« ピエロ | トップページ | ラルフ、夫人から運転技術酷評 »

ロンドン税関のパンツ

イギリスの自虐的な笑い話。

フランスから来たご婦人の荷物を税関職員が検査したところ、スーツケースの中に7枚のパンツの数を数えた。
「なぜ7枚も持っているのですか?」
「そんなこと、当たり前じゃない。月、火、水、木…… 毎日履き替えるのよ」

次はイタリアからの若い女性だった。
税関員が数えたパンツの数は5枚。
「なぜあなたは5枚しかないんですか?」
「月、火、水、木、金で毎日履き替えるんじゃないの」
「それじゃ、土曜日と日曜日の分はどうするんですか?」
「やあね。野暮なことは聞かないでちょうだい」

3番目はイギリス人の女性だった。
その荷物の中には、なんと12枚ものパンツが入っていたそうな。
「あなたはどうしてこんなにたくさんパンツを持っているんですか?」
「だって、1月に1枚、2月に1枚、3月に1枚……
なにか文句がありますか?」

|

« ピエロ | トップページ | ラルフ、夫人から運転技術酷評 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ドイツ人なら…と、考えてみました。
「どうしておまえはパンツを見たがるのだ?」
と怒られそうだ。

ん~~イマイチm(__)m。
しかし比較ヨーロッパ人には、ドイツ人も必要かと…。

ちなみに日本人なら…
勝負パンツも入っていそう(笑)。
(あ、私は入れてないからね!)

投稿: まりあ | 2004.12.19 10:57

まりあさん

うん、ドイツ人だったらご婦人もそうなんでしょか。
いま考えると、ドイツはともかく、よくイタリア人と同盟組んで戦争したものだと。
あ だから、負けちゃったのか。(~_~;;

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.12.19 16:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/2309648

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン税関のパンツ:

« ピエロ | トップページ | ラルフ、夫人から運転技術酷評 »