« アテネ五輪メダル予想 | トップページ | いいな、『感じるブラ』 »

ジーコ監督、国歌にブーイングを批判

現在中国で開催中のアジア・カップ・サッカーに出場している日本代表のジーコ監督が、君が代演奏中にもブーイングを続けた中国人観客の行為について批判している。

「国歌の時にブーイングをするのはどうしても納得がいかない。試合開始の笛が鳴ったらいくらしてもいいが」と、ジーコ監督。
当然だろう。
国旗を焼いたり、国歌吹奏の時に敬意を払わないというのは明らかな敵対行為。
まっとうな文化国家の国民のすることではない。
日頃の指導方法については満足いかない点が多いけれど、この件については100%ジーコ監督を支持するぞ。

加えて「日本へのブーイングが多いですね」というアナウンサーの問い掛けに、「日本も強くなったということですね」なんて脳天気なことを言っている解説者はクビだ。
海外での試合を解説するのなら、もっと歴史的、世界的背景も勉強しなくっちゃ。

そうした部分はここでよくわかります。

|

« アテネ五輪メダル予想 | トップページ | いいな、『感じるブラ』 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

 脳天気な解説者に対し、母76歳一言。
「やだねー、重慶なんて、ついこないだの話だよ、まったく」
「や、しかし、もうかれこれ60年、、、」
「まだ生きてる人間がいるんだよっ!」

 おかげさまでアクセス数3倍増です。リンクありがとうございました。

投稿: 「ここ」のゆかりん | 2004.08.01 00:19

「ここ」のゆかりん さん

こちらこそ、お母さまの生きた言葉に『目が鱗状態』になりました。
歴史の体験者であるかたの言葉はさすがに重い。
日本はもっと現代史教育に力を注がなくてはいけませんね。
ありがとうございました。

サックス、すご~い。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.08.01 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/1089951

この記事へのトラックバック一覧です: ジーコ監督、国歌にブーイングを批判:

» なぜ重慶で日本人がブーイングを受けるのか? [MSugaya's Blog]
 サッカーのアジアカップが中国の重慶で開催され、中国人観客の日本チームに対するマナーの悪さが話題になっている。このニュースに関連して、重慶と日本の関係が、ようや... [続きを読む]

受信: 2004.08.01 06:11

« アテネ五輪メダル予想 | トップページ | いいな、『感じるブラ』 »