« 弥生と小雪 | トップページ | おかしくない? 解析 »

政府専用機の予備機

いよいよ小泉首相が2度目の平壌訪問に向けて羽田空港をいま出発した。
大きな期待とそして重圧を、あの機体に背負っての訪問になる。

ところでテレビでは、例によって訳のわからんコメンテーター氏がこんなことを言っていた。


今回、予備機まで行くんだから拉致被害者の家族が戻るのは間違いない
だって。

おいおい、政府専用機っていうのは、いつだって予備機と共に2機一緒に行くんだぞい。
テレビに写らないだけで、いつも必ずまったく同じ装備と仕様の予備機が行くんだ。
理由は、もちろん機体に何かあった時のため。
一国の首相が、帰ろうとしたら機体トラブルで6時間出発の遅れ、なんていったら格好つかないものね。
だから、(たぶん)豪華な食事だって、必ずちゃんと予備機にも同じく用意されているのだ。

ちなみに、あの機体の上部に掲げられる日の丸は、こうして立てるんだよ。

  

|

« 弥生と小雪 | トップページ | おかしくない? 解析 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

はい。
いつも2機で飛んでます。
以前、ロンドンのヒースロー空港に、日本国政府専用機が2機並んで駐機してたのを見たことがあります。
ちなみにこの飛行機、普段は札幌の千歳空港の格納庫に納まっていて、時々日光浴をしてるんですよ。
ね、或さん!

今日はローマからです。
今晩帰ります。(なら帰ってから書いてもよかったかな?)

投稿: まりあ | 2004.05.23 21:22

そうなんですよね。

あのブッシュだってU.S. Air Force Oneは、2機でやってきます。
(ただ、正確な事を言うと大統領が乗っていない飛行機はエアU.S. Air Force Oneではないが・・・)

確か、政府専用機で首相が搭乗の場合は「Japanese Air Force One」予備機は「Japanese Air Foece Two」のコールサインで運用するようですね。アメリカの場合は副大統領搭乗機がU.S.Air Force Twoなんですがね。

ただ、この政府専用機にも問題があって、本来この手の飛行機は3機で運用されるのが普通なのだそうです。
1、VIP輸送機
2、予備機として随行
3、基地で整備および予備待機機

つまり、海外で2機とも故障した場合の「予備の予備」が必要なんですね。

アメリカは大統領輸送用の機体が予備待機1機と整備中の機体を含め4機あるという噂があります。
(これをローテーションで使いまわして常時3機が出動可能になってる)

アメリカは、このほかに同じ747ベースのE-4と呼ばれる核攻撃を想定した大統領搭乗の空中軍事司令機(別名空とぶペンタゴン・当然これの予備機もある)などもあり、大統領のための飛行機っていったい何機あるんでしょう??

投稿: あちゃぴぃ | 2004.05.24 13:20

まりあさん

飛行機も、時々日光浴するのか。
知らなかった。

またローマとな。レオナルド・ダ・ヴィンチ空港か。
パリのシャルル・ドゴールじゃなくて良かったね。
怖いぞお。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.05.24 19:43

あちゃぴぃさん
(なんか、名前が似ている)

そういえば、アメリカの映画ではよく大統領専用機って出てきますよね。
しかし4機も?
アメリカの場合、カムフラージュという意味でも必要なんでしょうね。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.05.24 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/633515

この記事へのトラックバック一覧です: 政府専用機の予備機:

« 弥生と小雪 | トップページ | おかしくない? 解析 »