« 韓国新幹線、トラブル | トップページ | ライス補佐官、格好いい! »

子を守るのは、一に親なのでは

六本木ヒルズ森タワーでの自動回転ドアの死亡事故は、その後会社の上層部がこれまでの事故をすべて承知していたとかで、さらに非難の声が高まってきている。
とにかく森ビル、三和シャッター、共にその業界の一流会社ということで、メディアにとっても十分に叩き甲斐があるものらしい。

確かに、両社の責任のなすり合いは見苦しいし、赤外線センサーの感度を弱くしたなど、六本木ヒルズ側に責任を問われる部分があることは100%否めない。

でも待ってよ。
今回のはたしかに痛ましく、悲しい事故であるけれど、被害者にとって天災という訳ではないのでは?

たまたま今日の新聞には、しっかり固定されていなかったスーパーの大型パラソルが風で飛び、女性の頭を直撃して死亡したという事故が報じられている。
これなどは、被害者にとってまったく防ぎようがないものだし、責任があるとは思えない。つまり天災のようなものだ。

また、いまや大三菱を揺るがす大きな問題となってしまった、大型トレーラーの脱輪死亡事故だってそうだ。
普通に歩道を歩いていた親子が、後ろから巨大タイヤが襲ってくるとは全く予想できる筈もない。
これでは天災だろう。

ところが、今回の六本木ヒルズの事故では、まず回転ドアに飛び込もうとしたのは自分の意志。ドアが向こうから襲ってきた訳ではない。
得てして、こうした年代の子供(特に男児)は、突然思わぬ行動に出たりするが、それをコントロールするのはやはりまず親でなければならない。
実際問題、この回転ドア部分には『お子さんは親が手を引いて』との注意書きもあったのだ。
赤外線センサーは、万一そうした危険な飛び込みがあった場合に働かせようとしたものだから、それが機能しなからといって、それが直接今回の死亡の原因ではない。
何より、あの回転ドアというのはわれわれだって身構えてしまう『乗り物』だよね。大人ならそれは当然わかっていた筈。
誰かが「回転ドアとは建物の外と中とを結ぶ電車のようなもの。乗り降りには危険が伴って当たり前」と言っていた。まさにその通りだと思う。

自分が子供の頃、ひょんな行動に出れば常に母親に叱られた。
でも、大きな通りを歩く時には、必ず母は自らをクルマの側にして、そして子供の手を離さなかったものだ。

被害者のかたの心中を察すると、たいへんきつい言葉になってしまうのだけれど、子供を守ってあげられるのは、いつでもまず親なのだ。

森ビルや三和シャッター側に確かに今回過失はあったけれど、彼らはでも殺人事件の加害者ではない。
そうしたことを考えれば、少年の通夜の晩、弔問に訪れた森ビルの森社長らを受付で追い返し、お線香すらも上げさせなかったというのは、やり過ぎというものだろう。
逆に遺族側が非難されるべき行為だったのではないかと思ってしまう。

|

« 韓国新幹線、トラブル | トップページ | ライス補佐官、格好いい! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

今回の事故はともかく、回転ドアには仕事柄常日頃思う事があります。
海外の空港やホテルには、実に多くの回転ドアがあり、そのたびに私は声を大にして「無理に入らないで下さい。」と叫んでいます。
仲間が先に入ったら自分も無理やり入ろうとするお客様(男女を問わず)のなんと多い事か…
日本人の場合は、男性が先に入る(欧米ではありえない!)事が多いから、割合的には女性の方が多いかもしれません。

いい歳した大人でさえそうですから、子供に対してまともに教育したり守ったりできるはずがない。そう思わざるを得ない経験を日々してしまいます。

道路を渡るときも同じで、誰かが先に渡ったら、つられるように皆渡ります。その殆どが車が来てるかどうかを全く確かめないまま。しかも車が来たら、無理やり走って渡ろうとする。
これ、欧米人はまずやりません。
彼らは決して走りません。
走らないから、車は自然に止まってくれるのです。
どうして日本人だけが、道路を走って渡るのか? 謎です。

