« 中田を見習え「ナカティザーレ」 | トップページ | 恐竜パークで大売り出し »

上手と下手にはいくつある

次の文章読めますか?

『上手から登場したピッチャーは上手からの投げが上手です。
でも下手投げはとても下手なんです。ほら、下手に引っ込みましたね』

上手は最初から「かみて」「うわて」「じょうず」と読み、下手は順に「したて」「へた」「しもて」となる。

つまり『かみてから登場したピッチャーはうわてからの投げがじょうずです。
でもしたてなげはとてもへたなんです。ほら、しもてに引っ込みましたね』となる。

『人気』というのにもいろいろあるね。
『人気のない奴』なら「にんき」と読み、『人気のない通り』なら「ひとけ」だし、これが『人気の悪い街』なら「じんき」になる。

ひえ
なんて日本語は難しいんだろう。でもまだもう一つあった。

こんなのを考えた『下手人』(げしゅにん)は誰だ!

|

« 中田を見習え「ナカティザーレ」 | トップページ | 恐竜パークで大売り出し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/149029

この記事へのトラックバック一覧です: 上手と下手にはいくつある:

« 中田を見習え「ナカティザーレ」 | トップページ | 恐竜パークで大売り出し »