« 飛鳥の都の石畳 | トップページ | 指揮ロボットはめだかの犯行 »

アニータ回収大赤字だって

一時、大きな話題になった青森県住宅供給公社の巨額横領事件だが、その後の費用回収が結局赤字になってしまったことが東奥日報紙のニュースで報じられている。


県住宅供給公社(徳海晋一理事長)は三日、青森市のアップルパレス青森で理事会を開き、二〇〇八年度をめどに解散する方向で事業を縮小・整理する基本方針を確認した。また、十四億円横領事件で約七千九百万円を回収するのに約八千万円の費用が掛かったことを明らかにした。

なんだよ。
この間まではわずかな黒字と言っていたのに、結局赤字なんだって。
そんなのありかいな。
これは結局のところ、これだけ苦労して、それでさらに赤字額を拡大しただけだったということ?

江戸の昔、川に落ちたお金を拾うのに費用を掛けた金持ちが、その分は働いた人の手に渡ったのだからいいのだ、なんていう話を聞いたことがあったけれど、今回の場合は国際弁護士を儲けさせただけかい。

なんだかなあ……

|

« 飛鳥の都の石畳 | トップページ | 指揮ロボットはめだかの犯行 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

そしてアニータは遠い地でタレント並みに稼いでいるのでしょうね…。得したのはアニータのみ。惚れた男が悪いのか…。

投稿: com | 2004.03.10 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/279630

この記事へのトラックバック一覧です: アニータ回収大赤字だって:

« 飛鳥の都の石畳 | トップページ | 指揮ロボットはめだかの犯行 »