« 松坂投手巨額落札の陰で | トップページ | この映画観るまでは…… »

捨てる術・捨てられる術

Suteru茅ケ崎市が、15年ほど前に同市在住の日本画家・中尾誠さんから預かった絵画11点を誤って処分してしまったんだそうだ。
どうやら保管していた公民館で、他のゴミと共に処分された可能性が強いという。
しかし、大きいのは畳ほどもある大作だそうだけどね。
中尾さんは「文化を軽んじた荒っぽいやり方で、ごめんで 済む話ではない。補償を求める!」と憤っているという。

で、これだけならまあ『ひどい話!』ということで終わりなんだけど、これにはもっと面白いオチが付いていた。

実はこの中尾誠さんの奥さんは、辰巳渚さんという、NHKなんかにも出ている有名な人で、『捨てる技術』なんていう本を書いている。
その彼女によれば、「物があふれて困っているいまの世の中、捨てる極意は『見ないで捨てること』」なんだそうだ。なるほど。
よくわかりましたでござる。m(_._)m

ちなみにウチの奥さんはまったく逆で、物をなかなか捨てられないひと。
ま、その性格のおかげで、今日の僕がある訳だが。
トホホ

Poisute

|

« 松坂投手巨額落札の陰で | トップページ | この映画観るまでは…… »

ニュース」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/12716301

この記事へのトラックバック一覧です: 捨てる術・捨てられる術:

« 松坂投手巨額落札の陰で | トップページ | この映画観るまでは…… »