« 松田がスキンヘッド!? | トップページ | 『空中都市マチュピチュ』の話1 »

観客のせいで痛恨ペナルティ

WRC(世界ラリー選手権)第3戦で、今年が初めての開催となる「メキシコラリー」がスタートした。

今回から新型車『インプレッサWRC2004』を初投入したスバル・チームは、初日の第1レグ、エースのペーター・ソルベルグがいきなりのトップタイムで1位となった。
ここのところマニュファクチャラーズ・タイトルを欧州勢に奪われ続けている日本車としては、大いに期待ができるスタートとなった。

が、しかし……

数時間後、とんでもないニュースが飛び込んできてしまった。

ソルベルグ車は、最終サービスに入る時に思わぬバテリー・トラブルでストップ。
ソルベルグとコ・ドライバーのミルズがマシンを押してサービス・エリアに入れたのだが、その時に予想外の事件が起きてしまった。

なんと、見ていた観客が勝手にマシンを押すのを手伝ってしまったのだ。
それもたったの1メートルとか。
もちろん、クルーが観客に助けを求めた訳じゃない。

しかしながら、サービス外での援助を禁止したレギュレーションに違反したとして、なんと5分のペナルティ。
これでソルベルグは首位から一気に総合13位まで転落してしまう結果となった。
ちなみに14位はプロダクション(下位クラス)の新井敏弘だ。

サーキットと違い、観客がマシンの走るコースにまで入れるラリーでは、しばしばこうした悲劇が起きてしまうのだ。
「観客さん、お願いだから手を貸さないで」
これがクルーの本音だったろう。

|

« 松田がスキンヘッド!? | トップページ | 『空中都市マチュピチュ』の話1 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/294419

この記事へのトラックバック一覧です: 観客のせいで痛恨ペナルティ:

« 松田がスキンヘッド!? | トップページ | 『空中都市マチュピチュ』の話1 »