« パチンコ脱税を公的資金で!? | トップページ | イノシシを食卓に »

台湾地震 IT時代の津波

Tsunamiインド洋大津波からちょうど2年目に起きた台湾の地震は、地震そのものの被害よりも国際電話やFAX、そしてインターネットなどに思わぬ通信障害の大被害。
なにしろ影響を受けたのは、当の台湾ばかりか日本、韓国、中国本土、香港、シンガポール、フィリピン、マレーシア、タイにまで及んでいるというのだからタイヘンだ。

インターネットなんていうと、なんか通信衛星のような最新設備を使っているような気がしていたけれど、現実は海底ケーブルという原始的なものなんだね。

ヘラルド紙はこの騒動を「アジアを襲ったデジタル時代に対するツナミ」と評したそうだよ。
言い得て妙なり。これは警鐘だったんだな。


日本にまで津波が押し寄せた?

ジャッパーン!

|

« パチンコ脱税を公的資金で!? | トップページ | イノシシを食卓に »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/13258572

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾地震 IT時代の津波:

» チェンマイから日本へのインターネット接続、ようやくアクセス出来るようになってきた [チェンマイ雑記帳]
台湾での地震により海底ケーブルが切断され、12月27日から続いていた日本のサイトへのインターネットアクセスが出来ない状態、今日(12月29日)の13時(タイ時間)過ぎ頃にやっと解消された。日本と東南アジアを結ぶ回線、台湾以外の回線を迂回して接続しているよ....... [続きを読む]

受信: 2006.12.30 20:33

» マンションの耐震性:耐震工法の種類 [地震保険分かりやすいガイド]
マンションをこれから購入される方などは、耐震性を十分に確認しましょう。マンションの耐震性には、3種類の工法があります。「耐震工法(たいしんこうほう)」というのは、建物を徹底して頑丈に造ることで、地震に耐えられるだけの強度を高め、揺れを受け止めて、倒壊を防ぐ工法です。 ... [続きを読む]

受信: 2007.01.14 09:03

« パチンコ脱税を公的資金で!? | トップページ | イノシシを食卓に »