« ホンダ 38年ぶりのポールポジション | トップページ | お間抜けな祭り »

火を噴いたホンダ・エンジン

初優勝かと期待された(ほんとはそうでもなかったけど)ジェンソン・バトン選手の初優勝は、やっぱりならなかったね。

あともう少しで5位チェッカーというところで突然火を噴くんだもの、直後にいたフィジケーラ選手もさぞビックリしたことだろう。

やっぱりエンジンは限界だったのね。
それにしてはスーパー・アグリのほうにエンジントラブルがまったくないのは、やはりこっちのチームでは限界まで使っていないということか。
(回転数を抑えてなるべく周回するように指示があるのか?)

それにしても、ゴールライン直前にマシンを止めたのには驚いた。
チームが進歩したということだね。
あのまま惰性でゴールすれば6位はなれて、数ポイントは稼げたんだろうけれど、あえてゴール直前に止めて次戦エンジン交換によるグリッド10番降格のペナルティを避けたんだね。
このレースでもらえる数ポイントより、次のサンマリノGPで優勝を狙ったほうがいまのホンダとしては賢いものね。

そういう判断が瞬時にできるようになったということが、おじさんはうれしいよ。
そうさ、司令塔が賢くなければ、決してレースは勝てないものな。

えらいぞ、ホンダ。
トヨタの3位表彰台はそれなりに価値あるけれど、ホンダのこの決断には感動したぞ。

|

« ホンダ 38年ぶりのポールポジション | トップページ | お間抜けな祭り »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/9393702

この記事へのトラックバック一覧です: 火を噴いたホンダ・エンジン:

« ホンダ 38年ぶりのポールポジション | トップページ | お間抜けな祭り »