« 太鼓の響き、白旗神社 | トップページ | アウトだろう>政府専用機 »

小笠原・世界遺産で浮かれてる?>日本

このところうれしいニュースがない中、今日新聞やテレビで大々的に報じられたのが「小笠原諸島、世界自然遺産に決定」のニュース。
たしかにいいニュース。
でも、ほんとにいいことばかり?

これで「観光産業が栄える」なんて地元小笠原町の村長さんは喜んでいるけれど、それは甘いんじゃない。
今回指定されたのは「自然遺産」としてだ。
ユネスコから自然遺産に指定されたなら、次はその保護にどれだけの責任が科せられるのか。
これで気軽に観光客を呼べるなんて思っているんだとしたら、完全に期待外れになるだろう。

Abu_simbelそもそも世界遺産て?
知られているようにそのきっかけはエジプトのヌビア遺跡(アブシンベル)だ。
1960年代、かのナセル大統領がナイル川流域にアスワン・ハイダムの建設計画を発表した時、このダムが完成するとヌビア遺跡が水没する危機が懸念されたんだね。
そこでこれを受け『ユネスコ』がヌビア水没遺跡救済キャンペーンを開始、世界に援助を求めたのだ。
その結果、世界60か国もの技術・経済援助によりアブシンベル神殿がみごと解体・保存された。

その時、日本は何をした?
何にもしてない。
知らん顔。

いま日本でエジプト考古学の第一人者とされる吉村作治さんだけど、最初にエジプトに行ったのは1966年のこと。
そんな状態だったから、日本人がエジプトに行って「研究したい」なんて言っても、当局から全然相手にされなかったことは吉村さん自身が自伝に書いている。

いまかつての文部省の役人そして自民党は、どんな顔してこのニュースを受け止めているのか興味深い。

註:日本が世界遺産条約を批准したのは先進国では最後の1992年。
実に世界で125番目の締約国だ (~_~;;

|

« 太鼓の響き、白旗神社 | トップページ | アウトだろう>政府専用機 »

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
地元では富士山の登録を巡って富士五湖地域の観光業者、建設建築関係の方々が、登録案をどう骨抜きにするかで、駆け引きを展開していますね。まんま、県の登録案が素上されると開発工事が事実上できなくなってしまうので大騒ぎしています。そればかりか富士山五合目にあるレストランなどが建築許可無でしている増築や地下倉庫など、全て現状復旧しなければいけなくなるので、ま~、上記のように騒いでます。

話のスケールは小さくなりますが「西湖」の「クニマス」...地元民による密猟が増加している話を聞きます。

投稿: chiponeko | 2011.06.25 21:50

chiponeko さん

富士山はすでに大観光地ですものね。
それと、富士山は自然遺産ではなく文化遺産を目指すことにしたんですよね。

西湖……
若い頃行った時には、何もない静かな湖でしたが、先日訪れたら他の富士五湖と同じように開発されていて。
クニマスくんも落ち着かないのでは。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.06.25 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/52035404

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原・世界遺産で浮かれてる?>日本:

« 太鼓の響き、白旗神社 | トップページ | アウトだろう>政府専用機 »