« 落ちそうな木道 | トップページ | ダイエーって »

「ピンキリ」はポルトガル語かい

「ピンからキリまで」という言葉があるよね。
よく「一番良いモノから一番悪いモノまで」なんて使い方をする。

なにげに(すみません、ちと若者ぶりました)辞書なんぞ見ていたら、これってポルトガル語なのね。
そうか、そういえば、ピンが何で、キリが何?と聞かれても答えられなかったものな。

で、辞書によれば、「ピン」はポルトガル語で「pinta」。
「点」という意味なんだそうで、そこから日本でも「1」の意味に使われるらしい。

もう一つの「キリ」は「cruz」。
これは英語の「cross」と同じで「十字架」のことなんだって。
「十字架」だから転じて「10」。

それで「ピンからキリまで」は「1から10」までを表わすことになって、さらに「初めから終わりまで」「一番良いモノから一番悪いモノまで」という使い方になったんだそうだ。
「たなぼた」は勉強になるねえ。

ふーむ
他にも「天ぷら」とか「半ドン」とか、ポルトガル語というのはたくさん日本語に馴染んでいるんだね。
あり、「半ドン」はオランダ語だったか。?(゚_。)?(。_゚)?

|

« 落ちそうな木道 | トップページ | ダイエーって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「間違って覚えていた言葉」シリーズ、ドンドン
ドドーン!

子どもの頃、ピンからキリって、どっちが大きい
方か分からず、
ピンは安全ピンで細いから少ない方で、
キリは穴を開けるくらいデカイので、大きい方の
意味と勝手に思っていました~(*^。^*)ワハハ。

投稿: メイリ | 2004.10.24 12:11

メイリさん

なんか、懐かしいシリーズね (^_^)

僕だって、ピンとキリは両方小さいのになって、ずっと思ってましたもん。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.10.24 12:41

実はとある理由から、これからポルトガル語を勉強しようと思っていました。
今まで全く縁が無かった言語なので心配していましたが、この記事を見て何となくイケる気が(笑。

そういえばカステラの語源もポルトガル語でしたね。

投稿: 蒼空とそよ風と の管理人 | 2004.10.25 07:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/1753876

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピンキリ」はポルトガル語かい:

« 落ちそうな木道 | トップページ | ダイエーって »