« やっぱりヒルんだ、日ハム野球 | トップページ | ごみ処理場で一千万円 »

おじぎそうの実

先日花を咲かせたおじぎそうが、今度は可愛い実をつけた。
ほんとだってば。
『実話』だもん。

こんなに成長するとは思わなかった。
実を見たのも初めてだけど、まるでトゲトゲ枝豆のよう。
いまじゃすっかり近所の幼稚園児の人気者。
毎日さわられてる。

 おじぎそうの実

(クリックすると拡大します)
後ろにまだピンクの花が見える。

着の身着のまま 木ノ実ナナ
(別に意味はない)


|

« やっぱりヒルんだ、日ハム野球 | トップページ | ごみ処理場で一千万円 »

」カテゴリの記事

コメント

おじぎそう、幾つもある図鑑を調べたが載ってないのですね。園芸植物図鑑でやっと出てました。花が可愛いし、実が又面白い。

投稿: せいざん | 2007.09.11 15:48

せいざんさん

誰かがおじぎそうの花のことを「打ち上げ花火」と称していましたが、まさにそんな感じ。
小さいけれど、こんな魅力的な植物だとは知りませんでした。
今度はタネから育ててみようかな。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2007.09.11 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/16412689

この記事へのトラックバック一覧です: おじぎそうの実:

« やっぱりヒルんだ、日ハム野球 | トップページ | ごみ処理場で一千万円 »