« 真紅の跳ね馬がパリ激走! | トップページ | 尻クセー »

お花の外科手当、成功

 1 
 先日の強風で茎が折れてしまった花の続報です。

 2 
 その後、おれた部分をそうおっと戻し、添え木をし、上下をひもで結ぶという外科手当を施した。
ところがそうしても花の向きが明後日の方を向いてしまってたんだよね。
なんで~?

どうやら、折れていた間に太陽を求めて花がよじれてしまったらしい。
それなら後ろを向いた花も、また陽の光りを受ければ元に戻ってくれるんじゃないか……

 3 
 やったね。
今朝見てみたら、花は298.2度(やっぱ違うよね)戻り、ちゃんとこちらを向いていたもんね~☆
どうだい、植物は愛情を注げばちゃんとこれに応えてくれるんだ。

その点、動物はな。
とりわけ、ディアトゥリベー言うところの「二本足で歩く羽のない動物」というヤツは……。
難しいよなあ。(~_~;;

|

« 真紅の跳ね馬がパリ激走! | トップページ | 尻クセー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

優しい心。すごい!
子猫も会えましたか?ページのプロフィール 上の画像を見たからの質問ですけど。
今日、一番前の席を取って、ページを見ましたよ。嬉しい。

投稿: 丹梅 | 2004.12.08 09:25

丹梅さん
ありがとうございます。

>今日、一番前の席を取って、ページを見ましたよ。

うーんと……
すみません、どういう意味?

子猫はウチのピーが赤ちゃんだった時の写真で、もう何年も前のであります。
だって「もっと若い時のを載せろ」って本人イヤ本猫が言うんだもん。


投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.12.08 09:34

>今日、一番前の席を取って、ページを見ましたよ。

コメント、一番ということですよ。

投稿: 丹梅 | 2004.12.10 07:26

丹梅さん
おはようございます。

>コメント、一番ということですよ。

あ そうか。
なるほど。ありがとうございました。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.12.10 07:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/2189350

この記事へのトラックバック一覧です: お花の外科手当、成功:

« 真紅の跳ね馬がパリ激走! | トップページ | 尻クセー »