« あい変わらずか、中国報道 | トップページ | 佐藤琢磨に『秘策』あり? »

『連戦連敗』、実は日本?

注目された台湾総統選は激戦の末、民進党の陳水扁総統が僅差の勝利を収めたようだ。


台湾総統選は20日投開票が行われ、中央選管の発表によると、民進党の陳水扁総統(53)が約3万票のきん差で野党連合の連戦・国民党主席(67)を破って呂秀蓮副総統(59)とともに再選を果たした。

「ようだ」と言うのは、敗北した連戦国民党主席が、選挙の無効を訴えているからだ。
なにしろ、両者の得票差がわずかに3万票足らずなのに対し、無効票とされたものが30万票もあるというのだから無理もない。

ただし、この段階で敗戦が明らかとなった連戦氏には厳しい結果となった。
これで前回の総統選に続いての『連戦連敗』。国政を担う政治家としてはこれでお仕舞いか。

それでも対中国という意味で大きな注目を集めた台湾で初めての住民投票が、共に投票率が50%を超えず成立しなかったという事実は、台湾国民の絶妙なバランス感覚を表したものに思えてならない。

4年後に北京五輪を控えたいま、中国が無謀な軍事的圧力を掛けることはないだろうが、それでも経済的にはもう大陸を無視することができなくなっている台湾。
経済的には国民党の政策を理解するが、政治的(台湾の国民アイデンティティ)としては民進党の政策のほうを支持した、という懸命な選択に感じた。

しかし、それでもこの国民投票自体を実施しないよう圧力を掛けた、アメリカと、またこれに追随した日本。
日本はこれについてほんとうに日本自身としての国民アイデンティティを示したのだろうか。
確個たる主導力もみせられず、敗れた国民党同様、ただ中国の経済力に目が眩んだというのなら、この国の将来は悲しいだけだ。

もしかして、ほんとうに『連戦連敗』なのは日本という隣国なのではないか。

|

« あい変わらずか、中国報道 | トップページ | 佐藤琢磨に『秘策』あり? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この総統選を通じて多くの日本人が中国を危険視するのは、日本がアメリカの同盟国だからなのか。日本が外交的に独立した態度を示さないことに対する怒りが、「独立=何かある特定の仮想敵に対抗すること」ととらえるのか。過去の日本の台湾統治を肯定したいのか。台湾化論を唱える陳氏が、ネルソン・マンデラのように数々の苦難を乗り越えて総統になったことへの同情なのか。日本国内での外国人犯罪で中国人が圧倒的に多いことへの怒りなのか。皆さんに本気で問いかけたい。

投稿: @㊦◎②(あかおに) | 2004.03.21 23:55

次から次へと無責任なコメントを書き込むのはやめてください。

匿名で、中傷するだけの発言はお断りします。

削除するだけで疲れたぞ>『ahoka@baka.mail』なんてふざけた架空メル・アドの人

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.03.22 08:18

>あかおにさんへ
ここの管理人はあなたの質問にまともに答える気は
ないだろうし「だからなんだ?」と
自分の考えの
誤りを省みず、むしろ不遜な開き直りの態度を
見せることだろう。
ちなみに私は中国・朝鮮を危険視するのなら、
アメリカが世界一危険だし、それに追従する
今の日本は、いずれスペインやバグダッドの
ようになることだろうと覚悟してるよ。

投稿: 脱米入亜政策こそがベストの安全保障政策だ | 2004.03.22 13:13

ちゃんと正しいメルアドを明らかにして書いていただくなら構いませんよ。
僕は、中国や北朝鮮のように『国民に知らしめない』というスタンスは正しくないと思っています。
アメリカ、イギリスなどは、良きにつけ、悪しきにつけ、国民が知ることができます。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.03.22 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/331646

この記事へのトラックバック一覧です: 『連戦連敗』、実は日本?:

» 住民投票不成立 [中国遺跡巡り]
 台湾の住民投票が不成立になったことについて、たなぼたさんのところで、 それで [続きを読む]

受信: 2004.03.21 12:34

» 無責任に言い放つ [何がなんだか]
台湾で陳総統が再選されました。 投票前に銃撃があったり、投票後も暴動が起こったり [続きを読む]

受信: 2004.03.21 13:45

« あい変わらずか、中国報道 | トップページ | 佐藤琢磨に『秘策』あり? »