« 館山にも残る掩体壕 | トップページ | 『名誉を晴らす』って…… »

茨城でも見つけた掩体壕

掩体壕リポート第3弾。
今度は茨城の鹿嶋市だ。

昔、海軍航空隊・神之池基地のあった所はいま鹿島製鉄所になっている。
その工場の一角に『桜花公園』はある。

Entaigo_21
名前の通り、の樹が植えられた小さな公園。
でも『桜花』と名付けられたのはそのためでなく、戦争当時ここで『桜花』という特攻兵器が開発されていたからなのだ。

Entaigo_22
大型トラックが行き交う大通り側からは容易にわからないけれど、裏に廻るとこれも独特な形状をした掩体壕であることがわかる。
ただ、ここはフェンスでしっかりと塞がれていて、中に入ることはできない。

Entaigo_23
他の掩体壕と違うのは、ここには『桜花11型』の実物が保存されていること。

桜花は機首部に大型の徹甲爆弾を搭載し、尾部に推進ロケットを装備した高速滑空機。
目標付近まで母機で運んで切り離し、その後は搭乗員が誘導して目標に体当たりさせた。
つまり操縦者1名が搭乗する特攻のロケット爆弾ということになる。
しかし犠牲ばかりで成果はなく、今となっては悲しいだけの形見なんだね。

富津岬・軍事施設跡はこちら
茂原の掩体壕はこちら
州ノ崎の試射場跡はこちら
府中の米軍通信基地跡はこちら
丹沢に墜落した戦闘機のエンジンはこちら
三芳村の桜花カタパルト跡はこちら
柏の燃料庫跡はこちら
大月の監聴音壕はこちら
サイパン帰りの戦車はこちら
焼夷弾と戦った墓石はこちら
野島公園の掩体壕はこちら
横須賀の砲台山はこちら
砲弾を抱えた狛犬の神社はこちら
かもめ団地の試射場はこちら
・剣崎の探照灯庫跡はこちら
・剣崎の砲台跡はこちら
・披露山の砲台跡はこちら
・三浦半島・諸磯崎洞窟陣地はこちら
・追浜の海軍格納庫はこちら
・二川のトーチカ跡はこちら
・渥美半島福江観測所跡はこちら
・渥美半島陸軍気象観測塔跡はこちら
・習志野の支那囲壁砲台はこちら

|

« 館山にも残る掩体壕 | トップページ | 『名誉を晴らす』って…… »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
海軍航空隊の掩体豪、興味深く拝見しています。
その昔、若かりし頃の愛読書の一つが「丸」でしたので...
桜花...米軍のVT(近接)信管の威力の前に母機(一式陸上攻撃機)が射程距離に入る前に、その殆どが落とされていますね。

迷っています...6本歯にするか、10本歯にするか、韓国製が日本製の半額。日本のメーカーと云っても大半は中国で製造したと思われます。シーズン中に、あの姿が見たいですね。

投稿: chiponeko | 2011.01.30 08:02

おお、chiponeko さん
力強いお言葉、ありがとうございます。
桜花をご存じで。

わが家ではこうした掩体壕などのシリーズ、評判が悪いもので。
「そもそも廃墟巡りなんて姿勢が後ろ向きだ」と言われております (~_~;;

アイゼンですが、(価格はともかく)断然日本製をお薦めしますよ。
場合によっては命を預けるものですし。
それに韓国に2000mを越す山はないし、雪渓やアイスバーンもないでしょ。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.01.30 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/50708501

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城でも見つけた掩体壕:

« 館山にも残る掩体壕 | トップページ | 『名誉を晴らす』って…… »