« 日本全国、伊達直人さん | トップページ | 与謝野晶子『山の動く日来たる』 »

明治の香り 曾呂尋常小学校

鴨川の山の中、街道沿いの小さな集落に今にも崩壊しそうな木造廃校舎の学校が建っている。
明治7年に建てられたという歴史ある校舎。
その名も曾呂(そろ)尋常小学校分教場という。

いま城西大学等中心になって保存運動が行われているとのことだが、その城西大学の創設者が地元で代々村長を務めた名家の出である元大蔵大臣の故水田三喜男氏だ。
その水田三喜男氏自身も学んだ木造平屋建ての校舎は、昭和42年に廃校となってからもう40年以上の時が経ち、残念ながら窓ガラスも割れかなり荒廃が進んでいる。

・再訪記事はこちら

 曾呂尋常小学校分教場
Soro_04

Soro_01

Soro_02

Soro_03


なお、教場近くの山の上にある水田大臣の生家は国の登録有形文化財に登録されていて見学することができる。
Soro_05

Soro_06


校舎内は立ち入り禁止なので外から撮影した動画はこちら
                

・天国に一番近い小学校はこちら
・佐倉の志津小学校青菅分校はこちら
・杉木立に眠る、神田小学校宇連分校はこちら
・諏訪市の湖南小学校後山分校はこちら
・北杜市の江草小学校はこちら
・身延の五箇小中学校はこちら
・廃校になった高松分校はこちら
・学童像のある川合尋常小学校はこちら
・金次郎だけが残った上平山小学校はこちら
・春野町の川上小学校はこちら
・天竜の石神小学校はこちら
・早川町の硯島小中学校室畑分校はこちら
・上州・譲原小学校はこちら
・白井市の平塚分校はこちら
・設楽町の八橋小学校はこちら
・設楽町の中設楽小学校はこちら
・東栄町の粟代小学校はこちら
・東栄町の小林小学校はこちら
・東栄町の月小学校はこちら
・設楽町の神田小学校はこちら
・設楽町の名倉中学校はこちら
・設楽町の清水分校はこちら
・北杜市の和田分校はこちら
・小海町の松原分校はこちら
・上野原市の小和田分校はこちら
・上野原市の安寺沢分校はこちら

|

« 日本全国、伊達直人さん | トップページ | 与謝野晶子『山の動く日来たる』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

こんにちは...
学び舎ですか。近所のは、その殆どが観光化されてしまって、真新しいペンキの匂いがぷんぷんとしています。

話は変わりますが、アイゼンは何本刃の物を使用されていますか???、宜しければ教えて頂けますか。

投稿: chiponeko | 2011.01.14 13:34

chiponeko さん

>アイゼンは何本刃の物を使用されていますか?

いよいよ氷雪の季節ですね。
冬用のものは10本爪のものを使っています。
(クライムはしないので、前爪の付いた12本は使いません)
冬以外に、雪や氷でなくザレ場で使うものは4本爪の携帯用です。
ただし、携帯用のは岩場を通過するとよく外れて(紛失して)しまうので、2セットは持って行きます。
お気をつけて。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.01.14 15:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/50581168

この記事へのトラックバック一覧です: 明治の香り 曾呂尋常小学校:

« 日本全国、伊達直人さん | トップページ | 与謝野晶子『山の動く日来たる』 »