« 疲れた試合だったね | トップページ | 日本テレビ、偽札を国内に持ち込み »

エスカレーターの手すり

エスカレーターというのは、階段部分と手すりとのスピードが一致していない。
というか、安全のために、わざと手すりのほうのスピードを早めてあるのだという。

つまり、だんだん前屈みになっていくようにだ。
もしもこれが逆(手すりのほうのスピードが遅い)になると、次第に反っくり返ってしまって危ないからだ。
人間て、前には踏ん張れるけれど、後ろにはめっきり弱いものね。

ところが、これも程度問題だと思う。
自分が良く行く公共図書館では、ちょうど2フロア分の上下をこのエスカレータで昇降するのだが、最初から最後まで手すりをしっかり握っていると、逆にそのせいで前屈みが過ぎて倒れてしまうほどだ。

見ていると、みんな途中で何回か手すりを持ち替えているのがわかる。
ま、こっちは意地っ張りだから、手すりは最初から位置を変えずに、それでもコケないよう、毎回妙な姿勢で踏ん張っているのだが。

たまたま『三菱エスカレーター』のページを見ていたら、『手すりスリップ検出装置 』なるものがあって、手すりの速度と踏段の速度が著しく同調しない時には、自動的にエスカレーターを停止させる安全装置もあるのだという。

そんな装置が働いていないところをみれば、まだこれはメーカー側で考える許容範囲ということなのだろう。
それに、機械が勝手に手すりの速度と踏段のスピードが合わないって判断してくれて、それで突然エスカレーターがストップしたりしたら、それはそれでそのほうが怖いものな。
こっちは根性で手すりを握りしめて立っているんだから。

ところで昨今の抗菌ブーム。
ああした不特定多数の人間が触るような手すり、みんな平気なのだろうかと思ったら、やっぱりあるんだね、これが。

それが『手すりベルト清掃装置』。そのまんまの名称だ。


この商品は、エスカレーターに清掃装置を取り付け、その装置内にある清掃布により手すりベルト表面を清掃します。清掃布は1日1回、自動的に巻き取りますので、お客さまの目につきやすい手すりベルトを常に清潔に保ち、気持ちよくエスカレーターをご使用いただけます

さすがに日本は細かいところまで良く行き届いているわい。

|

« 疲れた試合だったね | トップページ | 日本テレビ、偽札を国内に持ち込み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

結構奥が深いんですね。そういうとこに心血を注ぐのが正しいな(笑)。そのうちもっともっとファジー制御になっていくんでしょうね。


> こっちは意地っ張りだから、手すりは最初から位置を変えずに、それでもコケないよう、毎回妙な姿勢で踏ん張っているのだが。

その気持ち、超わかると同時に、そういうちょっとした日常の冒険は大好きです!

投稿: ポップンポール | 2004.02.19 21:00

> こっちは意地っ張りだから、手すりは最初から位置を変えずに、それでもコケないよう、毎回妙な姿勢で踏ん張っているのだが。

私もよくやる!
「シェ~ン、カムバーック」って姿勢になるよね(笑)。

投稿: まりあ | 2004.02.19 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/212229

この記事へのトラックバック一覧です: エスカレーターの手すり:

» 過剰放送 [ひとくちメモ]
駅の構内放送がうるさいという声はよく聞くが、私もそう感じているひとりだ。で、なぜにあそこまで過剰なのかと考えていたのだが、そういう機能を提供しているメーカーのペ... [続きを読む]

受信: 2004.02.19 20:57

« 疲れた試合だったね | トップページ | 日本テレビ、偽札を国内に持ち込み »