« 今日は『禁酒法』施行の日 | トップページ | まったくくだらん »

灯台もと暗しって……

Todai『灯台もと暗し』といえば『近くにありすぎるとかえって気がつきにくい』という例えだが、たいていの人はこれを『航路標識の灯台は遠くに光が届くけれど、その直下は暗い』からという風に取っているようだ。

でもちょっと待って。
今ある西洋式の灯台は明治以降に作られたもので、それ以前の岬の灯台の明かりといえば『高灯籠』といってかがり火のようなものだったのだよ。

『灯台もと暗し』はもっと昔から使われた言葉であって、この『灯台』は岬の建物ではなく、まだ電灯のない時代に使った室内の照明のこと。
よく時代劇にみられる、台の上の皿に油を入れ、灯心に火をともした明かり。下に台があるのでいかにも直下は暗い。これがほんとうの『灯台もと暗し』なのだ。

ちなみに岬周辺の荒れ道をバイクで走り廻るのは『灯台モトクロス』……。

|

« 今日は『禁酒法』施行の日 | トップページ | まったくくだらん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

究極

投稿: あ | 2012.06.25 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/107597

この記事へのトラックバック一覧です: 灯台もと暗しって……:

« 今日は『禁酒法』施行の日 | トップページ | まったくくだらん »