« 日本軍の潜水艦発見 | トップページ | レクサスの『特別』会議室 »

チェス代表にもドーピング検査

昔、高校や大学の時、クラブは体育会の自動車部だというと、「なんでクルマに乗るのが体育なんだ」と良く言われたものだけれど、今回ドーハで行われるアジア大会には『チェス』があるというから驚いた。

で、もちろん大会の正式種目だから、ちゃんとドーピング検査も予定されているんだと。
はあ、チェスにドーピング検査!?
チェスに『知力』が必要というのはわかるけれど、まさか『体力勝負』の競技じゃないだろう。
?(゚_。)?(。_゚)?

Chessと思ったら、しかしその日本代表選手が高校生と65歳のおばあちゃんというので納得がいった。
そうか、駒を掴むのに疲れたおばあちゃんが、なんか禁止薬物でも使用するとみたんだな。
そんな訳あるかい。
日本のおばあちゃんは強いんだぞ。

で、アジア大会の食事には、『アジやタイ、貝』あるの?

異国の戦い、食事には気をつけて。

|

« 日本軍の潜水艦発見 | トップページ | レクサスの『特別』会議室 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/12887250

この記事へのトラックバック一覧です: チェス代表にもドーピング検査:

» 本日の出来事 [黄昏METAPHYSICS]
アジア大会=新競技のチェスにもドーピング検査(ロイター@nifty)  来月ドーハで開幕する第15回アジア大会では、新たに正式競技となったチェスの代表選手にもドーピング(禁止薬物)検査が行われることになった。国際チェス連盟(FIDE)が28日に発表した。  薬物検査の意味はないということがわかっているのに実施するのは、オリンピック競技にするよう「アピール」しているそうで。  つか、チェスはスポーツ... [続きを読む]

受信: 2006.12.02 14:35

« 日本軍の潜水艦発見 | トップページ | レクサスの『特別』会議室 »