« 亜久里F1の応援にもさまざま | トップページ | 万歩計内蔵ハットのこと »

泣かせるぜ、『ALWAYS』

懐かしき昭和の時代がテーマという映画『ALWAYS』を観た。
案の定、場内はおっさん、おばさんばかりだった。
朝一の放映というのにほぼ満員というのも、早起きの年寄りが多いせいか。

事前の情報通り、実に懐かしいシーンの連続だった。
実はウチの親父がモダン好きだったせいもあってか、映画に出て来るミゼットやテレビなんかみんな町内で一番だったんだよね。
ほんと、プロレスをやる時なんか、近所の子供がみんな来て茶の間越しに雁首そろえて観戦していたんだ。
内心得意だった当時が、いま思い起こせば恥ずかしい。

で映画は、たわいもないストーリーだと思っていたのに、結構泣かせやがって……。
チキショ
それとも歳を取って涙もろくなったんかいな。
悔しいぞ。

ところでこの中でいい演技していた須賀健太っていう少年、もしかして「な~んだ、簡単じゃん」っていう子かな?

|

« 亜久里F1の応援にもさまざま | トップページ | 万歩計内蔵ハットのこと »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。トラックバックありがとうございます。
どうやら同じ世代のようですね(^^ゞ。

>ところでこの中でいい演技していた須賀健太っていう少年、もしかして「な~んだ、簡単じゃん」っていう子かな?

そのようです。と言っても、私はその番組を見たことないんですけど。健太くんの応援サイトに出てました。

http://homepage3.nifty.com/sugakenta/masaka.htm

投稿: Tompei | 2005.11.07 18:33

こんにちは。
トラックバックありがとうございます。

>たわいもないストーリーだと思っていたのに、結構泣かせやがって……。

ボクも泣くつもりは無かったのだけど、知らぬ間に涙腺が緩んでいました。この作品の事を考えるだけで泣いてしまいそうです。それほどツボにハマってしまいました(^^ゞ

投稿: でんでん | 2005.11.07 21:00

Tompei さん

あ やっぱりあの健太クンなんだ。
この映画、名前で結構遊んでますよね。
差し支えないのかしら。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2005.11.08 11:22

あ でんでんさんも泣いちゃったんだ。

そんな深刻なストーリーじゃないんですけどね。
でも、何回も泣いてしまいましたよ。
不覚じゃ。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2005.11.08 11:24

北海道のド田舎で生まれ育ったので、時代は少し若いのですが、JRは汽車(SL)、モーターポンプを水道といい、手押しポンプも使っていた惑です。見てきました。東京育ちではないですが、泣けました。お約束のストーリーなのに泣けちゃって(笑)。いやぁ良かったです。町田の事件とあわせ技の記事でトラックバック打たせてもらいました。

投稿: | 2005.11.13 09:49

惑さん

あれあれ
惑さんもそんな純粋な心を持っていたなんて……
ね、なかなかいい映画だったでしょ。

町田の事件についてはほんと、お騒がせして申し訳ありません。
あの、階下の人の話にはちょっとねえ。
どうして電話1本掛けてあげられなかったのか。
そのくらいは『大きなお世話』しても良かったのに。
やっぱり時代なんでしょか。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2005.11.13 17:36

おはようございます!
トラバありがとうございました~~!

そんなにいいのか?
と思ってたけど、良かったです~~(^_^)

私、お腹が減っていたのかお腹がグーって
鳴いて・・(恥)
私も泣いてお腹も鳴いた映画でした。

投稿: メイリ | 2005.11.17 08:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/6929260

この記事へのトラックバック一覧です: 泣かせるぜ、『ALWAYS』:

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」を観る(少々ネタバレあり) [ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版)]
 今日は「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきた。 昨日の「TAKESHIS’」 [続きを読む]

受信: 2005.11.06 20:36

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Akira's VOICE]
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動! [続きを読む]

受信: 2005.11.07 10:56

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』 [葉桜日記]
 予告編を見た時から、この映画を楽しみにしていました。昭和30年代東京生まれの私 [続きを読む]

