« B.A.R・ホンダ新型車発表 | トップページ | イラク・サマワの部族長を逮捕 »

お馬鹿な話

話している時にすぐ『バカ』と口に出てしまい、いつも家人に注意される。
バカというと通常『馬鹿』という字を書くが、もちろんこれは馬にも鹿にも責任はない。
こんな当て字に使われて、共にお利口な彼らにとってはずいぶんと失礼な話ではある。

仏教書によれば、この馬鹿は、梵語でいうところのモハ(愚か者という意味)から来たものとされる。
元々はこの『モハ』に『莫迦』というような字を当てていたのを、誤ってこれを日本で『バカ』と読んでしまったためにそこへさらに『馬鹿』という字を当て、それが現在定着したものということだ。

『バカ』ひとつとっても、これだけの由緒ある謂われがあるのだから、そう馬鹿にしてはいけない。

でも、同じ『バカ』でもゴルフなどで『今日はバカに調子がいい』なんていう時の『バカ』は、上記の『莫迦』(愚か者)という意味ではないというから注意が必要だ。

こちらはまた摩訶不思議の『摩訶』(まか)が元の言葉であって、(優れた、たいへんに)というような意味であって、上記の『馬鹿』とは全く異なるもの。

これを間違ったらそれこそ『お馬鹿』になってしまうぜよ。 (´_`)

|

« B.A.R・ホンダ新型車発表 | トップページ | イラク・サマワの部族長を逮捕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/158902

この記事へのトラックバック一覧です: お馬鹿な話:

« B.A.R・ホンダ新型車発表 | トップページ | イラク・サマワの部族長を逮捕 »