« やがて温泉かも!? 「瓜割清水」 | トップページ | 安産祈願『河内の大石』 »

ブランド薬師のぶらん堂

これは長野市北部浅川という地域の地図。
みごとなループとS字を描いて登っていくのは県道506号線。
長野市から戸隠に至る山の中の県道だ。

Brand_map1
(Mapion)
でも、ここで見て欲しいのは道路ではなくその左手にある「ブランド薬師」という神社。
ちゃんと鳥居のマークがあるから神社なんだろうけど、ブランド薬師って?
?(゚_。)?(。_゚)?

よく生臭坊主が「檀家の金を流用して外車やブランド品を買い集めた」なんて話は聞くけれど、最初から神社の名前に「ブランド薬師」と名付けるなんて、相当開き直ったヤツだ。
きっとグッチヴィトンシャネルなんかを大量に隠しているに違いない。
ここは一つ、懲らしめに行かなくては。

Brand01
入口に着いた。
ふむ、確かに「ブランド薬師」と書いてある。
神社はこの上だ。
ただ、ここに面しているのはループの県道とは異なる別の細い道で人通りなどまったくない。
鳥居には蜘蛛の巣が掛かっているし、ずいぶんな所だな。


Brand02
実はここからさらに険しい山道を嫌ほど登らされる。
周囲はヤブばかりで、とても公園なんて雰囲気じゃないし……
「こんな山奥で、何がブランドだよ……」

やがて上の地図のA地点に来た。

Brand03
標高約600m。
ここは小さな展望台になっていて、長野市街が一望できる。
彼方に白く輝くのは長野五輪でスピードスケートの舞台となったMウェーブだね。
(マウスを置くと画像が切り替わります)
そう、あれからもう13年も経った。
岡崎朋美選手、元気かな。

Brand04
垂直距離で150mほども登り詰め、やっと神社のお堂が見えた。
ひえ~
この写真じゃわかりにくいけれど、メチャクチャ険しい所にあるじゃん。


Brand05
半分は自然の岩肌をそのまま使って建てられている。
正式名を「八櫛神社」ということがわかった。
(地図のB地点)
大きな石の中に祠を彫り込み、石像のご神体が祀られている。


Brand06
お堂から外を見渡せば、遙か下にS字になった県道が見下ろせる。

で、どこにブランド品は隠してあるの?
グッチは? ヴィトンは? シャネルは?

実はここ、まだ平安時代の大同2年(802年)に建てられたという古い由緒ある神社。
断崖のような急傾斜地に張り付くように建っているのだが、信州善光寺道からも見えるので古来から有名だったそうな。
菅原真澄の記した『来目路濃橋』には、「断崖のとても高い所に、不落(ふらん)堂がある。飛騨の工らが一夜の間に柱一本で建てたお堂で、薬師仏を安置している」とある。
歌川広重の浮世絵にも描かれているというし、井出道貞が書いた『信濃奇勝録』にも「ぶらん堂」として記されている。
      
Brand_pic
 (国会図書館所蔵)
絵だから誇張はあるんだろうけれど、すごい立地だね。
その謂われは、落ちそうで落ちないお堂なので「不落堂」(ふらく堂)。
それがやがて「ふらん堂」→「ぶらん堂」となり、「ぶらんど薬師」として定着したものという。
一方、風が吹くとお堂がぶらぶら揺れたから、と解説する書物もある。
いずれにせよ、後世になってカタカナにされ「ブランド薬師」と表記されたため、ブランド品のブランドと間違える輩を生んだらしい(→僕だ)。

Brand07
これは帰りがけに下から見上げたところ。
どうだい、すごいでしょ。
『信濃奇勝録』の絵ほどじゃないけれど、かなりヤバイのは事実だ。
今でこそコンクリートの柱で補強されているが、本体は昔のように木造のまま。
なんせ、床板の隙間から崖下が見えるんだから怖い。

Brand08
お堂からループ橋が見えたのだから、ループ橋からもお堂は見える筈。
下ってからクルマを廻し、遠方から望むとこんな感じだった。
(マウスを置くと画像が切り替わります)
このシチュエーションを見てからもう一度お堂に行くのは……
辞退しておく。


近くから撮影したよくわかる動画はこちら
                

遠くから撮影したよくわからない動画はこちら
                

|

« やがて温泉かも!? 「瓜割清水」 | トップページ | 安産祈願『河内の大石』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/52553362

この記事へのトラックバック一覧です: ブランド薬師のぶらん堂:

« やがて温泉かも!? 「瓜割清水」 | トップページ | 安産祈願『河内の大石』 »