« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

やっぱり筋書き通りなのね

アテネ五輪・野球日本代表の長嶋監督が、最終的にアテネ行きを断念したそうだ。
これで、中畑氏が指揮を執ることが確定。
それでも最後まで代役を立てなかったことにより、チーム名は「長嶋ジャパン」だし、指揮体制は最初のままだ。

ふーん、すべては週刊誌に書かれていた通りの筋書きじゃん。
早い段階で長嶋氏断念を発表すると、星野前阪神監督にさらわれてしまうからなんだってさ。
一度も顔を見せられないのに、コメントだけが伝えられて、今にも長嶋さんが元気な姿を現しそうな雰囲気作っちゃって……

テツandトモじゃないけれど、やっぱりそうなのねえ~☆

あ~あ
スポーツの世界にも政治的な深謀遠慮が渦巻いている。
やだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいな、『感じるブラ』

ワコール新製品のCMで、『感じるブラ』というのがある。
「“おもわずほほえみたくなるような着けごこちの良さ”によって、仕事のトラブルを笑顔で乗り切る」というものなのだが、いいブラをつけるっていうのはそんなものなのかなあ。

ま、野郎には一生わかるものではないか。
とはいえゴムのきついパンツなんか履いたら、やっぱり男だって気分悪いものなのだから、そんなものかも知れない。

ところでワコールの社長といえば、僕の友人の友人だ。
つまり、僕と社長とは全然知らない関係なのだが(ブッ)、それでもモータースポーツに深い愛情を持ち、昔ルマン24時間レースなどにも参戦したチームのスポンサーだから、やはり親しみがある。

そうだ。
次にブラを買うときには、やはりワコールにしよ。(^_^)v

  


いつだよ。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

ジーコ監督、国歌にブーイングを批判

現在中国で開催中のアジア・カップ・サッカーに出場している日本代表のジーコ監督が、君が代演奏中にもブーイングを続けた中国人観客の行為について批判している。

「国歌の時にブーイングをするのはどうしても納得がいかない。試合開始の笛が鳴ったらいくらしてもいいが」と、ジーコ監督。
当然だろう。
国旗を焼いたり、国歌吹奏の時に敬意を払わないというのは明らかな敵対行為。
まっとうな文化国家の国民のすることではない。
日頃の指導方法については満足いかない点が多いけれど、この件については100%ジーコ監督を支持するぞ。

加えて「日本へのブーイングが多いですね」というアナウンサーの問い掛けに、「日本も強くなったということですね」なんて脳天気なことを言っている解説者はクビだ。
海外での試合を解説するのなら、もっと歴史的、世界的背景も勉強しなくっちゃ。

そうした部分はここでよくわかります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

アテネ五輪メダル予想

アメリカの『AP通信』による恒例のメダル獲得予想が発表されている。


これを見ると、日本の金メダルは全部で5つ。
ハンマー投げの室伏広治、競泳800m自由形の山田沙知子、200m背泳ぎの中村礼子、そして女子レスリングの浜口京子と吉田沙保里の各選手だ。

一方、日本のオリンピック委員会では先に「金メダルは良くて9、悪くて3」と予想していた。
ふむふむ、それを考えるとアメリカの予想で5つというのはまずは妥当なところか……

と、思っていたら、何か変だぞ。
だって『AP通信』の予想には、アメリカが出場権を逸した野球がない。
ま、これは元々アメリカの予想だから、よしとしよう。
しかし、日本のお家芸・柔道もないじゃないか。
まあ、自分が関心ないからといって、ずいぶん身勝手だこと。

井上康生選手は? 谷亮子選手は?
まだあと、女子ソフトボールは? 長嶋ジャパンは? 北島康介選手は?

そうしたことを考えれば、「できれば分析結果を超える2けたの金メダルに挑戦したい」というJOCの目標、意外と達成されるかも。
もしもそうなったらうれしいね。

頑張れ~ ニッポン!  頑張れ~ 竹田ク~ン!


        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『出戻りおばさん』だって

前国土交通大臣の扇千景さんが、次の参議院議長に就任する件、自民党で正式決定したそうだ。
そこでの挨拶で、扇さんは「出戻り娘ではない、出戻りおばさんです」だって。

そりゃそうだ。
党議に反し、政治改革法案に賛成して自民党を離脱してからもう10年以上になる。
その間、新生党、新進党、自由党、保守党、さらに保守新党を経てやっと自民党に戻ったばかりだものな。
しかし、70過ぎてばあちゃんが戻ってきて「出戻りおばさんです」なんて言われてもなあ。


この人事について、小泉首相は「適任です。扇さんは声が良く通るからいい」だって。
議長なんて、もちろんマイクを通すんだから、声なんていくらでも通るよ。
それよりか、小泉さんはきっと閣議で、彼女の良く通る声に閉口していたんだろうね。
総理、お察しいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なんだよ、この占い

何回やってもいいことないぞ、この占い。
おっかしいんじゃな~い?

これ。

「あみだくじ」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

正純クンじゃないか

自民党橋本派が混乱している。
その原因は言うまでもなく、あの日歯連からの1億円ヤミ献金問題だ。
なにしろ、その1億円授受の現場に、橋本龍太郎会長、青木幹雄参院幹事長、そしてあの野中広務氏という名だたる幹部連が同席していたというのだから重大だ。

すでに東京地検特捜部は、橋本会長に対して参考人として話を聞く方針というのだから穏やかでないぞ。
手帳を見て「他に用事があってその席にはいなかった」と主張する野中さん、後から「勘違いだった」なんて言わないでよね。


ところで、混迷する橋本派の会合で「政権を取りに行く『戦える政策集団』にしていくべきだ」と主張した若手議員というのは、後藤田正純衆院議員ではないか。
そうさ、阿波の徳島はATOK。
「きれいなおねえさん」の旦那さんじゃい。

ふむふむ、頑張っておるね。
頼むぞ、正純クン。
自民党をブッ壊せ!

