« 『目から鱗』、『二階から目薬』 | トップページ | エスカレーターの手すり »

疲れた試合だったね

注目のサッカー2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会のアジア1次予選が、昨夜埼玉スタジアムで行われた。
たしかに大事なことは勝ち点3を得ることで、その意味では1-0の完封勝利という結果については言うことはないのかも知れない。

が、しかし……
やっぱり『本番』の試合というのは違うものなんだねえ。
日本の動きの悪さもそうだけれど、オマーンが対韓国戦の時とは全然違ったことにも驚いた。

中村俊輔選手がPKを失敗したのは、相手ゴールキーパーの好プレーを讃えるべきで、俊輔選手のシュートはちゃんと枠の中ではあった訳だからそう責められるものではない。
もとより、あのPKの判定自体が大甘だったのだから。
高原選手も思わず笑っていたけれど、大久保嘉人選手の時みたいに逆の判定を食らうことだってあったくらいだ。
ま、この辺りがホームの有利さと言えるのも知れない。

あのキーパーは、韓国戦の時には間に合わなかったオマーン・チーム唯一のプロなんだという。あれ以外にも好プレーがいくつもあったし、さすがだったね。

それより気になったのは、試合前の国歌斉唱の時に、俊輔選手の目に光るものがあったように感じたこと。
前回のW杯での直前にトルシェ監督にメンバーから外された無念が湧いてきて、思わずこみ上げたのかも知れないが、そうしたメンタルな面をトルシェ監督は嫌ったのかも知れないと思った。

それでもコンディションが不良と言われながら、俊輔選手は随所でよく最後まで頑張っていたと思う。
イタリアに行って、ずいぶんとフィジカルな面もたくましくなったと思ったね。
久保選手の試合を決めたロスタイムのシュートを生み出したのも、俊輔選手があの位置にいて脚に当てたからこそ生まれたものだもの。

問題ありは、むしろジーコ監督の采配ではないか。
どうもジーコ監督には『海外選手崇拝思考』があるように思える。
海外で活躍する選手が、それなりに優れているというのは明らかだろうが、呼び戻されたすべての選手がベストなコンディションという訳ではない。
今回は海外組の体調不良、あるいは国内組との連携不足というデメリットが表れたのではないだろうか。

しかし、疲れた試合だった。

|

« 『目から鱗』、『二階から目薬』 | トップページ | エスカレーターの手すり »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/211583

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れた試合だったね:

« 『目から鱗』、『二階から目薬』 | トップページ | エスカレーターの手すり »