« ビール・アクション | トップページ | 子供は信じる天動説 »

大キレット紀行

いよいよ今回のメインイベント『大キレット』のご紹介。

このコースに近い南岳小屋のサイトにも紹介されているように、難所だけれど天気が良ければ大丈夫。
今回は幸い抜群の快晴に恵まれたので、ほんとうにラッキーだった。
とはいえ、さすがにこの看板の文句には緊張させられる。

Kiretto00
もっとも、僕は北穂側から入ったので、この看板を見たのはもう大キレット通過後のこと。
(^_^)v


Kitaho11
出発した北穂小屋。
小説「氷壁」で有名な岸壁・瀧谷の上に乗っている。


Kiretto01
コースは稜線を辿るので、だいたいずっとこんな感じ。
リュックのバランスを崩して滑りさえしなければ大丈夫。
(クサリにも頼らず、この人は上手だね)


Kiretto02
中央の岩稜から、右手奥のほうへとZ字形に進んでいく。
真ん中手前辺りに青いリュックの先行者が小さく見える。


Kiretto03
このように下りはかなり急。


Kiretto04
この人はちょっとへっぴり腰?
落ちたらあかんぜよ。
右手奥にも登山者が見える。


Kiretto05
最大の難所は過ぎたので岩に腰掛けて一休み。
もしもお尻滑らせたら、一気に1,000mは下るかな。


Kiretto06_s
ばんざ~い! やっと南岳のゴールへ到達。
天気がいいので全コースが見渡せる。難しいのは奥の部分。
出発した北穂小屋は左上矢印の辺り。


ちなみにキレットとは切れっ処(切戸)とも書かれ、山と山の間が鋭く切れ落ちた所。

日本の『三大キレット』とは、今回の「大キレット(北穂高から南岳)」、「不帰(かえらずの)キレット(唐松岳不帰の嶮)」、そして「八峰キレット(鹿島槍から五竜岳)」の三つ。

|

« ビール・アクション | トップページ | 子供は信じる天動説 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うわ~っ、これ本当にピーちゃんさんが登ったんですか?
道なんてないじゃないの。こわっ!
ピーちゃんさんが急にかっこよく見えてきた(^^)

投稿: ぶんぶん | 2004.09.24 10:25

ぶんぶんさん

ちっちっ
娘さん、山男に惚れちゃいけね~ぜ。
なんてね。(>_<)

3,000mだと、だいたい酸素が平地の3分の2。
日頃の不摂生がたたり、ほんとはぜいぜい言いながら歩いているんですから。
現場を見たら全然かっこよくない。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.09.24 11:30

いやぁなるほど難所というのがよくわかりました。ところでアルペン踊り踊りましたか?
アルプス一万尺、小槍の上でアルペン踊りを踊りましょ!(ヘイ!)4番は 命をかけて 恋したものをなぜに冷たい岩の肌 (ヘイ!)6番は 槍や穂高はかくれて見えぬ見えぬあたりが槍穂高 (ヘイ!)なんですって。納得の歌詞ですか?

投稿: | 2004.09.24 23:03

惑さん

山小屋のビデオで、スマップの草薙クンと稲垣クンだったかな、槍ケ岳の頂上に登って「アルペン踊り」を踊るという番組を見ました。

でも、歌詞にあるように、これは本来「小槍」。
いわゆる槍ケ岳の頂上は「大槍」で、場所が違うんですよね。
小槍からだったら、たしかに穂高は見えないでしょう。

その小槍は、われわれの通常のルートからは裏側になるので、僕もまだ実際に見たことはありません。
(大槍に登った時はすごい霧だったので)
通常は西鎌尾根からということになるのでしょうが、いつか行ってみたい所ですね。
ほんとに小槍に登れたら、「アルペン踊り」必ず踊りますよ。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.09.25 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/1508662

この記事へのトラックバック一覧です: 大キレット紀行:

« ビール・アクション | トップページ | 子供は信じる天動説 »