で、奥さんによろしくね~☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

またこの地裁判事さんなのね

東京地裁が、UFJ信託銀行と住友信託銀行との合併話で、また注目される判断を下したそうだ。


東京地裁はUFJホールディングスとUFJ信託銀行、UFJ銀行に対し「住友信託銀行以外の第三者との間で、UFJ信託銀行の営業移転や合併などに関する、情報提供や協議を行ってはならない」とした。
その理由として、住友信託とUFJとの間で締結された基本合意書の独占交渉権を定めた条項について「法的拘束力を有する」と判断した。

しばしば地裁というのは衝撃的な判断をする所だけれど、今回もまた同じ判事さんだったのね。
ほら、このあいだ田中真紀子さんの長女が週刊文春だかに出版差し止め請求の仮処分を申請した時、やはり東京地裁が驚きの判断を下したけれど、結局高裁で覆されてしまったっけ。
あの時と同じ判事さんなんだ。
コトの是非はともかくとして、とかく地裁レベルというのは驚く判決を下すことが多い。

総選挙の時には、最高裁の判事に対して国民審査という機会があるけれど、ほとんど常識的な判断しかない最高裁よりも、それぞれの地域の地裁の裁判官に対してやってくれないかなあ……
そのほうがずっと関心が持てるんだけど。
「ウチのポンコツ亭主との離婚を認めない○●判事に×点を!」なんて選挙運動があったりして。
あ これは家裁かい。?(゚_。)?(。_゚)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

扇千景議員、参院議長に

前国土交通大臣だった扇千景さんが、次の参議院議長に内定したそうだ。
女性議長としては衆議院の土井たか子さんに次いで2人目。
参議院ではもちろん初めての女性議長だ。

土井議長の場合、細川内閣誕生の際に「クンづけで呼ぶ」という衆議院規則に反して「細川護煕サン」と呼んだ印象がとても強い。
扇議長は果たしてどんなことをやってくれるのか。

ところで、生粋の政治家だった土井さんに比べ、扇さんは宝塚の出身だ。
本名は林寛子さんだもんね。
芸名の「千景」は宝塚の先輩・淡島千景さんからいただいたそうな。
その淡島さんは、「淡路島かよふ千鳥のなく声に いく夜ね覚めぬ須磨の関守」という有名な短歌に出て来る歌の、「淡」「島」「千」に、ここから想像される景色のイメージから「景」の字を加えたんだ。

で扇さんだけど、生まれの神戸市からふと淡路島のほうを眺めると、そこには扇の形に似た湾がある。そこで「扇千景」となったのだ。
あ~ 僕は物知りだな、
たしかに昔の写真をみると、すごい可愛い美人だったんだねえ。
さすが、タカラジェンヌ。
でも今はもうすっかり政治家の貫禄だな。

ということは、今は楚々とした黒木瞳さんも、やがては……
(´_`)

いやいや、無駄なイマジネーションに労力は使うまい。
他にやることはいっぱいあるじゃないか。
そんな苦労はパキスタンだかの大統領にお任せして、仕事せねば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛ちゃん、可愛いね

アテネ五輪が近づいたせいか、このところ卓球の福原愛ちゃんが登場するCMがいくつか流れている。
フジフィルムのは秀逸。
少女時代のあの泣き虫だった愛ちゃん、ほんとうに名前の通り愛くるしいね。

ところが、某『ヤ●ーBB』のCM
これはいただけないなあ。

おばあちゃんが持っているのは例のあの無料で配りまくる『モデムバッグ』らしいんだけど、これが愛ちゃんと赤い糸でつながっているとかで、愛ちゃんがラケットを振る度におばあちゃんが引っ張られる訳。
つながっているというイメージよりも、まるで愛ちゃんがお年寄りをいじめているようだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浸水家庭に一律2万円

2億円の当選宝くじが寄付されて注目が集まった福井県の水害事故だが、県は浸水家庭に一律2万円を見舞金として贈ることを決めたそうだ。
そうすると総額は約2億9千万円必要になるので、残りは別に集まっている義援金を当てるとか。

うーん。
ただ泥水が浸水しただけの家と、濁流で家ごと流されてしまった家とで同じ金額、というのもなんだか不公平で可哀そうな気がするけれど、もっと変なのは、それじゃ2億円寄付のなかった新潟県のほうはどうなるの?ということだ。

時期を同じくしての大水害。
いや、強いて言えば福井のほうは数日後だから、新潟の罹災を教訓に出来た筈なのにこの始末だ。
それなのに、篤志家の寄付による宝くじ2億円で、福井県だけがいい顔をして、それじゃ新潟県のほうの被害家庭は救われないじゃないか。

これだけの大災害なのに、都道府県によって被害者の救われ方が違うというのはなんだかなあ。
2億円贈った人も、そこまで考えていなかったんだろうけれど、本来なら国に寄付すべきだったか。

いや、駄目だ。
それじゃもっと無駄に使われちゃうものな。
どしたらいいんだ?

うーん……
また悩みが増えちゃったい。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

五輪効果、絶大!

昨夜サッカー五輪・日本代表対オーストラリア代表との試合が行われた大阪・長居スタジアムは、大久保嘉人選手らが所属するJリーグ・セレッソ大阪の本拠地だ。

そのセレッソ・ファンであると思われるあいねこさんのところを読んでいたら、「普段より3万人ほど多いのよね、観客数」だって。

うるうる
だって、昨夜の試合の観客数は全部で35,501人だよ。
それより3万人少なければ、いつもはただの5千人じゃん。


ところで昨日はLリーグ(Jリーグの女性版ね)の試合もあった。
日本テレビ対TASAKIの戦いは、双方で10人もの五輪選手を擁することもあり、なんと2,500人もの観客を動員。
選手は「こんなに来てもらって……」と、感激していたという。
だって昨シーズンの観客数は1試合平均185人なんだって。
おいおい、泣けるじゃないか。
これも五輪効果かい。
日本リーグ時代の三ツ沢球技場、思い出しちゃったい。

       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アテネをミテネ

来月行われるアテネオリンピックは、民放各局が分担して中継するんだそうだ。
で、その共同CMなるものが紹介されていた。
その名も『アテネをミテネ』だって。
うん、い~よ。

で、民法キー局それぞれ自慢(?)の女子アナが、リレー方式で自局が担当する球技を使って魅力を紹介していく。
TBSがバレーボール、日本テレビがサッカー、フジテレビが野球とか……
あれ?
テレビ東京だったかのは何?
なんか、空を不思議なものが飛んでいったぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そこまで日本が嫌いなのか

中国最大の国家テレビ局「CCTV中国中央電視台」が、昨夜重慶で行われたサッカー・アジアカップの日本対タイ戦の中継を中止したのだそうだ。
その理由が「尖閣諸島」の領有権問題に対する日本への不満だからなのだという。

そうした政治問題とスポーツ中継とどういう関係があるというのだろう。
そうやって自国の人民に知らしめないということ自体が、中国を先進国とは言えない状況に追い込んでいるということがわからないのだろうか。
かつてスポーツを政治の道具にした国に、決して未来はなかった歴史が厳然としてあるじゃないか。

