« 南極観測船はまた『しらせ』 | トップページ | 300回のゴルフ接待に、クラブまで? »

高校ラグビー「300対0」だって

Hanazono_castellaサッカーと違ってラグビーは1ゴール1点じゃない訳だけど、いまやっている全国高校ラグビー大会の佐賀県予選準決勝で、なんと「300対0」という試合があった。

これは花園常連の強豪・佐賀工が龍谷を「0封」で降し決勝戦に進んだ試合なんだけど、合計44トライ。
前後半合わせて60分の試合時間というから、平均すると実に約1分半に1トライを上げる計算になる。
でも最初のトライまでには2分掛かったそうだから、ずいぶんとスロースターターなんだな。

で、負けた龍谷の監督は、「100点は相手の名前に圧倒された分だと思う」だとさ。
ふむ、それがなければ「200対0」のスコアで大健闘した筈ってか。

ラグビーは日本語では闘球(とうきゅう)とも書くらしいけれど、結局龍谷には闘志がなかったのか。
ちゃんと全力闘球しろい。

完敗~♪ 乾杯~♪

|

« 南極観測船はまた『しらせ』 | トップページ | 300回のゴルフ接待に、クラブまで? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/17087442

この記事へのトラックバック一覧です: 高校ラグビー「300対0」だって:

« 南極観測船はまた『しらせ』 | トップページ | 300回のゴルフ接待に、クラブまで? »