« 天空に消えた夢のロープウェイ(予告編) | トップページ | 天空に消えた夢のロープウェイ(中編) »

天空に消えた夢のロープウェイ(前編)

いかにも怪しげな物体だけれど、別にこれは特大帽子でもなければ、もちろん密かに地球に降り立ったUFOという訳でもない。
そんなことユーフォーがおかしい。

Kurodake_101
遠くて見難いが、実は看板には『地球環境&エネルギー資料館』と書いてある。
それがこの建物に付けられた最後の名前だった。
ただそれは2008年までのこと。
その後はずっと、不気味な廃墟でしかない。


Kurodake_107
実は晴れていればこれだけのロケーション。
標高7百メートルの尾根に建ち、右手には相模湾、左手にははるか駿河湾まで見渡せる。
その名を『玄岳ドライブイン』という、伊豆スカインライン沿いの大きなドライブインだったのだ。
(予告編で「Kurodake」が話題を呼んだけれど、字は黒岳ではなく玄岳が正解)
でもそのドライブインが営業していたのは2005年まで。
その後、NPOに譲渡されて『地球環境&エネルギー資料館』になった。


Kurodake_103
もうすっかり荒れ果ててしまった建物の裏手に回ってみる。
(マウスを置くと画像が切り替わります)
すると何やらプラットフォームのような遺構のあることに気づく。
実はここにはかつて遙か下の熱海温泉とを結ぶ観光ロープウェイがあったのだ。
その名も『玄岳ロープウェイ』(熱海高原ロープウェイ)。
1963年に地元の大手物産店らの手により建設されたという。


Kurodake_105
ここから海沿いの熱海まで実に高度差数百メートル。
地図上の直線距離でも3キロ以上はあるが、途中支えたのはわずか2本の柱だけというのだからすごい。
安全索道という会社が架設したそのゴンドラは、当時世界最大121人乗りという巨大なものだったそうだ。
しかしわずか3年足らずで会社は資金繰りに行き詰まり、事業破綻。
その後債権者や旧従業員らの努力でロープウェイはいったん復活したものの、再度潰えたそうな。
そしてロープウェイ関連施設はすべて撤去されてしまったのだという。
下にはもう何も残ってないのだろうか。
見てみたい。


Kurodake_106
尾根に遮られて下の乗り場から直接玄岳を望むことはできないが、熱海新道の途中から遠望するとこんな感じで見える。
中央の「緑の帽子」が上の乗り場だった旧ドライブインだ。
途中からでもこれだけの景色。
上空からならさぞ素晴らしい展望のロープウェイだったんだろう。

それにしてもほんとにもう下の乗り場の痕跡はなくなってしまったのだろうか。
探しに行こう。

中編へ続く。

|

« 天空に消えた夢のロープウェイ(予告編) | トップページ | 天空に消えた夢のロープウェイ(中編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

ああ、これなら去年玄岳に登った時、バッチリ見てカメラにも収めてあります。どうせスカイラインのサービスエリアと思い、傍まで行きませんでしたが、廃墟でしたか。

投稿: せいざん | 2011.04.11 16:56

せいざんさん

玄岳にも登られたんですね。
ルートは和田山経由?

氷ケ池にも行きましたか?
あのロープウェイの観光の目玉は、氷ケ池にあったようです。

なお続編では、その玄岳登山口近くにある「小嵐中」の脇から林道を入って行くんです。
(失敗するんですが…… (>_<)

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.04.11 17:21

玄岳はいい山です。氷ヶ池、およそ観光とは縁遠い静寂な所でした。

http://yokoiso.web.fc2.com/seizan/10.10.18kurodake.html

投稿: せいざん | 2011.04.11 17:42

せいざんさん

記事、拝見しました。
かなり、歩きでがありそう。

短歌も詠まれるんですね。
高尚であります。

入口のひばりケ丘が小嵐中の所ですね。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.04.11 18:16

黒岳でなく玄岳・・・、そうきたか・・・(*^^)v

玄岳のロープウェイ、知りませんでしたが、乗ってみたかったですね。これ、企業や役所の観光課のPR不足だったのではないでしょうか?

ほとんど観光情報として入ってきてなかったように思います。勿体なかったですね。

たなぼたさんのサイトは「今まで全く知らなかったもの」をいろいろ教えて頂けて嬉しいですね。有り難うございます。

投稿: poohpapa | 2011.04.12 08:56

poohpapa さん
ありがとうございます。

ほんと、勿体なかったですね。
調べると熱海の観光が一番盛んだった頃には間に合わなかったようですね。
観光協会なんかも応援したのでしょうけれど運営の母体が伊豆急とかでなく、地元のお土産屋さんでしたから。
それと最初の写真にあるように、霧がよく出る所ですからそんな時には眺望も期待できなかったのでは、と思いました。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.04.12 13:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/51360140

この記事へのトラックバック一覧です: 天空に消えた夢のロープウェイ(前編):

« 天空に消えた夢のロープウェイ(予告編) | トップページ | 天空に消えた夢のロープウェイ(中編) »