集団心理に弱いというか、自己管理ができてないというか、これほど似た様な行動パターンをもつ民族って、少ないんじゃないか?と思ってしまいます。

話が飛躍しましたが、「子供を守る」という行為は基本的に親が自分の近くに引き寄せることが1番ですね。でも、その親が自分の危機管理さえできてないことが多いのですから、子供の教育云々以前に親の基本的な考え方を改めない限り、回転ドアの速度を遅くしたところで事故は減らないのでは? とこのニュースを見て思ってしまったのでした。

森ビルや三和シャッターの責任の擦り付け合いも見苦しかったけどね。

(自分の記事にすりゃよかった…でもピーさんにプレゼント!)

投稿: まりあ | 2004.04.02 08:59

う~ん、すごいなぁ。
子供を亡くされた側に対する非難は、めったにみたことがない。
マスコミの論調もずっとそうだと感じる。
おかしいなぁと思わないでもないが、
子供を亡くしてこんなに悲しいのよって、つきつけられると
はぁぁ...とひきさがりそう。
いままでにも、いくつかそういう事件をみた気がする。
ピーさんに、ちょっと拍手。

投稿: NON | 2004.04.02 11:54

 子供の躾というものが親の責任ではないかのような風潮が日本の社会に蔓延してきたのはいつの頃なのだろうか。おそらく兄弟が3人以下になってきた頃からではないのだろうか? 
 二人までは父親と母親が一人ずつ見れるがそれ以上になると集団行動としての規律が家庭内に、いや社会的に暗黙の状態で存在していて守らせないと無軌道な行動を阻止できなかったのだと思う。
 そうして隣近所の大人の目の中で監視、指導され学んでいた課程がなくなってしまったのだと思う。いいか?とアイコンタクトを図ってOKの笑顔で走り出したり、首を横にふられただけでシュンとなっておとなしく歩く。そんな親子関係は随分と希薄になっているような気がする。
 う~ん 自分のところに書けばよかった(笑)

投稿: | 2004.04.02 13:35

まりあさん

ほんと海外に行った時、ホテルなどでついいつもの癖で自分が先に乗り込んだりすると、欧米人は白い目をしてこちらをみますよね。ちょっと恥ずかしかったりする。
でも、それは今度到着してエレベーターから出るときに奥さんを先に送り出すためなんだぞい。自分が後から乗ったら、今度は先に出る羽目になるもんねえ。
と、苦しい言い訳。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.04.02 14:35

 通りすがりなんですが、ご記憶ならば、たぶんメールアドレスで誰だか分かってしまうと思います。そんな訳で、お久しぶりでございます、とまずはご挨拶m(_ _)m

 拝読して、問題のキモはソコなのかなぁという印象を受けました。今回の件、お母さんの躾とか、冠婚葬祭の社会的マナーに話をもっていくのは、あまりにも酷ではないかと。

 要するに「フェイルセーフ」の考え方で、いくら身体が脆弱な児童とはいえ、自動回転扉に頭を挟まれて致命傷を負う、という事態は、不特定多数が出入りするビルに設置する扉の不備だと言えるのではないでしょうか。

 私としては、百歩も千歩も、いや万歩引いてあの件がお母さんのミスだとしても、「ミスに対するペナルティが異様に重すぎる」と思います。

 こういう風に書くくらいですから、私自身は、お母さんの側に落ち度があったとは露ほども思っていません。子供が母親の手を振り切って「タタタ」を駆けていくことなど、昔も今も往来のあちこちで起きていることだと確信を持って言えます。

 やはり、あの事故を招きうる扉を設置していた、森ビルおよび三和シヤッター側に問題があると思うのです。今回はたまたま児童でしたけれど、センサーの設定次第では大人が死んだ可能性もゼロではありません。

 おそらくは一部始終が目の前で起きてしまったお母さんの気持ちを思うと、何も言えません。

 そんな訳で、お通夜の席から森ビル社長を追い返したということにも、さほど違和感はありません。たしかに一般的マナーからはあり得ない行動ですが、今回のご遺族の気持ちとしてならば納得できる範囲内です。ご遺族に穏当な社会的行動を期待するのは、まだまだ早すぎると思います。

 今回の件については、「しつけ」とか、「~を非難する」とか、そういう語り口で扱われる類のものではないのでは、と感じます。

 ココでのこの話題の流れを見て、なんとなく、世間から「情」が薄れていくのを実感しました。あまりにも「カタチ」が優先されすぎているような....

