« また玉虫色解決ね | トップページ | どうしてもカレーが喰いたい »

アジア大会のマラソンて


日本にとって陸上競技最大の関心事といえば、やっぱり女子マラソンだよね。
常に世界のトップレベルにあって、しかも選手層がメチャクチャ厚い。
で、今回のアジア大会でも女子マラソンは楽しみにしていたんだけど、なにスタートしたのが全部でたったの10人?
しかも日本、中国、韓国、そして北朝鮮が2人ずつだから、全部で6か国の選手しかいない。
そんなだから、コースもなんと同じ所を4往復だって。
そりゃ、たった10人のマラソンじゃあ主催者も力が入らないだろうけれど、それにしても手抜き運営だなあ。

それでもこれに日本人選手が優勝すれば、無条件で世界陸上の出場権がもらえるということだったけど、結局中国選手がブッちぎり。
あ~あ、やっぱり女子マラソンは小出監督がいなきゃ、ダメかあ。
日本マラソンがまた小出監督の力に頼るか……
それとも独自戦略で行くかは、自由だぁ~

でも、小出監督のキャラ濃いで~

|

« また玉虫色解決ね | トップページ | どうしてもカレーが喰いたい »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/13004660

この記事へのトラックバック一覧です: アジア大会のマラソンて:

» 最悪のドーハ・マラソンコースと声援 [かきなぐりプレス]
アジア競技大会がカタールのドーハで開かれている。 今日は女子マラソンがライブ中継で放映されたが、こんな内容を3時間も流した毎日放送にレッドカードだ。 出場選手は全部でたったの10人。日本、韓国、北朝鮮、中国、あとはどこの国か分からない。 スタートから実力では日本人選手に5分ほど実力差がある中国の周選手が飛び出し、先行逃げ切りでそのままゴール。 これがアジア大会の現実。 98年のバンコク大会では猛暑の中、高橋尚子がぶっちぎり優勝。 日本人選手は嶋原と小幡が4分近い差... [続きを読む]

受信: 2006.12.10 09:17

» 嶋原が銀! 小幡が銅! [〓さざまるの雑記〓]
アジア大会女子マラソンは、嶋原清子が銀メダル、小幡佳代子が銅メダルを獲得しました [続きを読む]

受信: 2006.12.10 15:41

« また玉虫色解決ね | トップページ | どうしてもカレーが喰いたい »