今回のアジアカップでは、緒戦のオマーン戦でもまるでアウェイの声援だった。
昨夜のタイ戦ではさらにその度合いを激化させていた。
日本がボールを持てばーすごいブーイングの嵐。
タイが攻める場面になれば満場の声援。
そして日本がゴールを決めれば静まりかえる場内。

これがタイのバンコクでやっているならわかるよ。
それがアウェイの試合というものだから。
ところがスタンドにいるのはみんな中国人じゃないか。
日本でだったら、たとえ国際試合でも相手への敬意は忘れない。
そこまで日本を敵視したいの。

大平正芳内閣時代から始まった中国へのODA(政府開発援助)。
現在、中国は日本から年間実に3000億円以上もの経済援助を受けながら、そうした事実を人民には知らせていない。
逆に中国はそれを資金としてベトナム、カンボジア、東ティモールなどに600億円の援助を提供して、これらの国々には援助大国を演じ、逆に日本を仮想敵国に仕立てているのだ。
日の丸の旗を焼き払っている過激な輩に、日本からのODAなんか知る由もない。
しかし情報をコントロールする国にほんとうの自由などない筈だ。

韓国も日本をすごく嫌っていた国だけど、「冬ソナ」の例を出すまでもなく、国民レベルでは大いなる文化の交流が始まりつつある。
日本の歌曲も解放されたそうだ。
今回済州島での盧武鉉韓国大統領は「過去の歴史問題について、任期中は公式に争点として提起しない所存だ」と明言した。
一国の指導者たるもの、こうした大局からの英断ができるかどうかこそが、その資質ではないのだろうか。

こうした中国の覇権主義は、すでにドイツなどヨーロッパの国からも批判の目を向け始められている。
手遅れにならないうちに、おじさんは「世界の中の中国」なのだということに目覚めてくれることを願うばかりだ。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

糞っ クソッ くそっ

法務大臣の諮問機関である「法制審議会」の人名用漢字部会が、新たに名前に使える人名用漢字をまとめた中に「糞」「姦」「痔」など、明らかに人の名前にはふさわしくないものが含まれていることをこのココログで指摘した

その甲斐あって、(え 違うの?)今回そうした感じを削除することになったそうだ。
よしよし。

とはいえ、いったん使えると思った漢字が結局駄目になったとすると、逆にこれが残念に思えてくるから不思議なんだよね。
だって「姦」(カン)だって「痔」(ジ)だって、同じカンジだものな。

おまけに「糞」も駄目?
クソっ。
それじゃ、もうみんな「糞味噌」じゃないか。

うん?
「糞味噌」といえば「価値のない糞」と「価値のある味噌」を一緒にしてしまったという意味だよね。
おいおい、糞だって価値があるんだぞ。
有機農業なんて言えば聞こえがいいけれど、要はこうした「糞」を有効に活用しているということじゃないの。

うーん……
また悩みが増えちゃったい。
クソッ

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウソつきは泥棒の始まり

埼玉県草加市の交番に助けを求めた男性が警察官の目の前で集団暴行を受けた事件で、交番内に逃げ込んだ事実や暴行の存在を否定していた交番の草加署員が一転して「暴行はあった。直前に男性は交番に駆け込んだ」などと認めたそうだ。

なんだよ。
ま、争っていたのは暴力団関係者ということだから、お巡りさんだってできれば関わり合いたくないだろう。
思わず腰が引けてしまうのはわかるけどね。

でも、ウソはいけないぞ。
「ウソつきは泥棒の始まり」だって子供に教えているのに、「お巡りさんも同じく」では教育上、格好つかないものな。

だいたいそれじゃ、これから誰が泥棒捕まえるの?
あ わかった、防犯ロボットか。
ロボットならいつだって正義の味方。


か?
でも、ロボットだって悪い奴がプログラム書き換えたりして悪人に変身しそうだ。
あ~心配。
まったくもって世に心配の種は尽きまじ。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

てじな~にゃ

天才マジシャンと言われる山上兄弟が、今度その華麗なテクニックを満載したDVDを出すんだそうだよ。
はいっ。

すごいね。
僕がDVD買うなら、マギー師弟のほうがいいけど。
ちなみに綾小路きみまろのCDなら持っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

次は「冬ソナ」の並木道?

韓国の済州島で、小泉純一郎首相と盧武鉉大統領が会談を行なった。
風光明媚なその場所は、「シュリ」の舞台ともなった見覚えのある海岸の展望台だ。
まったくみごとなロケーション。
(ちと二人の距離が気になったけれど)

今の日本の韓国ブームを意識してか、韓国当局者もやるものだねえ。
これなら次は、当然「冬ソナ」のあの並木道でやって欲しいぞ。
もちろん、雪景色じゃないと駄目だよ、二人して雪だるまも作ってもらうんだから……

ところで小泉首相、次は日本の温泉でやりましょうと盧大統領に提案したとか。
おいおい、ほんとかよ。

もしもほんとに温泉でやるのなら、特例の政令で入浴剤を許可、思い切りたくさん入れて真っ白なお湯にしてね。
だっておそらく生中継だろうから、透明なお湯じゃ危険だもの。

もっとも、いくら立派な両国の指導者とはいえ、湯気の中、お二人がタオルで下を隠しながら会見するのは見たくないですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾、高速道路で離着陸訓練

中国が台湾に対し人民解放軍の軍事演習を行うのに伴い、ふたたび中台間に緊張が高まっているが、台湾も今朝、26年ぶりに高速道路を使った戦闘機の離着陸訓練を行ったそうだ。

知られているように、韓国や台湾ではいざ戦時状態になった時、飛行場が爆破されるケースを想定して高速道路の一部が滑走路に転用できるようにしている。

台湾には計5か所そうした場所が設けられているというが、今回使用された中山高速道路は台湾第2の都市・高雄に向かう重要な幹線道路だ。

自分が行ったとき、格安ツアーの常とて、強行軍のスケジュールでほとんどの人がバスの中寝ていたが、地図と見比べながら、僕はその場所を胸をときめかして確認した。
そこはほんとうに真っ直ぐで、上下合わせて6車線分あり、移動式の中央分離帯しか置いていない。
なるほど、いざという時には滑走路になる訳だ。

しかしほんとうに戦争になったなら、飛行場はもちろんのこと、ここだって攻撃の目標になるのは間違いない。
周囲は街中で、決して原野のまっただ中などではないのだ。
近くに住んでいる人たちは、いったいどんな気持ちでこの演習を見つめたのだろう。

