« 駄目だろう、二岡 もうなっ。 | トップページ | その名も優し『乙女の滝』 »

「俺の骨は折れん!」と言って>星野監督

Hoshino北京五輪の野球日本代表監督・星野さんが、肋骨を3本も折ってしまったんだそうだ。
交通事故に遭った訳じゃない、よろけて鉄柵に右胸をぶつけただけというのだから驚きだ。
だって星野監督なんて、棒で叩いたって骨なんか折りそうにない強健なイメージだものね。
今後は五輪最優先で、テレビ出演などはキャンセルするそうだけど、依然として流れているCMが虚しい。

でも、聞けば24年前のロサンゼルス五輪でやはり日本代表監督だった松永さんが鎖骨を骨折したまま指揮を執って金メダルを獲ったそうだから、負けずに頑張れ!
星野監督のことだもの、「俺の骨は折れん!」と言ってほし~の。

(北京に行ってからなら、「北京でペキン!」って言えたのに……)

|

« 駄目だろう、二岡 もうなっ。 | トップページ | その名も優し『乙女の滝』 »

オリンピック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/41820404

この記事へのトラックバック一覧です: 「俺の骨は折れん!」と言って>星野監督:

« 駄目だろう、二岡 もうなっ。 | トップページ | その名も優し『乙女の滝』 »