« FC町田ゼルビア、天皇杯で快進撃 | トップページ | 看板に偽りあり? »

廃棄貨車へのレクイエム(鎮魂歌)

神奈川県の藤野から津久井へと向かう県道76号線。
その山の中で、突如貨車に出会う。
まるで、道端によく放置されてるポンコツ車のように。

Kasha_03
もちろん下にレールなどはない。
お決まりの、スプレーによる落書きが痛々しい。

Kasha_05
貨車が倉庫に転用されているケースはよくあるが、ここは家の一軒もない山の中。
なんのためなのか。
線路もない山の中、どうやってこんな大きなものがここまで運ばれたかは不明だ。

Kasha_02
専門家の調べによれば、これは『ワフ29000型・有蓋緩急車』という貨車だそうだ。
貨車なのに客室のような窓の部分があるのは、貨物用だけでなく車掌車を兼ねているからなんだね。

Kasha_04
車内には車掌業務用として1人分の執務机・椅子、長椅子等、さらに暖房用石炭ストーブも備え付けられていたとのことだが、残念ながら扉は固く閉鎖されていて、確認することはできなかった。

さらに中を覗き込んでいたら、何か小さな音がした。
カシャ

|

« FC町田ゼルビア、天皇杯で快進撃 | トップページ | 看板に偽りあり? »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/52652706

この記事へのトラックバック一覧です: 廃棄貨車へのレクイエム(鎮魂歌):

» ハウスクリーニング全般 Witch House ウィッチハウス [Witch House ウィッチハウス]
お掃除、お部屋のコーディネート、KEA家具のご相談、各種ご依頼、お見積りなど、お問い合わせはお気軽にどうぞ! [続きを読む]

受信: 2011.09.06 11:39

« FC町田ゼルビア、天皇杯で快進撃 | トップページ | 看板に偽りあり? »