台湾は決して遠い国ではない。
石垣島のすぐ先だ。
もし、石垣島の砂浜で遠くに停泊している貨物船が見られたなら、それはきっとこの島を経由して中国本土と台湾間の物資を運んでいる船だ。

中国本土と台湾は目と鼻の距離だが、直接中台間を結べない。
そこで止むなくこうして第3国を経由している。
石垣島は、緊張した東アジアのバランスを支えている一つの重要な拠点なのだ。

すっかり平和呆けしてしまった今の日本。
お隣の国では若者が徴兵制度で軍隊に行き、戦争を想定してこうした訓練が行われているということにももっと思いを馳せて欲しい。


(今回、オチはありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wの見分け方

W(ダブルユー)といえば、モーニング娘。の加護亜依ちゃんと辻希美ちゃんのユニットだけど、この2人の見分けがつかないというのが巷の定説だ。
うん? 僕だけ? (>_<)

以前杏葉さんに教わった辻加護判別ゲームで特訓してみたけれど、残念ながら格別の進歩はみられなかった。

しかし、そんな僕にもちゃんとわかる見分け方を発見したのだ。
遺影~☆ (C)Meiri

このところの暑さ。
彼女らだってノースリーブになるって、言うじゃな~い?
で、その時に、二の腕の太いほうが辻ちゃんなんだってば。
もう大丈夫。これならわかる。
間違いないっ。

あ~
辻ちゃんファンのかた、ごめんなさ~い。m(_._)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

痴漢、盗撮、不倫、殴打、着服……

過激なタイトルだけれど、これらはすべてNHK職員によるこれまでの不祥事の数々なんだそうだ。
朝から各局で報じているぞ。
すごいねえ……

別にNHKだって普通の企業。
あれだけ大きな会社なんだから、中には悪い奴だっているだろう。
警官や教員にだって不祥事はあるし、政治家にだって。
あ、あそこはほとんどがそうか。

ただNHKって放送局の中では確かに特別な存在だから、それでこうした時には他局にいっそう叩かれてしまうんだろうね。
まるで四面楚歌じゃい。


ところで「四面楚歌」といえば「周囲を敵に囲まれた状態」のこと。
だからって、周囲はすべて「楚」の軍隊と思っている人がいるけれど、そうじゃないぞ。
城の中の味方が「楚」であって、城を取り巻く敵は「漢」なのだ。

食料に窮した項羽の楚兵は毎夜のように城から逃亡。
敵の韓信はこれらの楚兵を集め、城の周囲で楚の国の歌をうたわせたんだね。
城内の楚兵に望郷の念を起こさせるために。

ちなみに城が落ちて逃げる項羽は、妻の虞美人が敵の手に落ちて乱暴されることをおそれ、自らの手で愛する妻の命を絶った。
その彼女のしたたった血の跡から咲いたのが、あの真紅の虞美人草という訳だ。

う いかん。
血がこぼれないで、思わず教養がこぼれ落ちてしまったい。
(´_`)


で、昨日の日本対オマーン戦は、重慶でやっているのになんでアウェイになっちまったんだい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ほおずき

隠れ家さんとこにきれいなブラックベリーの写真が出ていたので、張り合ってこちらは「ほおずき」の写真を撮ったみた。

まだこの上に2つほど実をつけている。
ほおずきはまるできれいな実のようだけれど、これはほんとうはガクなんだそうな。
さすがにこれでジャムは作れない。
ガクっ


「籠かばふ ほおずき市の 宵の雨」
     (水原秋桜子)




「ほおずきならし 無理して思わず 頬がズキっ」

     (ピーちゃんの身元引受人)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大相撲・世界選手権

大相撲の名古屋場所が終わった。
結果はまたドルゴルスレン・ダグワドルジが優勝……(あ 朝青龍のことね)ということで、再びこの横綱の強さが思い知らされた結果となった。

朝青龍は、曙や武蔵丸など、これまでの外国人横綱のように巨漢な訳ではない。
とにかく素晴らしい技術と、誰にも負けない闘志・集中力、それに相手によって取り口を巧みに変えるクレバーさが信条だ。
当分この横綱の時代が続くのかも知れないね。

ところで今回の各段優勝力士は下の通りだ。


■幕内優勝 朝青龍(ドルゴルスレン・ダグワドルジ)モンゴル

■十両優勝 琴欧州(カロヤン・ステファノフ・マハリャノフ)ブルガリア

■幕下優勝 豊乃國(南 大地)新潟県

■三段目優勝 鶴竜(マンガラジャラブ・アナンダ)モンゴル

■序二段優勝 白石(白石 信広)熊本県

■序ノ口優勝 把瑠都(イド・ホーヴェルソン  )エストニア

すごいねえ。
外国人力士ばっかりだ。
これなら、堂々と「大相撲・世界選手権」が名乗れるんじゃないの。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

中田英寿、すごい

イタリア・セリエA「パルマ」の中田英寿選手が、同じセリエAの「フィオレンティナ」への移籍が決まったそうだ。

世界トップレベルのリーグで、こうして何年もずっと最前線で活躍しているのだからすごいものだ。
このところ、チームに恵まれていないけれど、今度こそ新天地で暴れまくって欲しいものだ。

その新しいチーム、「フィオレンティナ」なんていうから、花の名前でも関係しているのかと思ったけれど、これは本拠地・フィレンツェから来ているんだってね。

それにしてもこの発表の第一報が自身のホームページから、だなんていかにもヒデらしいじゃないか。
そういえば、あの宇多田ヒカルちゃんが結婚の発表をしたのもやはり自分のHPからだっけ。
私、今日、嫁ぎました」なんちて。
ニクイね、このこの。

僕も重大発表する時は、このココログからにしよ。
へ? まさか、それが訃報だったりして? ブー

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サヨナラしんちゃん すごい

巨人軍は別に好きじゃないけれど、個々の選手が活躍するのを見るというのはやはりうれしいもの。
それも、金に飽かせて集め込んだローズやペタジーニのような外国人大砲ではなく、生え抜きの日本人選手というならなおのことだ。

昨日は阿部慎之助捕手が、さよならホームランという派手なパフォーマンスでやってくれた。
さしづめ、「クレヨンしんちゃん」ならぬ「サヨナラしんちゃん」か。
得意の「最高で~す!」がお立ち台で出ていたね。

過去にはノムさんのような大選手も出ているけれど、捕手というのはそれ自身が休む間もないハードなポジションだから、そのうえ自分のバッティングまで花咲かすというのは実にたいへんなこと。
昨日は7回に強打者・ラミレス相手に好リードもみせていたし、ほんとうに充実しているんだろうね。
これで25本の本塁打。
田にしたもんだよ、イナゴのしょんべん。

キャンプなどでは熱烈な阿部慎之助ファンの少女たちがいるとか。
オーナーたちは頼りないが、選手としてこれからもプロ野球ファンに夢を与えておくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青山ブックセンター終焉?

