« ボンクラ沢・水神滝ひょんぐり 探訪記 | トップページ | アマリリスが咲いた »

四五六の滝と不動の滝とたっくい淵

佐久間ダムの上部。
愛知県北設楽郡豊根村にある『四五六の滝』。
人により、四段にも五段にも、また六段にも見えるとか……。
でもウソつきにはちゃんと見えません。
さて、あなたは何段に見えますか?

 四五六の滝

 天竜川支流・不動の滝1 (いずれも拡大します)

こちらも天竜川支流の滝で、静岡県龍山村にある『不動の滝』

 天竜川支流・不動の滝2

滝ははるか下に見える佐久間湖へと流れ込む。

 たっくい淵1

こちらは静岡県佐久間町の『たっくい淵』で、不動の滝とは湖を挟んだ反対側に位置する。
観瀑台は整備されているのだけれど、駐車場から500段もの階段を下りるので、帰りがタイヘン。

 たっくい淵2

コンパクト・デジカメしか持って行かなかったのでこれが精一杯。
まるでダムの放水口のように、いったん淵に溜まった水が岩穴から放水されているように見えるのだけれど……。
誰か真相をご存じのかた、教えて。

|

« ボンクラ沢・水神滝ひょんぐり 探訪記 | トップページ | アマリリスが咲いた »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 夫と一緒に数えたのですが・・・4段説と6段説に我が家は分裂しました。「一段」の定義がわからないと悩ましいですね。画面からほとばしる緑とマイナスイオンには癒されました(^^)。

投稿: えりん | 2008.06.09 20:49

えりんさん
コメントありがとうございます。

そうなんですよね。
もともと定義がはっきりしていないから……
まあ、このファジーさが現代社会の中ではいいのかも。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2008.06.10 05:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/41452516

この記事へのトラックバック一覧です: 四五六の滝と不動の滝とたっくい淵:

« ボンクラ沢・水神滝ひょんぐり 探訪記 | トップページ | アマリリスが咲いた »