受信: 2005.11.07 18:34

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
 2005年11月8日 『ALWAYS 三丁目の夕日』観賞レビュー! 47年後に、逢いましょう。 すべての日本人に贈る 夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!! 文部科学省選定作品 ★スタッフ★ 監督・脚本・VFX:山崎貴 脚本:古沢良太 音楽:佐藤直紀 主題歌:D-51 「ALWAYS」   ★キャスト★ 茶川竜之介:吉岡秀隆 鈴木則文:堤真一 石崎ヒロミ:小雪 星野六子:堀北真希 大田キン:もたいまさこ 宅間史郎:三... [続きを読む]

受信: 2005.11.09 00:41

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』 [京の昼寝〜♪]
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAYS 三丁目の夕日』 舞台は、建設中の東京タワーが少しずつ空へ伸びていく昭和33年。 夕日町三丁目で、慎ましく�... [続きを読む]

受信: 2005.11.09 12:08

» 映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...... [続きを読む]

受信: 2005.11.09 23:27

» 今日の万歩計 「Always 三丁目の夕日」を観た [ヒューマン=ブラック・ボックス]
今日は、 12,187歩だった。 レイトショーでAlways 三丁目の夕日を観てから、11時頃歩いて帰宅。 ずいぶん寒い。 吐く息が白く見えそう。 それもそのはず、早い年なら雪が降ることもある時期だ。 帰宅したら、温かいおでんが待っていた。...... [続きを読む]

受信: 2005.11.12 23:22

» 映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日 [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日 Always 三丁目の夕日を観た。 そういえば、家の前の道路は舗装されてなくて、通りから家の中までよく見えたな。 日中戸締まりしている家なんてなかったっけ。 ...... [続きを読む]

受信: 2005.11.12 23:55

» 縁もゆかりもない赤の他人 [わくわく日記 ]
都立高1年の同級生、古山優亜さん(15)が同級生の少年(16)に殺されるという事 [続きを読む]

受信: 2005.11.13 09:22

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」を観た [Fancy Pet]
あちこちでいいと評判の「ALWAYS 3丁目の夕日」を思い立ってレディスデイの朝 [続きを読む]

受信: 2005.11.16 15:28

» 懐古 [隠れ家]
今日はデイサービスの送迎が早い日だったので、仕事を休んで 映画 『ALWAYS 三丁目の夕日』 を観て来ました。 内容については公式サイトでどうぞ。 昭和の風景、生活、遊び [続きを読む]

受信: 2005.11.16 18:55

» 三丁目の夕日を観た [メイリ・ゴーラウンド]
今日は仕事が休みだったので、映画を観に行く ことにしました。 ピーちゃんが泣き、 [続きを読む]

受信: 2005.11.17 08:38

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』 [ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション]
西岸良平の原作コミックは昔ちょっと読んだ事があったのでどんな話か知ってはいたものの、その独特の作風がどうにも苦手で、それ以降全く読んでいなかった(別に嫌いじゃありませんが)。よって、この映画も当初全然観る気は無かったのだが、何故か観た人の評判がメチャクチ....... [続きを読む]

受信: 2005.11.19 19:36

» ALWAYS☆三丁目の夕日 [☆INTERIM~まだ夢の途中~☆]
昭和33年春から年末までのお話・・・ 吉岡秀隆さんと言えば・・・北の国からの純君のイメージ一色でしたが いい俳優さんになりましたよね! 個人的に・・・私のNo.1は、堤真一さん漣漣 元々ファンなんですが・・・やんちゃな父親役も素敵でした 産ま..... [続きを読む]

受信: 2005.11.20 21:43

» ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 [猫姫じゃ]
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は...... [続きを読む]

受信: 2005.12.10 02:52

» 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 [って、どーよ]
待ちに待っていた映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を封切初日に観てきました。 [続きを読む]

受信: 2005.12.10 10:22

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 [soramove]
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...... [続きを読む]

受信: 2006.01.14 19:27

« 亜久里F1の応援にもさまざま | トップページ | 万歩計内蔵ハットのこと »