投稿: KMJ | 2004.04.02 14:37

NONさん

そう、マスコミのとらえ方が一方的になり過ぎるんですよね。
現場の記者の突っ込み方ってすごいですものね。
でも、時としてわれわれは一歩引いて見る必要もあるのでは。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.04.02 14:39

惑さん

おっしゃる通り、兄弟の数の減少ということが、こうした風潮の一助になっているかも知れませんね。
子供を大事にしようとするあまり、厳しい躾を親も社会もできなくなっているような。
おお、これではまた中国の行く末が心配になってきた……。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.04.02 14:42

KMJさん

申し訳ありません、記号の羅列のようなメールアドレスで思い当たるほど記憶が良くないもので、どなたかはわかりませんが、まずはいらっしゃいませ。

さて、もちろん僕の考え方が主流であろうとは思っていません。
ただ、新聞をはじめとする今のメディアの論調一本でいいのかな、と疑問を呈したまでです。

読んでいただければわかるように、僕もビル側の責任はとても重いと書いています。
それは百も承知のうえで、それでも「過失はあったかも知れないが、『加害者』ではない筈の森ビル社長」らを、通夜の席から追い返したというのは果たして適切なことだったのかな、と感じたもので。

>ご遺族に穏当な社会的行動を期待するのは、まだまだ早すぎる

とのことですが、これはおそらく少年のご両親の判断ではなかったでしょう。
僕が文の中で『遺族』ではなく、『遺族側』と書いたように、親戚なり、この家庭の周囲の判断であったろうと考えています。
きっと「トンでもねえ、追い返せ」というような雰囲気であったのでは。

KMJさんはこの行為に同意されるようですが、僕は違うよなと感じたので。
僕だったら、いきなり追い返さないで、とりあえずお香典はいただいておきます。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.04.02 15:08

blogがはじまってみて、感じていることですが、TVなどによる、マスコミ主導の展開ではなく、いろいろなひとがいろいろに感じていろいろなことがあるのだ、という展開や世界への踏出しで、マスコミ主導の世論の展開ではない時代がはじまっているような気がしています。
これ、大事なことかもしれないと思います。とくに、今だから。
戦争に対する感覚などが、マスコントロール(という言葉はないかもしれないが)されるのに危機感を感じていたので。
今回の件でも、うまく書けなかったのですが、やっぱりそう感じるよねっていうピーさんの記事にであえた、なんか嬉しかったですよ。
KMJさんの感じ方もありだし、ピーさんの感じ方もありだと思います。自分ならこう思うよという表明ができるblogって、もしかしたら、すごい。

投稿: NON | 2004.04.02 18:15

NONさん

ありがとうございます。
僕ももしかしたら、このココログ(blog)って、新しい時代の始まりを演出しているのではないかと感じています。

とにかく、これまでのホームページよりもここでは何倍、何十倍も時計の針が早く進むようですよね。
何か事件とかがあったとして、これを報じる(教えてくれる)blogはテレビのニュースを見るよりも早かったりするし、またこれに対する様々な人のコメント、考え方、受け取り方も驚くべき速さで手にすることができますものね。
そして、誰にもごく手軽にこれに参加することができるのだし、またそこからのタイムリーな大きな広がりを体感できます。

