« ノーベル賞について述~べる | トップページ | なんていう会社? »

フォッサマグナ猿

山梨県早川町の山で中央構造線(糸魚川-静岡)が見られる。
富士川の支流・早川のさらなる支流・内河内川の左岸。
有名な『フォッサマグナ』(中央地溝帯:ラテン語で大きな窪み)の西端で、前に行った断層谷よりはだいぶ南だ。


 大断層
Arakura_01
赤い点線部分が中央構造線の断層。
左側(上盤側)が、西南日本基盤岩の四万十帯瀬戸川層群。
右側(下盤側)が、南部フォッサマグナの巨摩層群塩基性溶岩だそうだ。
ふむよくわからんが、古い地層が新しい地層にのし上げた「逆断層」になっていることはわかる。
右側の岩は明らかに黒い。


 新倉湧水
Arakura_02
ところで断層への入口には「新倉湧水」という名水がある。
(新倉は「あらくら」と読む。念のため (^.^;)
誰でもここに湧く清水を汲めるようになっているんだけど、ここにはちと別の問題(?)が……


 お猿の団体さん
Saru_01
というのも、湧水の上にはお猿さんが団体で闊歩。
みんなで食料をあサル
いったい何匹いるんだか。
どいてよ、これじゃ歩けないよお。


 お猿さん1
Saru_02
「なんだ、お前。
何か、モンキーあるか?」
うわ、向こうのが強そ。
サルなあ。


 お猿さん2
Saru_03
ヤバイ! 眼が合っちゃった。
立派な毛並みですね。
お願い、通してくだサル

|

« ノーベル賞について述~べる | トップページ | なんていう会社? »

」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

鉱山」カテゴリの記事

コメント

ここは『ミザィルイグザィル着飾る』で交わすでゴザル♪
サルはガン見されると喧嘩売って来ますね、マジに箕面のサル達に取り囲まれて往生した経験あります。
チャイニーズマフィア泪目みたいな(苦笑)

投稿: 街のクマ | 2010.12.13 19:53

街のクマさん

「ミザィル」と「着飾る」はわかる気がしますが、「イグザィル」って?
こちらも集団で、上半身をグルグル廻すとか?
なんか、お猿さんよけいに怒りそう。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2010.12.14 05:46

おはようございます

「新倉湧水」・・・、そりゃ食えないや、じゃなかった、飲めないや、と思っていたら「あらくら」ね・・・、じゃ大丈夫だ(爆)

お猿さんねえ、私の一番苦手な動物でして、蛇のほうが好きですね。日本猿はとくに苦手です。なので、日光には行きたくても行けません^_^;

たなぼたさん、至近距離まで近付いてんだから度胸あるわ(*^^)v

投稿: poohpapa | 2010.12.15 08:20

poohpapa さん

日光の猿はまだ体験していませんが、ここのは人からエサを与えられてはいないようです。
だから、向こうも人間には無関心。
お互い、サルものは追わず…… でバイバイしました。

クマよりはお猿さんのほうがましだし。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2010.12.15 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/50290719

この記事へのトラックバック一覧です: フォッサマグナ猿:

« ノーベル賞について述~べる | トップページ | なんていう会社? »