« 股下80センチの徒渉 | トップページ | 電話とメールと運転と »

うたかたの世界記録たち

いまローマでやってる世界水泳。
金メダルを狙った入江陵介選手、自身が5月に出した幻の世界記録をも破ったのに2位だって。
惜しかったね。

それにしてもこの世界記録ラッシュはなんなんだ。
いまや競泳は水泳力ではなく水着の勝負だなんて悲しい。
北島康介選手の世界記録も更新されたけれど、破ったのは去年の北京五輪で予選26位の選手だって。
そんな選手がたった1年でそんなに速くなる訳ないだろう。

いくら来シーズンからは禁止されるとはいえ、新記録はみんなポリカーボネートだかの新素材水着の威力。
もはやあのレーザーレーサーだってすっかり陳腐化してしまっているというんだものな。

Akafunやっぱり水泳は選手が主役であるべき。
水着なんか本来の、隠すべき所を隠すだけの形でいい。
「来シーズンから水着は腰から膝まで」などと言わず、全員伝統の 赤フン に統一しろい!

|

« 股下80センチの徒渉 | トップページ | 電話とメールと運転と »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

選手が主役であるべきなのはまったくその通りなんですが、100年前の選手と比べたらやっぱり水着の進歩ってのも見逃せない一因だったんですよね。ここまでは良くてここからダメって基準にはビジネスの匂いがプンプンします。

いまや新素材水着を着ければもっと速く泳げるって知ってしまっただけに、今後の世界新とかトーンダウンしちゃうな。

水着の禁止を始めてしまうと、いつ解禁するのかって問題も残るかも。水泳人気が落ちてきたら「んじゃ、ここらでここまで解禁にして世界新で盛り上げますか」みたいなビジネスの話になりそうな気がするなぁ。そしたら大手メーカーが「ダメだ!ウチの開発はまだそこまで行けてないからシェア奪われる」とか...。

いっそ水泳協会が全員に最高に速く泳げる最新水着を推奨して、貧しい国や選手には水泳協会から支給もして、それ以外の水着も可にしちゃうのがいいと思うんですよね。ネット時代なんだから排他主義じゃなくてオープンな感じで。

そしたら昔の水着で勝ったヤツの評価はさらに高まるだろうし、本当に速い泳ぎも見れて水着の開発も進んでいいことづくめだと思うんですよね。

赤フンは取れちゃうと失格!?

投稿: ポップンポール | 2009.08.02 08:27

すみません。ちょっと話題がずれているのは承知ですが。頭に浮かんだのが、ミスユニバース日本代表の公式衣装についてです。「隠すべきところを隠していない!」こんなデザインにするくらいなら「着物の下には何もつけないのが着物本来の着方だとさえ言いたくなる。」商業主義もきわまるとここまでくるかと、ちょっとこのデザインを見てどん引きしました。「ミスコン自体お祭り、どんなものをきてもいいじゃん。」と言う意見もあるようです。制作者側は「この斬新さがわからない人は保守的で、恐竜のような人。」だそうです。ええ、ええ、私は恐竜ですとも。「和服再興」がテーマと言って制作させられた京都の職人さんたちが本当にお気の毒です。「伝統美」「様式美」ってあると思うんですけどねぇ。もういっそのこと、水着審査だけにしたら?ミスユニバース。

投稿: えりん | 2009.08.02 09:07

ポップンポールさん
コメントありがとうございます。

いまや水泳競技は水着メーカーによる壮絶な企業戦争になっていますからね。
水連も、もうどう解決して良いかわからなくなっているのでは。

>赤フンは取れちゃうと失格!?

すぐ自分で直せば大丈夫ですよ。
直ちに失格になるのは背泳種目だけです。
(^_^)v

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.08.02 09:57

えりんさん
コメントありがとうございます。

ミスユニバースの衣装も凄かったですね。
あれじゃ、まるで浅草のストリップ劇場みたい……
(行ったことはないが)

あれを見て理解できる日本人は、そうはいないのでは。
見て、美しく感じられないですものね。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.08.02 10:00

スッポンポンにボディペインティングで描くとか。(^_^;)

投稿: | 2009.08.02 23:33

惑さん

>スッポンポンにボディペインティングで描くとか

それはいい。
でもやがて、より水の抵抗の少ない塗料の開発に凌ぎを削ることになるんでしょうね。
筆のタッチも横より縦のほうが有利とか。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.08.03 05:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/45801342

この記事へのトラックバック一覧です: うたかたの世界記録たち:

« 股下80センチの徒渉 | トップページ | 電話とメールと運転と »