で、NONさんの言われた「マスコントロール(という言葉はないかもしれないが)」ですが、まさにその通りだと思いますよ。
今までニュースは一方的な与えられるもので、みんなそれに甘んじていた。
せいぜいその報道に対する疑義があったとしても、家庭で伴侶に言うくらい。
もたもたしていれば、「ニュース」もすぐさま「オールズ」になってしまう時代ですから。
でも、このblogはそうした時間の遅れをかなり解消してくれるように感じています。

僕のパソコン通信の師匠で、この世界の先達がおられるのですが、その人が良く口にしていた言葉で「サイレント・マジョリティ」というのがあります。
言葉には出さないものの、多くの人が感じていることがある。
そういったものもこのblogによって外に出しやすくなっていくのではないか。
そんな期待を、僕もこのblogというものに持っています。

これまで一部の掲示板等で繰り返されたような不快な書き込みでメチャクチャにされることなく、多くの人がそれぞれの立場で自分の考え方を自由に気軽に表現できるようになっていけば素晴らしいですよね。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.04.02 19:38

ピーちゃんの身元引受人さんの

これまで一部の掲示板等で繰り返されたような不快な書き込みでメチャクチャにされることなく、多くの人がそれぞれの立場で自分の考え方を自由に気軽に表現できるようになっていけば素晴らしいですよね。

に賛成です.どうやったらここがそういう場にしておくことができるのか・・・

Cos自身はやはり,通行止めの柵をかいくぐってしまりかけた回転ドアに入ろうとしなければ,子どもは死ななかったと思います.
管理責任を問うのは大切なことですが,実際にはこれ以前にも100件以上の自動回転ドアに関する事故があったわけで,しかもその中にはご本人にはまったく非がないのに中で転んで骨折された方もいらっしゃいます.(よほどこちらの方がビルの管理会社の責任は重いと思いますが・・・)

そうした事故はニュースにもならず,ほとんどの人は知らなかったのです.管理会社は不注意からちょっとした事故になることがあっても問題はないと考え,親は通ってはいけないところを平気で通るような子供と手もつながなかったのです.

どちらが悪いかということになれば,管理会社でしょうけれど,失われるのは我が子の命かもしれないのですね.

どれほどビルが子どもを殺したと思っていても,実際には「手をつないでいれば死ぬことはなかった」という自責の念は大きいだろうと思います.

投稿: Cos | 2004.04.02 23:11

息子が小さい頃のことを思い出してしまい、
ちょっと心が痛い(^^;
息子が小学校低学年の頃、
私の目の前で起きた事故を思い出しました。

池袋の高層ビルで
夫を見つけた息子が突然駆け出してつまずき、
たまたま近くにあったベンチに額をぶつけて
私達夫婦の目の前で眉のあたりが切れました。

ベンチの角は金属でとがっていました。
切れた部分はぱっくり開いてしまう場所、
出血も多く頭に近かったので、
救急車を呼んでもらいました。

息子はどちらかというと石橋をたたいて渡るタイプ、
そんな子供でも判断を誤る事があるのですよね。

そんな事故を起こしてしまっている息子ですが、
あぶない、あぶないと手をつなぎすぎて育てた気がして、
もう少しのびのび育てたかったと反省気味のTOKIKOです(^^;

確かに最近は子供の事をしっかり見ていられない親が
多くなっていると感じてはいますが、
事故の起きるような危険な回転ドアなどの場所が無ければ
こんな悲しみが無かったはずなのに・・・


投稿: TOKIKO | 2004.04.03 00:46

こんにちは、初めてお邪魔いたします。
私のサイトでも、実はピーちゃんの身元引受人さんと同じく、4月1日に「回転ドア事故」の問題を取り上げました。こちらさまと同様、静かに紳士(淑女)的に進んでいましたが、ご意見が10件になったところで一旦コメントの受付を中止させて頂きました。果てしなく続きそうな気配でしたので。
私も、ピーちゃんの身元引受人さんと全く同じ意見を書かせて頂きました。情緒的な反発も覚悟の上でした。個人的には、日本人はどうして「死者(犠牲者)」サイドを批判することに不快感を示すのだろう、という疑問はあります。感情的なものを抜きにして的確に判断しなければ何も変わらないのに、という思いです。
ピーちゃんの身元引受人さんがおっしゃってること、
「これはおそらく少年のご両親の判断ではなかったでしょう。
僕が文の中で『遺族』ではなく、『遺族側』と書いたように、親戚なり、この家庭の周囲の判断であったろうと考えています。」というのは全く同感です。
ですから私も「遺族」と言う表現を用いず「遺族側」という表現を使うようにしました。
そのあたりの微妙な意図する違いを酌んで頂けなかったりすると辛いものがありますね。

