« 沼津の津波対策・三態 | トップページ | 暮秋『風の吊り橋』 »

「憂欝」な常用漢字、「賭」や「怨」

常用漢字の見直しが閣議決定されたね。
新たに認められたのは欝や摯、それに賭や怨、賂、尻など。

かつて昭島市で「悪魔」クンなんていう名前が届けられて大きな騒動になったけれど、今回の改定でなんていう字がまた人名にも使えることになるらしい。
大丈夫かな。

また憂欝のや真摯のなんかも、字は難しいけど今はパソコンなどで簡単に打ち出せるからOKなんだって。
「真し」じゃ意味もわからん。
漢字にはみんな意味があるんだから、なるべく平仮名にはしないほうがいいよね。

だいたい憂欝なんて、とても自分では書けないからこそ憂欝なんだろうに。

一方、という字なんか賄賂くらいしか思い当たらないけれど、だから政治家が見直しを決めたんだな。
やっぱり彼らには必要不可欠な言葉なんだろう。

P_shiriという字はわかるよね。
こんなの、今まで常用漢字でなかったのが不思議なくらいじゃないか。
どうしたっては外せまいよ、ねえご同輩。

|

« 沼津の津波対策・三態 | トップページ | 暮秋『風の吊り橋』 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

呼んだァ?

<<どうしたって尻と乳は外せまいよ、ねえご同輩。

えっと・・・、「穴」は既に入ってましたっけ??

投稿: poohpapa | 2010.11.29 11:12

poohpapa さん

え、「穴」ですか。
さすが、侮れませんな。

大丈夫ですよ。
「穴」はすでに教育漢字に入っています。
JAL は経営不振なのでまだですが……

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2010.11.29 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/50161805

この記事へのトラックバック一覧です: 「憂欝」な常用漢字、「賭」や「怨」:

« 沼津の津波対策・三態 | トップページ | 暮秋『風の吊り橋』 »