深夜営業もしていたユニークな本屋さん、『青山ブックセンター(ABC)』が、なんと閉店になってしまったそうだ。


六本木、青山など東京都心に店舗展開し、個性的な品ぞろえで若者らの人気を集めていた青山ブックセンター(ABC、本店=東京都渋谷区)が、16日の営業を最後に閉店した。

アマゾンなど、地方からでもインターネットでも自由に本が検索・購入できる便利な時代になったけれど、その一方では、またこうした逆の影響もあるんだろうな。
うーん、残念ではある。
もっと買ってあげれば良かったな。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

屋久島のはなし

昨日、テレビで鹿児島県・屋久島の特集をやっていた。
雨がひと月に35日も降ると言われる屋久島。
もちろん実際にそんなことはあり得ないが、そう比喩されるほど雨が多いのは事実。

小さな島なのに、真ん中にそびえる宮之浦岳は標高約2千メートルもあり、ここには年間約10,000ミリもの降水量があるというのだから驚きだ。(東京は年間約1,500ミリ)
南の島なのに、雪だって降る。

そこで当然、この島特有の動植物があるということになる。
だから、この島のものにはたいてい頭に「屋久」がつく。


あの有名な杉は「屋久杉」だし、鹿がいれば「ヤクシカ」(屋久鹿)で、猿がいれば「ヤクサル」(屋久猿)、森の中のヤモリは「ヤクヤモリ」。
またこの島で広く飼われている猟犬タイプの犬は「ヤクイヌ」(屋久犬)という種類なのだという。

だからここでは役場のことはもちろん「ヤクショ」というし、ここの偉い人はみな「ヤクイン」。
この島出身のタレントは「ヤクマル」くん。うそよ。

しかし、こんないい加減なことばかり言っていると島から放逐されてしまう訳で、そういうのを現地では「ヤクバライ」なんて言うらしい。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

たった1円でチャーター機かよ

北朝鮮からジェンキンスさんたちがジャカルタに飛んだ時、数百万円とも伝えられる全日空のチャーター料がわずか5万円とか報じられた。

社会的貢献や、メディアに繰り返し映ることによる宣伝効果があるから、とか説明されていたけれど、それでも驚いた。
だって、結局そうして出した赤字はわれわれ一般乗客がみんなで負担することになるんだものね。

そしたら今回ジャカルタから曽我さん一家が日本の羽田まで飛ぶチャーター機は、なんと1円の落札額なんだって。(゚_゚)
JALもANAも共に1円の入札で、結局抽選で日航機に決めたんだそうだ。

うーん……
なんか、馬鹿にされた感じだな。


   

| | コメント (1) | トラックバック (1)

古賀潤一郎議員、書類送検

以前にもニュースになったやつだけれど、あの古賀潤一郎議員が韓国籍の支援者から政治献金を受けた件で、このほど書類送検になったそうだ。

なんだよ。
われらの(!?)古賀潤一郎議員だぞ。
こんなの小さい、小さい。
ニュースにするならもっと大きな話題で堂々とニュースにして欲しいぞ。

だいたい政治資金規正法では外国人からの献金が禁止されているというのも今回の件で初めて知ったけれど、欧米人や中東の人とかならともかく、普通に日本語を喋って、日本名を名乗って、それで日本人と同じ顔をしてたらわからないよね。
まさか、献金してくれた人にいちいち「あなたは日本人ですか?」なんて念を押していたら、はたかれちゃうものな。
この件では古賀議員に同情するぞ。

くじけるな~☆ われらの潤ちゃ~ん。
おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベッカムのボール、13億円!

サッカーのユーロカップ準々決勝で、あのベッカムがPKに失敗してスタンドに入ったボールに13億円の値が付いたそうだ。

ちょっと前の第一報ではたしか何十万円とかで、それでも馬鹿みたい、と思っていたら、あっという間にこの暴騰ぶり。
ほんとうにそのボール自体に価値があって、それへの評価ならいくら高くてもいいが、この場合はねえ……。

そもそも、スタンドに入ったボールを拾った人が持ち帰れるというのが不思議。
日本の試合じゃあり得ないことだものね。
サッカーボールじゃシャツの下に隠す訳にもいかないしな。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

良い子は真似しないでネ

よく、よからぬことを示す時に「良い子は真似しないでネ」なんて言うけれど、これっておかしいと思う。

そもそも良い子ならそんなこと真似しないだろう。
悪い子だからこそ、そういうことを真似するんじゃないの。

だから、正しく言うならば「悪い子は真似しないでね」だと思うんだけどな。

      

| | コメント (10) | トラックバック (0)

熊出没注意だって

『わくわく日記』さんとこを見ていたら、女房が乗っていますなんていう、標識パロディが紹介されていた。

北海道でよく見る、『熊出没注意!』の看板みたいな奴だ。
どうやら「このクルマには女房が乗っているので注意してください」ということらしい。
しかし惑さんとこはイザ知らず、温和なわが家にこれは似つかわしくないな。ゲホ


熊出没注意といえば、北海道には同じ名前のドリンクが売られている。
これは中味に熊のエキスが入っている……訳ではもちろんなくて、要するにコーラみたいなもんなんだけど、その攻撃的な表装からお土産にはなかなか好評であるらしい。

関係ないけど、熊の手は右手のほうが高いんだよ。

ところで、『高嶺の花にくびったけ!!』さんの解説によれば、『熊出没注意!』の看板を中国人が見ると、なんだか意味が違うらしい。

日本人なら「熊が出没する。注意しなさい」と受け取るが、中国語だとこれは「熊が出る。注意は没だ」ということで、注意しなくなっちゃうんだって。

ふむ、同じ漢字でもなかなか難しい。
中国語で『手紙』は、トイレットペーパーだって言うものな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

おかげさまで20万

カウンターを見たら、いつのまにか20万を越していた。
この『たなぼた』をスタートさせたのは1月5日のこと。
正確にいえば最初しばらくはカウンターがなかったのだけれど、とりあえず10万を越したのが4月18日。始めてから通算で105日目ということになる。
今回、20万になったのがそこからさらに87日目だから、ペースはだいぶ速まっているようだ。

