ロッカールームで言ったものとか。

「大迫半端ないって。あいつ半端ないって、後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん。そんなん、できひんやん普通」
と、絶叫したそうだ。

でも、ここではもう一つ名言があったらしい。
それはこれを受けての、その敗れたチームの監督の言葉。

「あれはすごかった。俺握手してもらったぞ」
だって。

自信を失いかけていた自分のチームの選手をこうした表現で鼓舞したんだろうね。
また監督は試合後自ら大迫選手に歩み寄り、「選手権も大事だけど、君は日本を背負う選手になるはず。今後も頑張って」と声を掛けたそうだ。
名監督じゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

脅威のW杯視聴率『99.6%』

なんとサッカーW杯のテレビ視聴率が99.6%を記録したそうだ。
ただし昨日殊勲を挙げた日本戦じゃない。

Iceland_flag強豪国アルゼンチンに善戦したアイスランドのはなし。
すごいね。
アイスランドといえば北欧のちっちゃな国。
人口は約33万人だというからわが町田市よりも少ないじゃん。
そんな小国がよく予選突破したものだ。

で、99.6%がサッカーを見ていたのなら残りの0.4%は何をしていたのか、って話題になっていたけれど、33万人の0.4%ならわずか1,320人。
そのくらいは競技場で実際に観ていたんだろうよ。
むしろこんな国民すべてが同じ方向というほうが脅威だ。
これは教育の賜物か。
じゃ、教育ノートに『脅威苦悩』と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こんな留学生、要らない

Basketball学生スポーツといえばアメフト選手が賑わせたばかりだけど、今度はバスケットでも暴力事件が起きたそうだ。
全九州高校大会の男子準決勝で、判定を不服とした延岡学園の留学生選手が試合中に審判員の顔面を殴打してしまったんだね。
殴られた審判は顔を10針も縫う怪我というからおおごとだ。

審判の判定が不満で暴力を振るうなんて、スポーツ以前に人間として誤っているだろう。
それでも本人のために被害届も出さなければ、この選手を擁護する動きだって。
そんなのほんとうの愛情か。
中途半端にウヤムヤにしてしまうのは本人のためにもならない筈。
オバサンに説教してもらうぞ。
叔母助っ人だ。

そもそも高校のスポーツに留学生を連れて来るなんていうのが行き過ぎなんじゃないの。
ここらで一度考え直す機会を与えられたんじゃないだろうか。


*大阪方面で起きた地震により被害に遭われたかた、お見舞い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女心と秋の……

またぞろ監督解任のニュース。
今度は至学館大のレスリング部の指導現場に復帰させたばかりの栄監督が、谷岡郁子学長によって、一転解任されちゃった。
理由は「反省できていないから」だって。
謝罪会見の後の試合会場では、自分だってこの場に不似合いの笑顔を一緒に見せて顰蹙買っていたのにね。
あれだけ擁護していた身内も一夜にしてあっさり切られちゃった訳だ。

監督解任は二日連続になっちゃったけれど、昨日の梨田監督と今回の栄監督とではだいぶ中身に違いがあるような。
楽天の三木谷社長による梨田監督解任は純粋に成績不振だったのに比べ、栄監督のほうは不可解だ。
また楽天が完全な民間会社であるのに対し、志學館は助成金が入った学校法人という公的なものという違いもある。
おまけに楽天は一代で築き上げたのに比べ、谷岡学長は二代目で偉かったのは親。
それでこんなに権力を振り回されちゃあ、たまらないぞ。

Ichou

とはいえ騒動も秋には結着が付くことだろう。
伊調馨(かおり)が勝って、銀杏薫り だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«梨田監督(楽天)、解任される