« げ 心臓病?ケンタッキー | トップページ | マイナーな『屏風岩』 »

佐野川とちびまる子ちゃんのパンツ

昨日、県の広報写真に惹かれて、山梨の佐野川渓谷という所に紅葉を求めて行ってきた。
10月終盤から11月前半が見頃、という話だったけれど、残念ながら紅葉はまだ全然だった。

悔しいから、川の看板の写真を撮ってきた。
下の2枚の写真は、いずれも同じ佐野川に設置されたダムの増水警告の看板。
どちらもほとんど同じなんだけど、良く見ると微妙に台詞や絵が違うんだね。
1枚目のは普通の女の子のようだけど、でも2枚目のほうは明らかにちびまる子ちゃんがモデルでしょ。

でも、なんかちびまる子ちゃんのほうは、パンツが恥ずかしいような……
僕の気のせい?

 看板 その1

 看板 その2

 いずれも拡大します

 パン作った奴がパンツ食った!

|

« げ 心臓病?ケンタッキー | トップページ | マイナーな『屏風岩』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

 いつもオヤジギャグを楽しみにしていますが、今日は突っ込みを。

 佐野川渓谷って、静岡ではなくて山梨だと思います。たぶん……。

 ちびまる子ちゃんの出てくる清水市は、合併で静岡市になってしまいました。

投稿: すがやみつる | 2006.11.05 17:58

すがやさん

ありゃ、ほんとだ。
御殿場からずっと469号線を辿って行ったので、すっかりまだ静岡県だと思ってました。途中で山梨県になっていたんですね。
訂正しときます。
ありがとうございました。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2006.11.05 19:09

 どうもすみません。ほぼ地元出身なもので(^_^;)。

 途中で富士宮やきそばは食べました?

投稿: すがやみつる | 2006.11.05 19:55

有名な『富士宮やきそば』ですが、残念ながらまだ食したことはありません。
富士宮は白糸スピードランド(カートコース)へ走りに行った時、泊まったこともあるし、今回も帰りは市内の真ん中を通ったんですが。
次回、チャレンジしたいですね。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2006.11.06 06:34

ほんと、2枚目のまるこちゃんは下着のパンツに見えますね~。
で、隣の男の子も心なしか、にやけた感じで「サイレンがなっているから早く帰ろう」じゃなくて、ナンパしているように見えちゃうから不思議^^;

投稿: ぶんぶん | 2006.11.08 16:51

ぶんぶんさん

ほんとだ。
男の子のほうは気にしていなかったんですが、言われてみるとなんか下心がありそうですね。顔を近づけすぎているのかな。
しかし、この看板描いた人は、こんな所でボロクソ言われているとは知らないでしょね。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2006.11.08 17:33

TBありがとうございました。
富士宮やきそばの仕掛けをさせていただいたモノです。
マップなんかも作っておりますので、ぜひ富士宮にお越しの際はおよりくださいね。

投稿: ZEAK | 2006.12.01 20:41

ZEAK さん
コメントありがとうございます。

ありゃ、ほんとに富士宮やきそばの仕掛け人なんですね。驚いた。
町田にも名物作ってください。
でも、ハンペンは白いのよ。
(^_^)v

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2006.12.02 05:14

富士宮やきそばは、地元に根付いたものでしたので、町おこしの素材としては十分でした。市民の方々の乗りも良く全国区になりました。
新たに素材を考えてとなると難しいので、地域で伝統的に食べられているもの。を探して広めていくのが一番ですよ。
静岡なので、県外に行ったときに白いはんぺんを見てカルチャーショックでした(笑)

投稿: ZEAK | 2006.12.02 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/12546438

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野川とちびまる子ちゃんのパンツ:

» ナショナルジオグラフィックとは [ナショナルジオグラフィック日本版で見る地球の写真]
1888年に米国で創刊された老舗地理雑誌、ナショナル ジオグラフィック。世界各地の景観や風俗を伝えてくれる、美しい写真が毎号掲載されていることでも有名ですね。1995年4月、英語圏以外では、初の外国語版として「ナショナルジオグラフィック日本版」が創刊。 [続きを読む]

受信: 2006.11.04 08:56

« げ 心臓病?ケンタッキー | トップページ | マイナーな『屏風岩』 »