« またひらがなかい 『あま市』誕生へ | トップページ | 今日は鏡開き »

ピーちゃんの『どこでもドア』完成

Ani_neko_sleepすっかり寒くなったので、ピーちゃんが布団に潜り込むようになった。
それはいいんだけど、食事だか、トイレだか、あるいは見廻りなのか、夜中に何回もドアを開けろと催促する。
しかも次第にその回数が増えてきて、その度に起こされるこちらはたまらない。
そこでわが家もついにネコ用の『スルードア』(キャットドア)設置と相成った。
高価な市販のものもあるけれど、ネットで調べたらホームセンターの材料で安価にできそうなのでトライしてみた。

これは、ピーちゃん家史上初、夢に向かって類を見ない困難な事業に立ち向かった一人の男の、計1時間にも及ぶ壮絶な苦闘を描いた物語である。

 工事前のドア

これが設置前の状態。

 四角にくり抜く

さすがに最初は度胸が要るが、思い切ってドアに切り込みを入れる。
ごめんなさい>ドアーさん

 隙間を埋める

ドアの中身は空っぽで、開口部に隙間が空いて強度が落ちるので、寸法に合わせて切った垂木で埋める。

 スポンジを貼る

安全のため、縁(へり)の部分にスポンジを貼る。
ネコちゃん、怪我をしちゃいけないからね。

 ウレタンをぶら下げる

扉代わりに、寸法に切った柔らかいウレタンを蝶番で上からぶら下げる。
もちろん、どちら側からも通り抜けられるようにしてある。

 額縁の枠を貼る(拡大します)

百円ショップで購入した安い額縁(315円だったけどね)の枠を両側に貼って完成!!
〆て材料費約1300円也。

ピーちゃん、通るかな。
苦労したんだから、ドーアっても通ってもらうっ。

家の中のことをインドではインドアというんだってさ。

|

« またひらがなかい 『あま市』誕生へ | トップページ | 今日は鏡開き »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
家の猫さんのばあいは、ドアノブを回して勝手に移動しています。一匹がドアを開けると、集団で布団の上に移動してきます。重いのなんの...なので、寝るときは、ドアーをロックして寝ます。

昨日、千波の滝下部に到達しました。最初は沢を登ってと考えていましたが、尾根を巻いて行くルートに変更。最終の部落を過ぎて、炭焼き小屋も過ぎて、まっすぐです。昨年より暖かいのか、氷の発達がいまいち、一月後半くらいが良いかもしれません。
現在、最終部落上で林道通行止め措置が取られています。

投稿: chiponeko | 2010.01.10 08:16

chiponeko さん

うわ
猫さん、自分でドアノブ廻すんですか。すごい
水洗トイレも、自分で水流すとか?

千波の滝……
滝口には行かれませんでしたか?
氷結を、上から見てみたい。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2010.01.10 08:37

<<家の中のことをインドではインドアというんだってさ。

いいません!(^^ゞ

カーテンのことを「ぶらインド」とは言いますが(爆)

それにしても、たなぼたさん、器用ですね。ピーちゃんはもう通ったのかな・・・。

投稿: poohpapa | 2010.01.10 10:43

poohpapa さん

>カーテンのことを「ぶらインド」とは言いますが

そっちかあ。
ついにインドー渡されちまった。

昨夜はまだピーちゃん、自分からは通ってくれませんでした。
ウレタンのドアを上げてやると渋々通るんですが。
「開けさせる」ことに快感を覚えているのかも。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2010.01.10 10:52

>水洗トイレも、自分で水流すとか?
流石に、そこまでは...

>滝口には行かれませんでしたか?
私には、覗きこむだけの器量はありません。臆病なので...道は確認してきました。
問題は、炭焼きをしている爺さんが踏み跡をあちらこちらに付けているので、迷子になりそうです。
炭焼き小屋を過ぎて右手に踏み跡があるので、踏み跡を尾根伝いに仕事道を登っていきます。

投稿: chiponeko | 2010.01.10 17:26

chiponeko さん

>水洗トイレも、自分で水流すとか?
>流石に、そこまでは...

残念。
じゃあ、この話は水に流します。(^.^;)

炭焼き小屋ってどこ?
滝下に行く道と、滝口に行く道とは違いますよね?

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2010.01.10 17:41

 いやあ・・・思い切りましたねぇ。
 BSのアンテナ線を通すときに家の外壁から室内に向かって直径数ミリの穴を開けましたが、それでもかなりどきどきしました。
 器用で度胸もあって・・・さすがです。

投稿: Wind Calm | 2010.01.11 01:03

Wind Calm さん

いやあ、器用でもないし度胸もないですよ。
家の中のことをやると、いつも奥さんからダメ出しを出されます。
だから不在の時にやったりして、それでまた叱られます。
今回のは公認で、なんとか出来映えにもOKもらえましたけど。
あと問題はピーちゃんからOKが出るかどうか……

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2010.01.11 05:32

その後、ピーちゃんは通りましたか?

やっぱりピーたんさんが通ってお手本見せなきゃ!
ってお腹がつかえて、いや頭もつかえて無理だから、もっとドアを大きくしたりなんかして(笑)

投稿: ぶんぶん | 2010.01.11 14:12

ぶんぶんさん

ピーちゃんはまだウレタン扉を上げてやらないと、自分からは通りません。
なんせ、プライトが高いもので。

僕は自分でドアを開けられますっ。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2010.01.11 14:46

いまさらながら恐縮ですが、ピーちゃんって猫だったんですね...。

猫の画像が多いことには気付いてましたが、てっきりピーちゃんは小鳥だと思っていました。本当にいまさらながら...。2010年の発見でした。

ちなみにレース鳩は自分で戸を開けて入ってくるんですよ。

投稿: ポップンポール | 2010.01.11 16:05

げーえっ
ポップンポールさん

長いおつきあいなのに、今までピーが猫だったの知らなかったんですか。
ま、確かにカナリアなんかによくピーちゃんという名前は多いですけどね。

>ちなみにレース鳩は自分で戸を開けて入ってくるんですよ。

そうなんですか。
「鳩にも負けてるぞ」って、言ってやります。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2010.01.11 18:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/47250192

この記事へのトラックバック一覧です: ピーちゃんの『どこでもドア』完成:

« またひらがなかい 『あま市』誕生へ | トップページ | 今日は鏡開き »