« おめでとうございます | トップページ | そうだ、アメリカ行こう! »

富津岬に戦争の痕跡をみた

東京湾に房総側から突き出した富津岬の砂洲は千葉県立公園になっていて、休日には多くの市民に親しまれている。
しかしここは明治時代に要塞司令部が置かれた所で、今も各所に物騒な軍事関連の遺構が残されているのだ。

 中の島
Futtsu_01
岬の中央には濠を掘って海水を引き入れ、小高く築造した中の島がありそこには元洲砲台の跡が残されている。


Futtsu_02
公園内には昭和天皇が植樹されたという黒松の木があるが、こちらは「お手植えの松」ならぬ「お倒れの松」。

だから樹の上で睥睨しているのは、きっとサギに違いない。


島の上部
Futtsu_03
島の周囲にはまるで西洋の城塞みたいな石造りの垣が並ぶ。

Futtsu_04
こちら、島上部に残された丸い石組みは観測所の跡らしい。


 弾薬庫と煙突
Futtsu_05
中腹にある赤い煉瓦造りの小部屋は弾薬庫で、安全のため上部には土が被せられている。


Futtsu_06
朽ちた換気煙突が2本。
戦の息吹を今でも吐き出しているかのようだ。


 監的塀と射入窖
Futtsu_07
松林の中で左右に分かれて並ぶのは、演習に使われた監的塀と言われるもの。


Futtsu_08
その細長い射撃口の延長上には、弾丸が撃ち込まれる射入窖が待ち受ける。
もっともその前にはすでに戦争を知らない若木が育ちつつあるけどね。


 南を向いた警戒哨
Futtsu_09
警戒と共に、窓から砲弾の着地(着水?)確認の役目もあったらしい監視所。
上の監的塀&射入窖(東西)とは異なり、南の海を向いている。


Futtsu_10
命中度を確認するためのものというが、昭和のものらしい。


 北を向いた警戒哨
Futtsu_11
一方、こちらは逆に北の海を向いた監視所。
対岸に白く見えるのは、東京電力の発電所や新日鉄・君津かな。


Futtsu_12
観測壕の窓から見える中央の小島は、東京湾防御のため作られた第一海堡と呼ばれる人工島になる。

しかし危険な島だね、
こんな島内で暮らしとーない

【戦争遺構】

・茂原の掩体壕はこちら
・州ノ崎の試射場跡はこちら
・府中の米軍通信基地跡はこちら
・丹沢に墜落した戦闘機のエンジンはこちら
・三芳村の桜花カタパルト跡はこちら
・柏の燃料庫跡はこちら
・大月の監聴音壕はこちら
・サイパン帰りの戦車はこちら
・焼夷弾と戦った墓石はこちら
・野島公園の掩体壕はこちら
・横須賀の砲台山はこちら
・砲弾を抱えた狛犬の神社はこちら
・かもめ団地の試射場はこちら
・剣崎の探照灯庫跡はこちら
・剣崎の砲台跡はこちら
・披露山の砲台跡はこちら
・三浦半島・諸磯崎洞窟陣地はこちら
・追浜の海軍格納庫はこちら
・二川のトーチカ跡はこちら
・渥美半島福江観測所跡はこちら
・渥美半島陸軍気象観測塔跡はこちら
・習志野の支那囲壁砲台はこちら

|

« おめでとうございます | トップページ | そうだ、アメリカ行こう! »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/50470231

この記事へのトラックバック一覧です: 富津岬に戦争の痕跡をみた:

« おめでとうございます | トップページ | そうだ、アメリカ行こう! »