« 故郷の栄誉、その名も『大臣橋』 | トップページ | 背高のっぽトンネル第2弾 »

賢者よ、その名もミッシェル・バルタザール

Renault_nissan_logoルノー社の大幹部による国際情報漏洩事件。
なんと盗まれたのが日産のEV技術だったというからショック。
日本人はおとなしいね。
かつて経営危機にあった日産がゴーン社長に救われたのは事実だけれど、今じゃ稼ぎも技術もみんなかすめ取られているだけじゃない。
早くフランスから株を買い戻したほうがいい。

それに嫌疑を掛けられた中心人物の名前がミッシェル・バルタザール氏だって。
皮肉だねえ。
だってミッシェルもバルタザールも、キリスト教ではとても尊い名前でしょうに。

ミッシェルは大天使ミカエルのこと。
欧米にはよくある名前で、アメリカならマイケルでドイツならミヒャエル、イタリアならミケーレだ。
一方バルタザールは、キリストがエルサレムの馬小屋で誕生したときに祝いの品を持って現れた賢者の名前だってさ。

せっかく高貴な良い名前をもらったのに、こんな不祥事で世界に名を馳せるとは。
キリスト様もきっと嘆いていることでしょう。

   亀の子だわし
Tawashi
神の子だワシ」 (イエス・キリスト)

|

« 故郷の栄誉、その名も『大臣橋』 | トップページ | 背高のっぽトンネル第2弾 »

ニュース」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/50609698

この記事へのトラックバック一覧です: 賢者よ、その名もミッシェル・バルタザール:

« 故郷の栄誉、その名も『大臣橋』 | トップページ | 背高のっぽトンネル第2弾 »