« ネコ電車じゃん、『ファステック』 | トップページ | YAWARAちゃん、おめでたなの? »

『グッドウッド・フェスティバル』

イギリスの大金持ち、チャールズ・マーチ卿が広大な私有地を開放して始めた『グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード』は、いまや世界最大級のヒストリック・モータースポーツイベントと言われている。

これにはもちろんフェラーリもマクラーレンも、また日本からはホンダもトヨタもみな参加して、よくリストアされた歴史的レーシングカーなどを走らせている。

toyota_sports800そんな中、『トヨタ・スポーツ800』という可愛いマシンが今年登場した。
通称『ヨタハチ』。
空冷600CCという非力なエンジンながら、軽量化かつ洗練されたボディでホンダのスポーツカー『ホンダS800』との間で繰り広げられた数々の名勝負は今も語りぐさだ。

その『トヨタ・スポーツ800』を今回操ったのが、元トヨタ・ワークスだった北原豪彦さんというドライバー。
実は、いま『ララポート』がある辺りに存在した『船橋サーキット』の、オープニングレースに『CCC』(カー・クラブ・チャンピオンシップ・レース)というのが大昔行われた。

このレースに出場した北原ドライバーは、第一コーナーでなんと派手に転倒。
直ちに救助された北原さんは、しかし右肩に大きな裂傷を負っていた。
救出するのはコースマーシャルと言われる資格を持ったオフィシャルだが、まだ日本のモータースポーツ黎明期。
駆けつけたのはコースサイドで旗を振っていたこれが初レースという学生さんだった。

救護といっても、当時のコースポストには包帯と赤チンくらしか置いてない。
さりとて救急車を呼んだら、レースはブチ壊しになる。
止むなくそのマーシャルは北原選手の傷口に赤チンをいきなり流し込んだ。
根性あるレーシング・ドライバーも、この時は痛さにさすがに声を上げた。


ごめんなさい>北原さん
その時の学生がいまこれを書いてます。

|

« ネコ電車じゃん、『ファステック』 | トップページ | YAWARAちゃん、おめでたなの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんというか60・70年代のマシンというのはモノに情熱を感じつつ、温かみがありますね。
もちろん今のマシンも凄いですが、どうも冷たいというか、、。

だからその時代のマシンをリアルタイムに経験したピーちゃんさんは情熱的で暖かなのか?!

投稿: 蒼空とそよ風と の管理人 | 2005.07.04 14:45

蒼空とそよ風と の管理人さん

そうそう。
昔はエンジンなんかにしても、例えばキャブレターなんかを指して「これが凄いんだぞ」なんていう感じでしたけれど、今は「ECU」なんていうただの黒い箱を手に「これが凄いんだ」ですものね。

ドライビングだって昔はロックぎりぎりのブレーキングがドライバーの腕の差(足か)だったのに、今はいかに優れたABSを開発するか、エンジニアの勝負ですもの。

そしてレースに勝つには戦略が決め手。
フェラーリが強かったのだって、シューマッハをうまくコマとして走らせたロス・ブラウン/テクニカル・ディレクターの功績なんじゃないのかなあ。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2005.07.05 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/4730327

この記事へのトラックバック一覧です: 『グッドウッド・フェスティバル』:

» 赤チン - 青梅・昭和レトロ商品博物館 [社長日記 - ムラウチの社長ブログ]
「赤チン塗っても治らない、青チン塗ったら毛が生えたあ†」 赤チンって塗ったことありますか? 塗ったことがあるとおじさんおばさん、塗ったことがないと若者(笑い) もちろんのぶひろは塗ったことがある正真正銘の昭和おじさんです(^^) 八王子から程近い“昭和レトロの町・青梅(おうめ)”へ行って元気な 昭和を楽しんできました! ...懐かしんできたという方が...... [続きを読む]

受信: 2005.07.06 18:48

« ネコ電車じゃん、『ファステック』 | トップページ | YAWARAちゃん、おめでたなの? »