« 悲しいお知らせ | トップページ | もう一つの忘れ去られたロープウェイ(1) »

ありがとうの広告 台湾へ

Taiwan今回の東日本大震災では日本の被災者に各国から大きな援助が寄せられた。
これに対し日本政府は 震災から1か月経った4月11日、菅総理名で米国、中国、韓国などの大手7紙に震災支援感謝の有料広告を出したんだね。
ところがその中に世界で最大の支援額を送ってくれた台湾は入っていなかった。
例により、(台湾を独立国として認めない)中国に配慮したからなんだと。

その時点での各国の支援額は(政府は公表していないものの)、新聞によれば赤十字を中心に米国は約90億円、韓国は約16億円、中国は約3億円あまりとのこと。(3月末)
ところがその時すでに、台湾からは100億円を突破していたという。
これってすごい!!
だって日本の人口が約1億3000万人なのに対し、台湾の人口はわずかに2300万人。
平均月収だって日本よりずっと低い13万円だというんだもの。

台湾赤十字が1回目の義援金を日本に送ったのは4月6日のこと。
ところがその時送ったのがすでに集まった全額ではなかったため、「義援金全額を早く日本に送れ!」とか、「被災地では困っているのだからすぐ届けて欲しくて募金したのに」などと非難の声が巻き上がったそうだ。
ありがたいことだね。
その台湾からの義援金、今では160億円にも達しているとか。

それで日本でも「台湾にもお礼が言いたい」ということでネットから運動が始まり、資金を集めて「大きな愛に感謝します」「私たちは永遠に友達です」という台湾への感謝広告を5月3日付で台湾大手紙『聯合報』と『自由時報』に掲載したそうだ。
いい話。
こういう好ましい関係、いつまでも続けていきたいね。

|

« 悲しいお知らせ | トップページ | もう一つの忘れ去られたロープウェイ(1) »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

中国への配慮・・・、って、馬鹿げてますよね。大変な支援、と言うか、国の規模に比較しても最大の援助をして頂いたのだから、政治的な配慮など関係なくお礼が言えなくてどうするんでしょう。

有志が資金を集めてお礼の広告を打ってくれたことは日本国民の一人として有り難いです。知っていたら私もカンパしたのですが。

以前、湾岸戦争の際、日本はクエートに一兆円を超える援助をしたのにクエートが出した感謝広告に日本の名前が入ってなくて日本人は落胆したものです。それが何も教訓になってないんですね。

高倉健さんのヤクザ映画ではありませんが、渡世の義理を欠いちゃあ生きられない、と思います。良い友達も失ってしまいます。

投稿: poohpapa | 2011.05.13 10:24

台湾の方達は先の戦争であんな事があったにもかかわらず、日本びいきです。
ほんとうに有難い。
国と国の関係がどうあれ、そういう方たちを大切にしたいです。

投稿: Cos | 2011.05.13 10:49

poohpapa さん
そうだ、思い出しちゃいました。

クェートは金持ちだから、あの時は欧米のように「戦力」が必要だったんですね。
日本は例によって、お金しか出せませんでしたから。
国連と同じ、お金だけでは評価されなかったんでしょうね。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.05.13 11:32

Cosさん
ほんと、台湾の人って日本びいきですよね。
昔、旅行で行ったとき、ひしひしとそれを感じました。

台湾も地震の多い所なので、かつて日本から支援されたことをとても感謝しているようです。
それなのに、中国との国交正常化を果たしてからの日本の仕打ちといえば。
恥ずかしいです。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.05.13 11:40

日本の仕打ち・・・同じ日本人に対してもそうだからなぁ・・・
(本当に知らなかったのかもしれないけれど)他国からの情報が正しかったりしたわけだし

投稿: Cos | 2011.05.14 11:23

Cosさん

>他国からの情報が正しかったりしたわけだし
って、メルトダウンのことですか?
浜岡原発停止の件も、某国からの圧力だったそうですね。

それにしても、東電の会長・社長の役員報酬は7200万円だったんですって。
驚いた。
日産のゴーン社長は自由競争だから勝手だけれど、東電なんて独占企業なのに。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.05.14 12:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/51657161

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうの広告 台湾へ:

« 悲しいお知らせ | トップページ | もう一つの忘れ去られたロープウェイ(1) »