しかし最近は書き込みが少ないし、たいしたこと書いてないので申し訳ない気持ち。
始めたばかりの頃のほうが、もっと読んで為になる記事が多かったんだってば。

それでもこんなに来ていただいて、ほんとうに感謝感謝であります。
そこで、こうして来てくださるみなさんに、お礼の心を込めて心ばかりの夏のギフトを……

と思ったけれど、誰の住所も知らないので断念した。
ふにゅ、残念ね。 Oo。(^.^)y-゚゚゚

| | コメント (10) | トラックバック (0)

扇子、おそるべし

いつのまにか梅雨も明けたそうで、毎日実に暑い。
こういう時に便利なのが扇子だ。

畳めば棒のようになる扇子というのは持ち運びに場所を取らない便利な物で、劇場とか、飛行機など乗り物の中でも自在に使える優れもの。

村田ナントカさんの考案した折り畳み傘というのも同様に実に巧みな発明だが、こうした工夫を凝らす日本人の器用さにはあらためて感心してしまう。

ところで折り畳み傘はいま3段になって、より小さく畳めるようになっているのだけれど、この扇子の方も軸部分をさらに伸縮して短くできるように改良されているの知ってた?

これにより、畳んだ扇子の長さを元の半分近くにすることに成功したんだって。
うーん、日本人の器用さ 恐るべし..

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

都バスがガス欠だって

公共機関の乗り物といえば、電車にしろバスにしろ、われわれ乗客は全面の信頼を置いて乗っているものなんだけど、なんと都バスがガス欠で立ち往生なんだって。
(都バスは東京都のバスね。別にそんなに飛ばす訳ではない)

この6月だけでそれが3件もあるというのだから尋常ではない。
それも乗務員の不注意で、燃料を入れ忘れ、さらに運転する時もメーターなんか確認していないというのだから驚きだ。

乗客はその後のバスで運ばれたから、10分ほど遅れただけというのだけれど、バスはガス欠なんだから、その間当然エアコンも効かない訳だ。この暑いのに……

冗談じゃないよね。
東京都交通局はぶったるんでいるぞ!>石原都知事殿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログの時計

ココログにはよく時計を設置しているところがある。
『A Little Happiness』のページにもあって、それがこのほど夏向きの涼しげなものに変わっている。

実は自分のこのパソコンの隣に、もう一つパソコンがあるのだが、たまたま両方共でこの『A Little Happiness』の時計を同時に表示したところ、時計の針の位置がそれぞれ違っていることに気づいた。
なんだ、この時計って、先方のものではなく、それぞれ自分のパソコンの内蔵時計の時刻を表示しているのかあ。
知らなかった。

そういえば以前、博多銘菓「中洲deいちご」応募したコメントを書いた時に、時計が狂っているってまりあさんに文句つけちゃったけれど、狂っていたのは自分の時計だったんだ。

ひゃ~あ、なに先方は気づいていないから、このまま内緒にしとこ。
い~よ、ほっトケイ

ところでその二鶴堂製菓から何の音沙汰もないということは、結局目当ての「中洲deいちご」は外れちまったのかい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

1万7千票で当選

参院選挙も終わって、各所でその分析が行われているが、相変わらずこの比例区というのは難しいね。
昔の全国区なら、単純に個人が獲得した票数だけで決まったからわかりやすかった。
石原慎太郎さんなんか、一人で300万票も取ったっけ。
ま、これはこれでいろいろと問題があったので改訂された訳だ。

現在の比例区は非拘束名簿式比例選挙といって、政党名・候補者名のどちらを書いてもいいので、それがコトを複雑にしてしまう。
単純にいえば、圧倒的な集票力を持つ個人がいれば、その党の議席数増加につながり、個人票の少ない候補者まで当選できてしまうことになる訳だ。

公明党で最後に議席が決まったのは鰐淵洋子さん(32歳)。
しかしこの人が個人で獲得した票はわずかに1万7千票。
名簿では17人中17番目で、元々当選するつもりではなかったのに諸先輩9人を出し抜いて当選してしまったそうな。だって党の職員だというんだもの。

なんでも知人たちが、依頼した政党名ではなく鰐淵さんの個人名を書いたから、ということらしいけれど、そもそも僕なんか絶対に1万7千人も知り合いなんていないぞ。

しかしその一方、「緑の会議」の代表中村敦夫氏は、個人で20万票も集めたのに落選だって。
いくらシステムとはいえ、なんだかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大健闘だ、「ドラフトワン」

このほど発表された今年上半期のビール・発泡酒課税出荷数量によれば、人気を博した発泡酒が2年連続で減少したそうだ。

で、その分伸びたのが「ビール風飲料」というもの。
例えばそれは前に紹介した、エンドウ豆を使ったサッポロのドラフトワンであったり、焼酎を使うサントリーのリキュール「麦風」だったりするのだとか。

時代はもう単なるビールとか焼酎とかの分類では追いついていけない。
いいことやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

責任のとりかた

注目された参院選挙。
結果は自民党が目標を下回り、民主党が躍進。
2大政党の様相がさらに進展したということのようだ。

ところで自民党の選挙責任者である幹事長の安倍晋三さん。
実はかなりタカ派のようで北朝鮮問題でも強気の姿勢。
個人的には応援しているんだけれど、でも今回の去就はいただけないね。

選挙前から「目標議席を下回ったら、政治家としてもっとも重い責任の取り方を取る」と言っていたのに、そのまま残留なんだって。

そりゃあ、任命者である小泉首相の立場とか、党内事情の問題とかいろいろあるんだろうけれど、結局残留しちゃったのでは「はあ それが政治家として一番重い責任の取り方なのね」と、皮肉の一つの言いたくなっちゃうよね。

結論:政治家として一番重い責任の取り方とは、居座ることである

もっとも、青木幹雄参院幹事長なんてハナから責任を取る姿勢すらみせなかったけど。
結局、こういう政治家の姿勢が選挙離れを生み出して、また投票率を下げるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごいな、SHINJO!

