« 「TOILETTE」の話 | トップページ | 武豊・ハルウララのコンビ微妙に »

ナショナルカラーの話

F1の世界では、古くからナショナルカラーというものがあって、参加するマシンはそれぞれの国のカラーに塗られていたものだ。

たとえばフランスならブルー、ドイツはシルバー、イギリスはダークグリーン、イタリアならレッドだ。

ちなみに日本は白で、昔のホンダF1は白地に赤い日の丸が描かれていた。
昔の映画『グランプリ』などには、当時のマシンが描かれていて感動したものだ。

ところが奇才コーリン・チャップマン氏がタバコ会社のスポンサー・カラーを採り入れ、ゴールド・リーフ・スペシャルなるマシンを登場させた頃から、一気に事態は変化した。
今では派手なメイン・スポンサーのカラーである上に、その他のスポンサーのロゴや文字でどのマシンもぐじゃぐじゃ。カーナンバーすら判別しにくいほどだ。
ドライバーで見分けようにも、こちらにもスポンサーのシールがたくさん貼られているしね。

それでもなんとかナショナルカラーのイメージを保持しようという努力もある。
イタリアのフェラーリはやはり赤いコーポレーテッドカラーのマルボロをスポンサーとして、やはり真紅の色を守ったし、ドイツのメルセデスとパートナーを組むマクラーレンはタバコ会社のウエストをスポンサーとしてシルバーを残している。

同様に、日本のホンダを積むB.A.Rは白を基調に、スポンサーであるBAT社のラッキーストライク・ブランドの赤い丸をうまくあしらって日の丸のイルージにした。

トヨタも元々赤がコーポレットカラーということもあり、やはり赤白で日本車の誇りを守り抜いているのだ。

ところでサッカーの日本代表はなぜ青い色なんだ?

|

« 「TOILETTE」の話 | トップページ | 武豊・ハルウララのコンビ微妙に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/217832

この記事へのトラックバック一覧です: ナショナルカラーの話:

« 「TOILETTE」の話 | トップページ | 武豊・ハルウララのコンビ微妙に »