« 「国会議員でイラクに行こう」 | トップページ | 気持ちは『お役に立ち隊』 »

節分の鬼はわが心の中に

2月3日は節分で、各地で行われた恒例・豆まきのニュースが報じられている。

群馬県片品村でナイター営業をしているスキー場にも鬼が登場したとか。
雪のゲレンデらしく、ちゃんとスキー靴を履いたというこの鬼もユニークだが、これに対して子供たちはマメならぬ雪を次々と投げ、夢中で退治したとのこと。
おい、そりゃ単なる『雪合戦』じゃないのか?

ところで、「鬼は外は言わない。福は内だけ」、という所も良く見られる。
NHK連続テレビ小説「てるてる家族」のヒロインらが豆まきをした大阪・寝屋川市の成田山不動尊では「神聖な境内に鬼はいない」として、福は内だけ。
また大相撲の横綱朝青龍らが豆まきをした千葉・成田山新勝寺では、「本尊の不動明王は鬼さえも改心させてしまう」とのことでやはり「福は内」だけを唱える習わしだ。

でも、この鬼は、単に家の中に鬼が侵入していたということではなく、自らの心の中に存在する鬼の心を追い出す、という意味もあるんだよね。
だから、やっぱり家庭でやるには「鬼は外。福は内」と言うのが正しい豆まきなんだとおじさんは思う。

あ~ 今日はいいこと言っちゃった。

|

« 「国会議員でイラクに行こう」 | トップページ | 気持ちは『お役に立ち隊』 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/165336

この記事へのトラックバック一覧です: 節分の鬼はわが心の中に:

« 「国会議員でイラクに行こう」 | トップページ | 気持ちは『お役に立ち隊』 »