現日本ハムの新庄剛志選手といえば、昔から『有言実行』。
一見、ホラ吹きみたいだけれど、それが結構ちゃんとやるんだよね。

今回は、オールスターに選出された時に『MVP取ります』なんて言っていた。
MVPってば、その試合でたった一人しか選ばれないんだよ。しかもプロ野球の精鋭がズラリと集まった中で。
そんなこと言っちゃっていいのかなあ……
なんて思っていたけれど、こやつときたら、ほんとうに取るんだものねえ。

2本の2塁打というのもさすがだけれど、もっとSHINJOを印象づけたのが、3塁からホームへの盗塁だ。
普通、こんなお祭りの試合で3塁ランナーが盗塁(本盗という)はしないよなあ。

僕はイギリスGPがあったのでその時のテレビは見ていないんだけれど、テレビもその瞬間は見逃してベンチを写していたそうだ。
そりゃそうだ。誰もそんなことすると思っていなかったろうからね。

で、みごと公約通りMVPを仕留めた新庄選手。
試合後のお立ち台でこんなこと言ってた。

「実は北海道で『MVP取る』なんて言ったんだけど、ほんとうに取れるとは……」
と、気を持たせた後で、
「思ってました」だって。

すごいぜ、SHINJO!
新聞の見出しじゃないけれど、『本盗にすごい』

プロ野球で必要なのは、こういう選手だな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

すごいな、朝青龍

今日の横綱・朝青龍戦はすごかった。
相手は日本人で力士で一番大きな琴乃若。
左上手を持ったら力を出す力士だ。

そして結果は琴乃若がみごとな上手投げで、朝青龍は完全に裏返し。
もちろん横綱に初めて土が付いたと思ったら、なんとこれが残っているんだよね。
まるでレスリングの技みたいに、裏返しになったままブリッジの形で残っていた。

これは大相撲だよ。
あの体型のお相撲さんが、ブリッジで投げを残すなんて、初めて見たぞい。
すごいなあ。

これまで大相撲を席巻した外国人力士って、曙とか武蔵丸とかみんな巨漢力士で、技というよりはパワーで圧倒してきた感じだった。
ところが朝青龍ときたら、身体は全然大きくない。
それなのに、モンゴル相撲出身特有のキレのある技と、それと何よりあの負けん気だ。
技でも負け、根性でも負けたら日本の国技も先がない……。

しかしそれにしても、あの座布団を投げるのはなんとかならないのかねえ。
座布団には最初から1万円くらいのデポジット料金を預かって、座布団をちゃんと返却したら返せばいいのに。
あんな見苦しい様はないよね。国際放映されるのが恥ずかしいぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

すごい大雨だぜい

今日は参院選挙の投票日だというのに、いま外は雷バリバリの超・大雨。
これじゃ投票に行こうと思っても行けないんじゃない?

ま、ウチは丘の上だからいくら雨が降っても心配はないんだけど。
道にはすっかり人通りがなくなってしまった。

これで投票率が上がらないと、また○○党が有利ということになるんかな。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

古田選手、頑張ってるね

プロ野球は大変な変革期に入っているようだけれど、こういう時期の選手会会長、たいへんだよね。

でも古田敦也選手、とてもよく頑張っているんじゃない。
あんな暴言をオーナーに吐かれても、冷静だし。

選手あってのプロ野球じゃないか。
ファンも大事にしない、選手も大事にしないじゃ、滅びるぞ>このスポーツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本を救うのは岡ちゃん?

いま世間では参議院議員の選挙が終盤を迎えているが、今日見た民主党の新聞広告。

『土壇場で
  日本を救うのは
     岡田だ。』

そしてサッカーボールが添えられている。

そか。
日本を救ってくれるのは岡田監督なんだ……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

制限速度の4倍だって!

なんと、都電荒川線の運転士が、制限速度の4倍ものスピードを出してカーブを廻っていたとして停職6カ月の懲戒処分になったそうだ。

厳しいね。
でも、制限速度の4倍というのはすごいっ。(゚_゚)
いったい何キロだったんでしょ。

ふむふむ、制限速度5キロのところを20キロだって。
なんだ、15キロくらいのオーバーなら、僕なんか毎日やってるぞ。
「モノは書きよう」というお手本だな。

ところで以前ナナハンを乗り回していた頃、同じクラブ(暴走族じゃないよ)に某私鉄の特急電車の運転士という人がいた。
僕が実際に見た訳じゃないけれど、仲間の話では電車でカーブにさしかかった時も、彼はバイクと同様にハングオンして運転しているというもっぱらの噂だった。

 ハングオン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『なでしこジャパン』かよ

女子サッカーの日本代表チームの愛称が、『なでしこジャパン』に決定したそうだ。

ありゃら?

女子サッカー代表の愛称ってば、、『電光石華』じゃなかったのかい。

なんだ、せっかくその線で男子代表の愛称には『獅子糞迅』なんていいのを考えていたのにな。
つまんない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たなぶた

   


「たなばた」の日に「たなぼた」のココログで「たなからぶた」が落ちてきた。

昇天..

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七夕だ マツケンサンバだ

     

どうも『たなぼた』と『たなばた』とは字面も似ているので間違えやすいが、今日は『たなばたの日』だ。

そして、忘れてならない『マツケンサンバ』CDの発売日なのだ。

これまで松平健さんの公演会場でしか手に入らなかった、噂の「マツケンサンバII」が遂に一般に発売されるのだ!

君もこれをマスターして『七夕まつり』に行こう!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

石垣島10億円の経済効果

山本昌邦監督率いるサッカー五輪代表チームが、今日から12日まで沖縄の石垣島で強化合宿に入った。
本番は真夏のギリシャだし、こうした暑いところで身体を慣らしておくのはいい考えだろう。

人気の五輪チームだから、選手・関係者だけでなく、数多くの取材陣、それにファンも多数駆けつけるのだという。
ホテルへの予約状況などから計算して、この石垣島における1週間の経済効果が、なんと総額10億円にも達しようというのだから驚きだ。

すごいねえ。
そういう意味では、辺地を選んで次々と合宿をやると地方の活性化にはいいかも……。
って、そういう訳にはいかないか。

石垣島は全島一周したことがあるけれど、「サッカーパークあかんま」ってどこだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曽我ひとみさん、9日に再会へ

北朝鮮・拉致被害者である曽我ひとみさんの家族との再会が、急転直下、9日(金)にもジャカルタで実現することになったそうだ。

参院選挙前には難しいと言っていたのに、やっぱりこのところの世論調査で自民党の支持率が下がっているからだな。
だって、一家が暮らす場所も決めないで、とりあえずジャカルタのホテルで、なんていかにも拙速に過ぎる。

それでも、それこそ一日千秋の想いで再会を心待ちにしているひとみさんの心中を察すれば、理由は何にせよ少しでも早く実現するのはうれしいことだろう。
なにせ相手は北朝鮮のこと、ちょっと政治的な何か事件が起きればすべてキャンセルにだってなりかねない。先の保証など、あってないようなものだものね。

しかし、さすがにこういう時には首相の『指導力』というのはすごいな。
近頃、子供も「大きくなったら総理大臣になる!」なんて言わないようだから、こちらの『回復』」も果たして欲しいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

