« 侍ジャパンだからって『裃』なの? | トップページ | 霜 »

「真意を図りかねません」て、ナニ?

あのー、正直、古賀選対委員長が、どういった気持ちで言われたんだが、私も、ちょっと、真意が、全然図りかねませんし、その話を聞いていませんので、その話、答えようがありませんけれども、公明党との間に連携をきちんととって、連立与党として、選挙に臨みたいと。

これ、昨日の記者会見での麻生総理の言葉だ。
「真意が、全然図りかねません」て、なに?

T_asou3漢字の読みもおかしいけれど、総理は日本語自体がおかしいよね。
「真意を図る」なら、真意を理解したということ。
でも普通は「真意を図りかねる」と使う。
つまり、真意がわからないという意味になる訳だ。

ところがわが総理は上記のように、「真意が図りかねません」だと。
「かねる」が動詞の連用形に続いたら、「できない」という意味になるのだから、「かねません」はかねたのをまた否定しちゃったんだね。

結局のところ「真意がわからないことができない」という、何とも意味不明。
チンプンカンプンな使い方だ。
総理の日本語がおかしいのって、万が一、マンガのせいだったりして?

|

« 侍ジャパンだからって『裃』なの? | トップページ | 霜 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/43446974

この記事へのトラックバック一覧です: 「真意を図りかねません」て、ナニ?:

« 侍ジャパンだからって『裃』なの? | トップページ | 霜 »