« 茨城でも見つけた掩体壕 | トップページ | 洲ノ崎の山肌に弾丸跡を見た »

『名誉を晴らす』って……

Osaka_chiken証拠改ざん隠蔽事件で勾留されていた大阪地検前特捜部長、大坪弘道被告が保釈されたそうだ。
無実にも関わらず逮捕された厚生労働省の村木厚子元局長が5か月も勾留され続けたのに、罪に陥れた首謀者の片割れである検事のほうは4か月で保釈だって。
解せないぞ。
普通、容疑否認なら公判開始まで身柄を拘束し続ける癖に。
なんだかんだ言っても、まだやっぱり身内優遇か?

で、テレビで見た大坪前特捜部長の保釈会見。
名誉を晴らすため、公判で闘う」とか言ってる。
え、「名誉」って晴らすもの?
晴らすのは「不名誉」のほうであって、「名誉」は晴らしちゃいかんだろ。
「名誉挽回」ならいいけれど、晴らすなら「屈辱」だ。
裁判で起訴状を朗読するエリート検事さんですらそんな勘違いしているから、間違えて罪のない人を捕まえちゃったのか。

でもこのニュースを記事で読むと、各紙とも「名誉を回復するためにはやむなし」なんてちゃんと上手に言い換えている。
日本の新聞て、優しいね。
ちゃんと誤用変換機能が付いている。

昨日の敵は、機能的

|

« 茨城でも見つけた掩体壕 | トップページ | 洲ノ崎の山肌に弾丸跡を見た »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/50725653

この記事へのトラックバック一覧です: 『名誉を晴らす』って……:

« 茨城でも見つけた掩体壕 | トップページ | 洲ノ崎の山肌に弾丸跡を見た »