« 子供手当、9億円なり | トップページ | 虎どころか借りてきたネコじゃん »

虹と紅葉とヒョングリと(大間川・釜滝)

やっと念願だった『大間川・釜滝』のヒョングリを訪ねることができた。
最初は去年の12月、いきなり林道入り口が崩落で通行止めだった。
次は今年の3月、2時間半も進んだ地点でやはり林道が大崩落で、泣く泣く断念。
しかし今回は万全のロープ持参でここを突破。
3度目の正直でやっと目的の釜滝までたどり着くことができたのだ。

 修復なった仮設橋
Oumagawa00

Oomagawa01
金嬉老事件で有名になった静岡県の寸又峡温泉から入っていく。
前回は仮設橋で関係者以外通行止めだった崩落部分(左)もこんな立派に修復されていた。

 さらに荒れた崩壊林道
Oomagawa02

Oomagawa03
それでもその先はさらに崩壊が進んでいて、とりわけ旧森林鉄道の鉄橋部分は丸太がもう腐っていてビクビクものだった。
このままでは、渡れるのもあと数年かも。

 釜滝・ヒョングリ
Oomagawa05

Oomagawa04
そして片道4時間近くを掛け、やっとたどり着いた『釜滝』。
見よ、このヒョングリ具合を。
他にはない、大きなスケールで扇状に転がる滝しぶきが美しい。
左上部には紅葉が、また滝にはちょうど虹が掛かっているのが見える?(左の写真)

動画はこちら

西丹沢・押ン出シ沢のヒョングリはこちら
桑の木沢・黒戸噴水滝のヒョングリはこちら
ボンクラ沢・水神滝のヒョングリはこちら
奥多摩・栃寄沢大滝のヒョングリはこちら
奥多摩・大岳沢大滝のヒョングリはこちら
六合村・さつうぜんの滝のヒョングリはこちら
岩手・七折の滝のヒョングリはこちら
赤城・乙女の滝のヒョングリはこちら
群馬・夜後沢大滝のヒョングリはこちら
丹沢・滝口沢F1のヒョングリはこちら
奈良・宮の滝のヒョングリはこちら
谷川岳・一の倉沢のヒョングリはこちら
山梨・篠沢大滝のややひょんはこちら
丹沢・弥七沢のヒョングリはこちら
岐阜恵那山・釜沢大滝のヒョングリはこちら
岐阜恵那市・寿老の滝のヒョングリはこちら
山梨・篠沢大滝のヒョングリ証明はこちら
丹沢・モチコシ沢のヒョングリはこちら
静岡・牛妻不動の滝のややヒョンはこちら
滋賀・神爾の滝のヒョングリはこちら
京都・童仙房・不動滝のヒョングリはこちら
湯渕沢・中の滝のヒョングリはこちら
阿南町・七人滝のヒョングリはこちら
塩原・風拳の滝のヒョングリはこちら
兵庫・三室の滝のヒョングリはこちら

|

« 子供手当、9億円なり | トップページ | 虎どころか借りてきたネコじゃん »

ヒョングリ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ついに「大間川」ノヒョングリを見られてんですね。
力強い流れですね。
思わず絵をPhotoshopに通してしまいました。

ttp://www.yukari.ne.jp/image/oomagawa05.jpg

ttp://www.yukari.ne.jp/image/oomagawa04.jpg

投稿: chiponeko | 2009.12.02 17:45

chiponeko さん

わ すごい。
なんか、質感が全然違いますね。
画像処理って、こういうことなのか。
ありがとうございます。
なんか、自分の撮った写真とは思えない。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.12.02 18:08

たびたびです。
絵に目を引き付ける力が無ければどうにもなりません。

投稿: chiponeko | 2009.12.02 19:47

おおっ、これは・・凄い迫力。
間違いなくベスト3に入るヒョングリですねぇ。
これ旬はいつなんですか?やっぱり雪どけとか水量が多いときなんでしょうねぇ。いやこれは凄いと思います。

投稿: | 2009.12.03 01:06

chiponeko さん

「だってデジイチじゃないもん」っていうのは、言い訳にはなりませんか。
トホホ

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.12.03 05:33

惑さん

ありがとうございます。
すごいでしょ。
拙い画像からでもわかっていただいて感激です。

かなりの距離から撮っているのですが、それでもこのスケール。
時間と体力があれば、滝口まで行ってみたかったんですが、なにぶん帰りのことを考えると……
もう一度行く気力もいまのところは皆無であります。

伝え聞くところでは冬場は水量が少ないということですが、僕が行ったのは小雨の後でしたので。
確実なのは雪どけ。
台風の後なら凄いんでしょうが、ルートの損傷を考えると行く気は起こりません。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.12.03 05:39

暫くぶりに覗いてみました

釜滝は知りませんでした
すごい滝ですねぇ。。。これは絶対に見に行こう!

先日、素晴らしいひょんぐり滝の情報を得て昨日見てきました
「七人滝」ってご存知ですか?
前日の雨もあって水量豊富な放水していましたが
この川は普段でも水量が多いそうです
昨日の画像を私の掲示板に貼り付けてありますのでご覧ください

http://127.teacup.com/ninja900/bbs?