中国、台湾対岸で大演習へ

中国が、また台湾に向けて大規模な軍事演習を行うのだそうだ。

先の台湾・総統選挙で陳水扁氏が勝ったから、またぞろ圧力路線に力を入れるんだろうね。
台湾そのものに対する圧力もさることながら、日本やアメリカにもそれを見せつける意味があるのだろう。

戦後、内乱のせいで本土から渡った人はともかく、台湾人は台湾の人間であって、中国の人間じゃないよ。

歴史的にみて、中国が台湾を「領有」した事実は一度もないし、つまり中国の「台湾領有権」主張は、不当なものなんだけどな。チベットだってそうだ。

いま香港でも、より自由を求めて大規模なデモが行われていたりするけれど、どうして軍事的な圧力で押さえ込もうとするのかなあ。

中国の巨大な市場のために、目を瞑っているのが淋しいぞ。
もしも石原慎太郎東京都知事が日本の首相だったなら……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

優勝しちゃった シャラポワちゃん

やっぱり勢いがあったんだね。
ほんとにウチのシャラポワちゃんがウィンブルドンで優勝しちゃいました。

日本期待の杉山愛選手を降してしまったのは申し訳なかったけれど、その選手が決勝まで行って優勝したんだからいくらか救われるよね。
それにしても、あの見るからにたくましいセリーナ・ウィリアムズ選手にストレート勝ちなんて、とても信じられない。

ここのところ、女子プロテニス選手って力強さが目立っていたけれど、やっぱりこうした女性らしい肢体の選手が活躍してくれなくっちゃ。
テレビの解説は、過去この大会で日本女子最高の成績を残した伊達公子さんだったけど、現役時代彼女が打つときの『はあ~』というような悩ましげな声も忘れられなかったな。
なんにせよ、わずか17歳2か月というシャラポワちゃんが今度は世界から追われる立場になった。タイヘンだね。

それにしても、ウィリアムズ選手のほうは『セリーナ』とファーストネームで呼んで、どうしてシャラポワちゃんのほうは『マリア』でなくファミリーネームの『シャラポワ』で呼ぶんだ?

あそか。わかった。
ペ・ヨンジュンのあんちゃんを、『ペさま』でなくて『ヨンさま』って言うようなものだな。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

波に呑まれちゃった? たかなみ

去年の3月に就役したばかりの海上自衛隊の護衛艦『たかなみ』が、艦内に大量の海水が流れ込んで、今も使用不能になっているんだそうだ。

原因はまだ調査中ということだけれど、最新鋭護衛艦がねえ……。
これはやっぱり名前が悪いんじゃないの?

だって、われらの誇る海上自衛隊の護衛艦だっていうのに『たかなみ』じゃ。
なんだか、波に呑まれて水浸しっていうイメージだものな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メジャーに伍する協力球団だって

揉めに揉めているプロ野球の再編成?
どうやら読売ジャイアンツだけでなく、日本プロ野球全体の『オーナー』でもあるらしい渡辺恒雄会長が、昨日は次のように語ったというニュースが伝えられた。


無理だよ、代表レベルの会議じゃ。
12(球団)を10、できれば8にして、というのは、みんな強くして、メジャーに伍するくらいの強力球団にしようということなんだ。

この『強力球団』というのが、某テレビ局(さすがに日本テレビではなかった)のテロップでは、『協力球団』になってた。

うーむ
案外このほうが正しいのかも知れないね。

だって(近鉄が)買収されて、もしかして強くなっちゃったら困るから、みんなして妨害しているんだろう。
そこにあるのは伝統という御旗に隠れた、せこい仲間意識。
これはやっぱり『強力球団』というより『協力球団』が正しいんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もぶろぐてすと

携帯電話から、初めての送信だい。 うまくいくかな。港北PAからnec_0001.jpg

| | コメント (10) | トラックバック (1)

強制招集かい>ジーコ監督

おじさんは怒ってる!
右膝の故障で、自チームの優勝を争う試合にも満足に出場できないでいる横浜Fマリノスの久保竜彦選手を、なんとジーコ監督は『キリン杯』の代表に強行指名した。

それも、後ろめたいのがありありで、淡々と選手名を読み上げたその最後に小さな声で「クボ」だと。
冗談じゃない、『キリン杯』なんて、言っては悪いけれど単なる親善試合じゃないか。
それを、文字通り日本を代表するエース・ストライカーの選手生命を賭けてまで招集するというのかい。

「選手の状態はわかっている」と言うけれど、去年のアジア選手権の時だって使い続けたし、今年のイングランド遠征でも怪我を押して無理矢理スタメン出場させている。
監督の勝利のために負傷の選手を無理に使うなんて。

ジーコ氏の監督生命保持のために、久保選手の選手生命を削って欲しくないぞ。
あなたと違って彼にはまだ将来がある身なんだから……ね。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

シャラポワちゃん、決勝へ

すみません。m(_._)m
ウチのシャラポワがまた勝ってしまいました
今度はダベンポート選手を降して、次はとうとう決勝だよ。

まだ若いもので、調子に乗るとどこまでも……。
17歳でウィンブルドンの決勝といえば、マルチナ・ヒンギス選手以来だものな。

そんなに急にメジャーになって欲しくないぞ。
も少しマイナーでいて欲しかったのにな。

こんなことしていると、テニスが本業になってしまうじゃないか。
あ もともとそうだったの。(>_<)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

資金は512億円だって

プロ野球界を揺るがせているライブドアの近鉄買収計画。
チームの買収金だけでなく、連盟加盟料の30億円だかも払うとのこと。
マザーズ上場会社で、資本金も1億円以上の国内企業、サラ金関連なんかでもない。

それでもナベツネさんによれば「金さえあればいいっていうもんじゃない。だいたい俺が知らない会社なんてふさわしくない!」のだそうだ。

そういえば、なんのだったか忘れたけれど、昔ライブドアからCDもらったことあったっけ。
やっぱりお金はあるんだな、この会社。
タダでモノを配るところは、まるでヤフーみたいだ。

なんでも手持ち資金が512億円だってさ。
ほら、この512という数字がいかにもコンピュータ関連らしいじゃないか。
普通、「資金は500億円以上」と言うよねえ。

コンピュータ関連なら、16,64,128,256、そして512ときたら、次は1024だもんね。
だから今度はヤフーあたりが「ウチは1024億円の資金がある」とか言い出すんじゃないの。

え ニフティ?
そりゃ、無理っしょ~

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »