« ケシ栽培の痕跡ケシた? | トップページ | 大仁金山に残るインクライン(前編) »

丹沢に散った戦闘機の影

オイ沢探検と同じ日、あるモノが見たくてキュウハ沢という所を訪ねていた。
東丹沢はヒルの名所なので、なるべく回数を避けたかったからね。

Quha_01
車止めから先は、ひたすら登るばかりの林道を行く。
傾斜はキツイが、路面はいいのでここはもちろんチャリの出番。
なに、これで行きは40分、帰りは10分だ。(^.^)v


Quha_02
とはいえ、脇の沢を見上げると、こんな大岩が。
こんなのに見舞われたら、チャリもろとも谷底行きのお陀仏だ。

林道終点にチャリを止め、あとは沢沿いに遡行する。
いくつかの大堰堤を乗り越えると……


Quha_03
見えた!
これが今回の目的、墜落した戦闘機のエンジンだ。
右の杭は慰霊の墓標。
60年以上経った今でもお供えの絶えることがない。

このエンジンの素性にはいくつもの説があるが、信頼できるのは旧陸軍4式戦闘機『疾風』(はやて)のエンジンというもの。
疾風は旧中島飛行機が最後に送り出した高速重戦闘機で、「帝国陸軍の新鋭戦闘機」と言われた名機。
なお中島飛行機が今のスバル(富士重工業)の前身だというのは知っているよね。


Quha_04
クルマなら到底考えられない、空冷複式18気筒エンジン。
正式名を『誉ハ-45』と呼ぶそうだ。
星形9気筒のエンジンが2段重ねになっているんだね。
ピストンが失われ、コンロッドまで飛び出してしまっているのが物悲しい。
(マウスを置くと画像が切り替わります)


Quha_06
実はこのキュウハ沢の上流に、さらにもう一基エンジンが埋もれていたという。
もちろん探索してみたけれど、残念ながらすでに落石に埋もれてしまったらしく、どうしても見つけることはできなかった。
(ネットでもここ数年に確認された写真は見当たらない)

周囲の状況がよくわかる動画はこちら
                

【戦争遺構】
富津岬・軍事施設跡はこちら
茂原の掩体壕はこちら
州ノ崎の試射場跡はこちら
府中の米軍通信基地跡はこちら
三芳村の桜花カタパルト跡はこちら
柏の燃料庫跡はこちら
大月の監聴音壕はこちら
サイパン帰りの戦車はこちら
焼夷弾と戦った墓石はこちら
野島公園の掩体壕はこちら
横須賀の砲台山はこちら
砲弾を抱えた狛犬の神社はこちら
かもめ団地の試射場はこちら
・剣崎の探照灯庫跡はこちら
・剣崎の砲台跡はこちら
・披露山の砲台跡はこちら
・三浦半島・諸磯崎洞窟陣地はこちら
・追浜の海軍格納庫はこちら
・二川のトーチカ跡はこちら
・渥美半島福江観測所跡はこちら
・渥美半島陸軍気象観測塔跡はこちら
・習志野の支那囲壁砲台はこちら

|

« ケシ栽培の痕跡ケシた? | トップページ | 大仁金山に残るインクライン(前編) »

丹沢」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
蛭はいやですね~...なかなか物悲しい姿ですね。ヘッドは無く、シリンダーも朽ち果て。時の流れのかなたに忘れ去られていくようです。

機体は宮中で四散したのでしょうか???。

投稿: chiponeko | 2011.05.29 10:56

chiponeko さん

期待が墜落したのはもっと上流で、エンジンだけここまで移動させたと聞いています。
簡単に書きましたが、上流のエンジン探索にはロープが必要なほど険しくなります。
(滝が登れないもので (~_~;;)

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.05.29 12:31

これは海軍の銀河のエンジンです。厚木基地の飛行機で、山の頂きに墜ちた。

投稿: ヨタハチ | 2017.02.23 22:25

ヨタハチさん
初めまして。

エンジン形式については諸説あるようですね。
ご教示、ありがとうございました。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2017.02.24 07:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/51787587

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢に散った戦闘機の影:

« ケシ栽培の痕跡ケシた? | トップページ | 大仁金山に残るインクライン(前編) »