« 「原子炉への放水など訓練したことない」(自衛隊) | トップページ | 働きたいクルマ、働けないクルマ »

震災から10日目の救出

11日に起きた大震災・大津波からすでに10日目を数えた20日、石巻市のがれきの中から2人の生存者が奇跡的に救出されたという。
80歳のおばあちゃんと、16歳の孫(高校生)。
対面を果たした父親が、「自分たちだけがこんなに幸運で申し訳ない」だって。
泣かせるねえ。

事情や状況が違うとはいえ、NZのクライストチャーチはどうだった?
同じ10日目には政府がもう「生存者の可能性はない」と宣言して捜索は打ち切りにされていたよ。
それでもなお日本の捜索隊は14日目まで頑張ったんだけどね。

今回?
各国から捜索には来てくれたけれど、原発事故が怖いんでしょ。
先週のうちにアメリカもオーストラリアもニュージーランドもみんな帰っちゃったって。
なるほどね。
やはり、日本は日本人自身が守るしかない。
みんな、頑張ろう。

|

« 「原子炉への放水など訓練したことない」(自衛隊) | トップページ | 働きたいクルマ、働けないクルマ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/51176546

この記事へのトラックバック一覧です: 震災から10日目の救出:

« 「原子炉への放水など訓練したことない」(自衛隊) | トップページ | 働きたいクルマ、働けないクルマ »