どうも失礼いたしました。またお邪魔させて頂きます。

投稿: poohpapa | 2004.04.03 13:34

poohpapaさん、コメントありがとうございます。

poohpapaさんのところ、いま読ませてもらいました。
やはりずいぶんな反響があったんですねえ。それだけこの事故には、いろいろな問題点が含まれていたということなのでしょうか。
読んでいて、次々と反応したくなる話題があって困りました。

「校舎を建て替えた池田小学校の話」「子供が一人溺れて亡くなったため、埋め立てられた沼の話」「責任転嫁の刷り込みの話」「売らんがためのマスコミの報道姿勢の話」、またこちらでも出た「個人発信としてのblogの価値の話」など、僕の関心を引くものばかりでした。

今回の事故で、結局「じゃあ、危ないから回転ドアは廃止しよう」という結論になるだけだとしたら、亡くなった少年だって「ちょっと違うじゃないの」と言うのでは。
うまくこの教訓が生かせるといいのですが、含まれた教えはあまりに多くて、とてもすべては理解されないことでしょうね。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.04.03 14:05

私の非常に子供のお客が多い職場にいます。うちの安全対策というのは「子供は危ないことをする。そして親は子供を監視していない。」という考えに基づいたものです。万全を期してはいますが事故は起こります。例えば自動ドアでは、必ずスタッフが数人いて誘導をしていますが、それでもちょっとした隙に子供は駆け込んでケガをしたりするのです。そしてだいたいの場合は、親御さんは遠くで話しに夢中になっていて気づかないでいます。今回の六本木ヒルズの事件は、企業側にも確かに責任はあったし、親御さんの責任云々を今語る必要は必ずしもないと思います。が、一般論として「もっと親は子供をしっかり監視すべき」というコメントがどうしてマスコミから出ないのでしょうか?新聞社には今、「自分の子供も回転ドアではさまれた」というタレコミが殺到しているそうです。六本木ヒルズは事件後、見物客でさらに混んでいるそうですし、全体的に納得いかない思いが否めない事件です。

投稿: foxdate | 2004.04.03 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/384498

この記事へのトラックバック一覧です: 子を守るのは、一に親なのでは:

» 何をするか分からない [こすもす]
多くのところで自動回転ドアを中止したり,警備員をつけた上で使用したりするようにな [続きを読む]

受信: 2004.04.02 09:20

» 気になっていた親達・・・ [jikka * day by day]
たなぼた 「子を守るのは、一に親なのでは」 のトラックバックです。 その1 六 [続きを読む]

受信: 2004.04.02 10:11

» 回転ドア事故に思う人間の危機回避本能 [アンモナイト-Ammonite-]
たなぼたさんの「子を守るのは、一に親なのでは」より。 あのときのニュースを聞いて、真っ先に思ったのが、実はこれ。「回転ドアに向かって、子どもを走らせたら危... [続きを読む]

受信: 2004.04.03 12:07

» 回転ドアの恐怖 親の責任は? [ぶつぶつぶろぐ]
報道を見る限り、あまり親の責任を云々する報道は皆無だ。 そこにアンバランスさ、不 [続きを読む]

受信: 2004.04.04 13:07

» 自動回転扉の事故について思うこと [Tiny Mouse's Log]
事故=不安全な状態×不安全な行動 安全管理に関する講習で、こんな公式を教えられ [続きを読む]

受信: 2004.04.05 06:05

« 韓国新幹線、トラブル | トップページ | ライス補佐官、格好いい! »