投稿: ふた | 2009.12.13 22:37

ふたさん
コメントありがとうございます。

「七人滝」は知りませんでした。
写真拝見しました。水量豊富で豪快な滝ですね。
長野県にあるんですか?

釜滝を制覇したあと、目標を失っていたところ……
七人滝、ぜひ挑戦したいと思っています。
情報をありがとうございました。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.12.14 05:29

こんばんわ
大間川の行程に比べてしまうと七人滝はハイキングみたいなものですw
我々は他の滝も見たかったので沢通しで行きましたが七人滝のみでしたら立派な仕事道から行けば3~40分くらいで行けるそうです
阿南町和合の本谷川にあります
案内がないので入口がわかりにくいかも知れません

投稿: ふた | 2009.12.15 17:31

ふたさん
ありがとうございます。

『むくの里』の日記で、七人滝への急斜面にロープを付けている写真を見ましたが、結構厳しそうですね。
まだ、雪は大丈夫なのでしょうか。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.12.15 17:53

こんばんわ

私が行ったときは12月だというのに東京辺りじゃ18℃くらいあった日でしたので雪はもちろん凍結もありませんでしたが
この寒波だとわかりませんね(汗)
「むくの里」の日記も更新されていないので。。。

町の方のご好意で太いロープが設置されましたので
大丈夫だと思います

↓こちらの方の「撮影場所を地図で表示」ってところにだいたいの位置記してあります
http://www.mapple.net/photos/H0000082023.htm

車を停められるところが1箇所
その先に柵があって軽トラが停まっているところ(いつもあるかはわかりませんが)を入って下っていくと取水所があるところまで行くと遡行開始して1時間弱で
柵を越えないで仕事道を行けば左側(谷側)に足場用の単管が放置されているところをちょっと藪こぎすると七人滝の上に降りられます
そこに「むくの里」の日記にあったロープ設置している斜面があります


投稿: ふた | 2009.12.17 23:12

ふたさん
ありがとうございます。

でも
>軽トラが停まっているところ(いつもあるかはわかりませんが)を入って下っていくと

これって、犬が寝ている角を曲がる……
という、落語のネタと同じじゃないですか。
もっと恒久的なもので教えてくれ~☆
(^.^;)

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.12.18 05:24

こんばんわ

あの説明じゃ分かりにくいですね(汗)

簡単にレポ作ってみました
http://www15.tok2.com/home/factorypera/taki/shitinintaki/

これでも分かりにくいかもしれませんが。。。
いつもならポイントごとに撮影していたのですが
この日に限って記録用のコンデジ忘れてしまったもので詳しい場所を撮っていないんです。。。

明後日大間川に行ってくるかも?

投稿: ふた | 2009.12.18 21:24

ふたさん
詳細な案内図をありがとうございます。
残念ながら、(まだ積もってはいないものの)現地はもう雪が降り始めているということなのでこの冬は見送ります。
単独行なので、安全優先。

大間川、行かれるんですか。
アクティブですね。
ご健闘を祈ります。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.12.19 05:28

ご無沙汰しております

一昨日釜滝に行ってきました
滝のある場所、てっきり大間川の出合なのかと勘違いしてしまって要らぬ遡行をしてしまい大幅に時間を食ってしまいましたが、青空と新緑と豊富な水量
思っていたよりもでかい滝だったので姿を見た瞬間血圧が一気に上がりました

投稿: ふた | 2010.04.27 21:49

ふたさん

おお
大間川、行かれましたか。
単独で?
(腐食した)橋はまだ無事渡れたようですね。

釜滝のヒョングリ、すごいでしょ。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2010.04.28 05:35

こんばんわ

単独で行きました

あの腐食した橋、縦棒1本で支えているだけで
しかも設置しているロープなんて役に立たない、、、
足を乗せると今にも折れそう、というか崩れそうな感触、、、

それでも、体重70kg+装備で100kg近くが何とか通れましたが
次回(いつだろう?)訪問するときは無理そうです

投稿: ふた | 2010.04.28 18:25

ふたさん

単独ですか。
それはすごい。
あそこ、一人だと落ちたら終わりですものね。
(これ、家族には見せられない)

トーキング・ブルーという所で写真をみましたが……
もしかして「親方」さん?

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2010.04.29 03:48

こんにちわ

>トーキング・ブルーという所で写真をみましたが……

ここ、私のHPの掲示板です
諸事情あって自分のHP内では「親方」(携帯からだと「おやかた」)
っと名乗っております

投稿: ふた | 2010.05.04 08:54

ふたさん
説明をありがとうございます。

「おやかた」さんでありましたか。
ということは、ふたつぎさんでも……

素晴らしい各所の滝や山、花の記録、以前から拝見しておりました。
レッズのファンでもあられるんですよね。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2010.05.04 09:41

こんばんわ

「ふたつぎ」の「ふた」です

ずぼらなHPで大した情報もございませんで
それでも見ていただいていたとは・・・かえって申し訳ないです(汗)

これからも宜しくお願いします

投稿: ふた | 2010.05.04 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/46916280

この記事へのトラックバック一覧です: 虹と紅葉とヒョングリと(大間川・釜滝):

« 子供手当、9億円なり | トップページ | 虎どころか借りてきたネコじゃん »